« KVK洗面台混合栓交換の困難 | トップページ | 廃墟マニアの逆はなんと呼ぶのだろう »

CR1225というボタン電池

 季節は確定申告。
 あぁ、そうだ、早めにやらなくては、とあれやこれやを入れてある木箱からテンキーボードを出して来ました。 これでMacBook Pro.にガシガシと数字入力、と思ったら、どうも調子が悪い。
 
 このキーボード、実はADBポート接続で、それをUSBに変換するアダプター経由で使ってるんだけど、どうもこのアダプターが原因っぽい。
 ところでこのキーボード、いつ買ったんだろう?と先ほどこのblogを遡ってみました。 すると2006年2月の段階でPowerBook G4を買ったとあり、当然こいつはすでにUSBポート標準。 その前と前々もiBookでUSB。 ということはADBポート搭載のノートというと、さらにもう一つ遡ったPowerBook Duo 2300c時代くらいになるわけで、えっと、20年以上前。 日本橋のソフマップで購入した記憶が...
 う〜む、壊れるまでは使うというのを信条にしているとはいえ、我ながらやりよる。

Adb1 
 それはさておき、いかにも初代iMacを意識した透明ボンダイブルーのこのアダプター、故に中をよく見るとボタン電池が一個入っていて、こいつはいつまで持つんだろう、と大昔に不思議に思ったことがあります。 ということはつまり20年持ったということ。 これはこれですごい。
 んで、これを交換したいんだけど、アダプター本体はプラスチックの接着構造で開腹できない。 仕方がないのでノコギリでゴリゴリと切り裂いて電池を取り出して品番を確認。 するとCR1225とある。 電気屋ではないながら、品番にも刻印にあるスイスのrenataという会社名にも馴染みがないのが気になります。
 
 おっと、もたもたしてたら確定申告ができない。 と、近場で最も大きな電気店であるマツヤデンキにメモ片手にでかけると、予感的中、電池がずらりと並んだ棚にCR1225はありません。
 またネットかい、と検索すると送料無料(込み)の270円ほどで売られています。 おお、これなら電車代払って梅田のヨドバシ行くより安い、と購入。
 
 数日後ゆうパケットで到着した現物は、アダプターに装着してあったのと同じrenata製。 CRが冠されている以上は国際規格準拠のはずですから、多分日本ではあまり採用例がないんでしょう。 ともあれ、さっさとノコギリで開腹したままのアダプターに装着してみると... お、見事復活。

Adb2 が、なんというか、時代というか、確定申告に欠かせないExcelと相性が悪いのか、セル移動時に使うfnキー的なボタン(jump)を押すと、なぜかヘルプが立ち上がる。 さすがポンコツ、と思いつつ、Mac純正の電卓で使ってみると、あらら、こちらは完璧に連動します。
 大昔のExcelではちゃんと使えていたので、仕様を勝手に変えたMicrosoftが悪い、ってことですね。
 
 しかし、残念なことに、この時点で既に私の確定申告は終了していたという...

Adb3

|

« KVK洗面台混合栓交換の困難 | トップページ | 廃墟マニアの逆はなんと呼ぶのだろう »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KVK洗面台混合栓交換の困難 | トップページ | 廃墟マニアの逆はなんと呼ぶのだろう »