« 廃墟マニアの逆はなんと呼ぶのだろう | トップページ | 悪魔が脳を突くツマミ »

ドレッシングの秘技を見つけた

 ここしばらく、サラダにかけるドレッシングを自分で作っているのですが、どうにも美味しくない。
 材料は普通にオリーブオイル、酢、レモン果汁、親和剤として少なめのマヨネーズ、塩、ブラックペパー。 いや、まちがっちゃないんだけどね、それぞれが勝手に味を主張してとても素人なお味。
 
 なんでかなー、でも市販品買うと高いしなー、みんなドバドバかけるもんなー、なんてずっともやもやしてました。
 すると今年の年明け、かつて友人たちとワイワイやってたバーのお客さんの一人が開いた小さなパーティーで思わぬ発見。
 
 出て来たペーストがすごく深い味で、そのまま舐めるだけでつまみになるほどでした。 訊くと、卵黄と練りニンニクがポイントなのだとか。 ほう。
 確かに、私のオリジナルはまろやかさがなく、味がツンツンしていたのでレモン果汁を加えたんだけど、それでもやはり酸味が立ってしまっていました。
 なるほどなるほど、と早速卵黄と練りニンニクを加えてみると、うん、ずいぶんと進歩しました。 あとは塩、ブラックペパーの割合をもうちょっと詰めるかな。 ブラックペパーやめて普通の胡椒にする、あるいは塩をやめてブラックペパーのみにするとか。
 
 これ、いわゆる普通のサラダだけじゃなく、ポテサラに混ぜるのにもなかなか良い味を醸してくれます。 ところが調子にのると悪魔のツマミをも降臨させてしまったのであった...
Dressing

|

« 廃墟マニアの逆はなんと呼ぶのだろう | トップページ | 悪魔が脳を突くツマミ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 廃墟マニアの逆はなんと呼ぶのだろう | トップページ | 悪魔が脳を突くツマミ »