« 悪魔が脳を突くツマミ | トップページ | 悲報... Adobe Museが開発中止に »

白ネギはもはや調味料だ

 学校があるときは昼はサラダとおにぎりで済ますけど、家にいるとわざわざ買いに行くのも面倒だし、なによりもったいない。
 ということで残り物で考えるんだけど、焼きたまご飯にも飽きて、玉子かけパスタにでもするかと思いつつ、そうだ、まとめ買いしたあのスープの素を使ってスープスパにしてみようと思いつきました。

Soupspa1

 まず最初に作ったのがミネストローネベース。
 これはせっかく玉ねぎとジャガイモを入れたのに、今ひとつ。 原因は水が多すぎたこと。 袋の説明通りに400cc入れたら、シャバシャバになりました。 まぁ、スープとしてはこれで丁度いいんだけど、パスタのかけ汁としては薄い。
 次回は水の量を減らしてみよう、と次回挑戦したのが和風スープベース。

Soupspa2

 今度は思い切って半分の200ccで溶いて、そこにパスタイン。 ちょっと濃いかな?と思いつつ、いや、これくらいが丁度いい感じでした。
 元がスープですから、いわゆるかけ汁を全部飲んでも大丈夫な塩分量な訳で、これもなかなか満腹度アップかなと思います。

 そしてそして、今回も登場したのが、あの悪魔の辛味、白ネギです。
 前回の、脳にも抜ける辛味を、もう薬味なんてもんじゃなく、堂々と調味料として使ってしまおう、とまたも懲りずにサクサク刻んで投入。 白ごまを散らして出来上がり。
 うんっ! これはいけます。 いや、珍味的にではなくまともに美味しい。

 もともとこのキューピーのスープの素は味が控えめので、アクセントとしてこの絡みは最高に合い、緑の部分が多ければ見た目のアクセントにもなります。
 ただ、写真に写っている量では少し多いかな、と。 この半分くらいが皆様に喜ばれるお味かと。 うんうん♪

|

« 悪魔が脳を突くツマミ | トップページ | 悲報... Adobe Museが開発中止に »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪魔が脳を突くツマミ | トップページ | 悲報... Adobe Museが開発中止に »