« アクティベートSIMというのがあった | トップページ | このBluetooth防水スピーカーが悪くない »

SierraからFAXする


 題名は「SierraからFAXすることに成功」という意味ではなく、「SierraからFAXするには共有FAXしかない」という意味です。
 
 Xcodeの関係でMacBook Pro.のOSをEl CapiからSierraにしたら、それまで不安定ながらも汎用FAXモデムから送信できていたFAX機能が完全にアウト。
 その後紆余曲折あって、ネットワーク内に他のEl Capiマシンがあればそれにモデムを装着、SierraのMacBook Pro.から共有FAXという形で送信ができるようになりました。
 
 OSからFAXモデムドライバーが削除されて、「プリンタとスキャナ」からは追加できないのに、共有ならFAX送信の画面はちゃんと出て来ます。 つまり送信部分のコードは残っている、と。
 
 世の中のSierraユーザーが全て複数のマックを持っているわけじゃないので、あまり一般的な解決策ではないものの、仕事場であれば中古のMac miniでも買って、それを全員でシェアすれば手元のMacのOSのバージョンが何であれ(多分High Sierraでも)とにかくFax送信機能は確保できる、ということですね。

 ちなみに、踏み台にされているのは今は主に映像編集に使っているiMac。 もともとYosemiteでFaxを利用できていたのを、Adobe premiereの超不親切なアップデート仕様のおかげで急遽El Capiにしました。 El Capiでは上のMacBook Pro.からの送信が不安定だったので、多分こっちでもダメだろうと落胆していたら、なぜかiMacからはノートラブル。
 よーわかりませんわ。
Faxprint

|

« アクティベートSIMというのがあった | トップページ | このBluetooth防水スピーカーが悪くない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アクティベートSIMというのがあった | トップページ | このBluetooth防水スピーカーが悪くない »