« USB-CのみのMacノートはポンコツ? | トップページ | 吉田美奈子+渡辺香津美がすごい »

旧優生保護法-生命の選別は誤りなのか?

 強制不妊手術の実態と共に、旧優生保護法というのがさも悪魔の法律であるかのような扱いで、国連機関からもそれを後押しするような指摘がでたことで、世論の方向はどうやら確定的です。
 また、これに絡めて、出産前の染色体検査を命の選別である、と声を大きくしている動きも感じます。
 しかし私は、あえて違う主張をしておきます。
 
 上記の論者は、人権を根拠にされています。 では精神障害を抱えた子供を育てること、さらにその子供が成人し、成長し、死んでゆくまでの面倒を誰がどうやって見るかまで考えているのでしょうか。
 たまに触れているとおり、私が今住んでいる市は、大阪府内でも比較的福祉制度が充実しているせいか複数の施設があり、日常でも彼らが単独で、あるいは付添人と共に歩いているのをよく見かけます。
 障害者と共生している、とも言えますが、そんな美談ばかりではありません。
 
 私自身、電車で奇声をあげる障害者を避けるべく、目も合わせずに静かに隣の車両に移ったところ、どういうわけかついてきて、私が降りるまでずっと奇声を浴びせ続けられたこともあります。 障害者が駅のホームから他人を突き落とし、裁判では無罪という例を思い出すと、彼らの奇異な行動に正直、恐怖を感じることもあります。

 他には、父親が精神障害を持っていたために、兄も生まれながらに精神障害を発症、本人も軽い学習障害を抱えた若い娘さんも知っています。 二人の障害者の世話に疲れた母親は、その娘に就職をさせずに彼らの世話をさせるようにしむけている、という重い実話もあります。
 判断能力が低いことをいいことに、地域のゴミのような男性たちに性のはけ口にされ、何度も妊娠ー中絶を繰り返している女性も知っています。

 また、これまでなんとか本人を支えてきた両親(主に母親)の高齢化が深刻です。
 実は私は幼い頃に骨髄性小児麻痺(ポリオ)に侵され、両親は医者から、脳性であった可能性もあったのでまだ幸運だったかも、と言われた、と後に何度も語っていました。(いえ、今でも上肢に軽い障害は残っていますから、幸運とは思えないですけどね)
 これは今とは福祉レベルが全然ちがう昭和真っ只中の話ですので、感染を告げられた両親は将来を悲観して心中すら頭をよぎった、とも言ってました。

 冒頭、命の選別が、と主張している方々は、恐らくそういう問題は社会全体でフォローしてゆくべきだ、とおっしゃるのだと思います。 が、そこそこ福祉が充実していると言われている我が市でも、みなさんなかなか大変であると聞きます。 そしてその財源の幾ばくかは我々市民の税金で賄われています。 日本全体で考えても、少子高齢者の中、どれだけ財源を振り分けられるでしょうか。

 強制不妊についてのニュースを検索してみても、元になった優生保護法が何を根拠に、つまり精神障害がどれくらいの確率で遺伝するのかが共に書かれているものがありません。 中には、戦前のナチスドイツの制度を元にしている、といういかにもそもそもが悪法であったという方向に導こうという話法もあります。
 一方で、統合失調症の遺伝というアプローチで検索をかけると、冷静な数字が上がっているサイトがあり、それによるとやはり遺伝の可能性は否定できないようです。
 先にあげた、親族の世話のために自分の夢を摘み取られそうになっている娘さんの家族の遺伝も例外では無いということです。

 以上の日々の体験から、私には旧優生保護法が間違っていたとは言い切れません。 これは現在では母性保護と改変され、本人の承諾を得て、と修正されています。
 しかしそこでさらに私が懸念するのは、妊娠し( or させて)親になることと、人権という抽象的な概念を承諾を求められる本人が理解できるかどうかです。 健常者であっても自らの人権をしっかりと理解し、その上で判断するというのは実は難しいことであるにもかかわらず、です。

 ここで思い出すのは、つい先日の精神障害のある息子を長い間檻に閉じ込めていた事件。
 この事件を「虐待」と一括りにするのは簡単です。 しかし、実はこの親は夜中に大声で奇声をあげる息子が近所に迷惑をかけていることを気にかけ、何度も市役所にこの息子の世話について相談に行ったそうです。 市はそれについて「十分な対応をしたと思っている」というコメントを出しています。 また、親族も社協に相談に行ったという報道も見ましたが、これも「対応に問題はなかった」と結ばれています。
 結果として親は自宅の檻で生かさず殺さずで「飼う」ことを選ばざるを得なかったわけです。 

 不衛生な環境中で息子はほぼ視力を失い、気の毒には思いつつ、では両親は悪魔だったのか? 本能のまま子供を作り続け、懐かないからと虐待を繰り返すヤン親と同じに扱うべき事件では無いでしょう。
 これが人権者が謳う「障害者は社会全体で受け止める」の「社会」の実情です。 その「社会」の窓口となる役所は法に則り、体良く補助を断る機関でしかなかったのです。
 
 障害児を育てる覚悟のあるものだけ声をあげよ、と偏狭なことを言うつもりはありません。 しかし、実際の社会環境を見ずに、あるいはいつ実現するかもわからない理想環境を前提に命の称賛のみを訴えるのは、むしろ無責任だと私は考えます。

|

« USB-CのみのMacノートはポンコツ? | トップページ | 吉田美奈子+渡辺香津美がすごい »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

 ご親族にいらっしゃいましたか...
 
 そういう本音を素直に出せる場所があればいいのですが。
 いえ、本来ネットはそういう場所でもあったはずなのに、最近は命を軽視する発言はないかぁ、不快な思いをさせる発言はないかあ、夫婦道を乱す奴はいないかぁ、とナマハゲのような道徳自衛団が跋扈しています。

 昔々、@niftyで世話になった担当者が、ネット上で正論振りかざして大暴れする迷惑行為に「あんた、正しいけど間違ってるよ」と諭していたのを思い出します。

投稿: あやおば | 2018年5月 3日 (木) 04時50分

当方にも4歳下の「重度自閉症の弟」が居ります。

両親も高齢化し、何れは兄の私が全ての面倒を見る事になると覚悟しております。

『あわよくば、弟が早い内に病死してくれれば。』

こう考えた事は何度も有ります。

障害者を持つ「親達の会合」にも、幼いころから連れられて見てきて居ます。
精神病院と言う場所がソノ会合場所だった事とかを思うとホントに「親・家族」の生活が「しんどくなる」状況は「悲惨」そのものです。

どの親も共通の心配事は『私達が居なくなった後』です。

「施設に預ければイイ」と言う人も多く居ますが、施設自体も長寿化の影響でドコモ満杯状態。精神障害を持った老人の世話は「過酷」の極みです。

言葉は悪いですが精薄の親から生まれた「環境精薄児」も実際に存在していますので「予防」と言う選択肢は『現代でも有り』だと思います。

「生まれた赤子に最初から十字架を背負わせる」そんな酷な事は・・・。

投稿: 蝦夷男爵 | 2018年5月 2日 (水) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« USB-CのみのMacノートはポンコツ? | トップページ | 吉田美奈子+渡辺香津美がすごい »