« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

とても不揃いなアニメ

015

 今期は、見る/見ないの判別がすぐにできて、おかげで早々にすっきり。
 では不作なのかと言うと、「ダーリン・イン・ザ・フランキス」「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という毎週楽しみなのと出会い、引き続きの「3月のライオン」とと合わさって、これでロストRE:CREATORSの穴が埋まった、と満足しています。

 で、ここでは「ダーリン・イン・ザ・フランキス」がとても興味深い、まさしくとても不揃いなアニメなのでそこに触れておきたいな、と。

 まぁなにより作画の勝利です。 総監督が「あの花」「あの夏」の田中将賀。 うまい。 相変わらずの黒子的、鳴子的ツインテールの書き方が好きで、EDアニメの揺れる髪の走り姿を見て、これだけでOKかな、と。

 次に声優の使い方と、もしかすると録音技術。
 いわゆる三角関係的サブヒロインとしてイチゴっていう女の子がいるんだけど、この子の声が非常に特徴的です。 こまかいつぶやきが多いにもかかわらず、それがなぜかボソボソとせずに明確に、しかしつぶやきとして小音量で聞こえてくると言う不思議。 声優はこうでなくっちゃね。
 どうやらこの声優はこの役が最初のメジャーデビューらしいけど、それでこの個性はすごいだろう、と。 で、併せて考えさせられるのは録音技術。
 このイチゴ以外にも主役やゼロツーの声が非常にくっきりと聞こえてきます。 録音技術については全くの素人なんだけど、マイクとの距離、コンプレッサーやらノイズリダクションとかすごく考えて録られているんじゃ無いかと想像しています。

 一方の不揃いの始まりはフランクスのデザイン。 なにこれ? 映画版ポケモンのスペシャルキャラクター? というのが第一印象。
 何せロボットなのにアナログな表情が現れる。 どうやら脳波直結のLEDでわざわざ表現しているという設定みたいだけど、ふ〜ん、そうなのか、これはこれで新しい提案なのかなぁ、と。 ここで文句垂れると時代についてゆけない年寄りと石投げられそうなので、わかったような振りをすることにする。

 そして、最悪が叫竜と呼ばれるいわゆる敵キャラというか、モンスターデザインの酷さ。 え?大川ぶくぶが参加?と思ったくらいの酷さで、最低だったのが前回だったか、叫竜のボスキャラみたいなのに生えていたバッファローみたいな角。

 小学生かよ...
 
 岩崎将大って、こんなひどい仕事する人だったのかなぁ...
 
 あと、音楽も特徴的で、EDはいきなりアルファベット三文字、もしくは坂系で、へぇ、結構好きだ、これ、と思って調べたら、作者はそちらの方面の方だったんですね。 わかりやすくて、多分ダウンロードはするんだけど、分かり易すぎて、二度と同じ系統の曲は要らないかもしれません。
 OPもHIDEプロデュースで(って、X JAPANの曲って一つも知らない)、これを中島美嘉が歌うっていう豪華さで、彼女にはガンダムSEEDのEDでは一度惚れ込んだんですけどね。 テレビでライブで歌うのを聴いて、あまりの下手さに幻滅した経緯があります。 
 
 ね、不揃いでしょ? このアニメ。
 
 さておき。 少々年配の方は既にお気づきでしょうが、これ、ガイナックス系の人と触れ合ったスタッフが多いためか、エヴァの影響というか、リスペクトに気づきます、
 多分、ファン的にも綾波 or アスカ的に、ゼロツー or イチゴ派が生まれるのだろうと。

 あぁ、ならば庵野に叫竜デザインやってもらいたかった。 予算的に無理だろうけど...

| | コメント (0)

外国語で授業に参加すると頭が悪くなった気がする

 「外国語で授業に参加すると頭が悪くなった気がする」の続きでしたね。
 考えてみると、この放送大学の認知心理学で、この最終回のみちょっと異色というか、なんでそれを?という気がしないでもありませんでした。 つまり、担当教授がずっと考えていた持論を最後に入れたとも取れます。
 つまりは、それだけ日本人の思考と語学を専門の立場から常々考えられ続けていた、と。
 
 結論から言うと、国家や企業の一大事に関わるような交渉の場に母国語以外で挑むのなら、専門の通訳をつけろ、ということでした。
 誤解して欲しく無いのは、これは非常に高いレベルの話です。 なんだ、やっぱり英語の勉強なんていらないんだ、と短絡するものではありません。
 むしろ、そんな責任重大な場所に参加できる人であるからには、それなりの教育を受け、それを理解できる頭脳を持っているはずです。 にもかからず、交渉の場で母国語以外の理解に脳力を割かれるのは、時に国や企業の存続を脅かすほどのミスに繋がる可能性がある、つまりそれだけ母国語以外での思考は、本来の思考脳力を妨げる、という主張です。

 んで、これには補足があって、例えばドイツ人は英語で高度な授業や交渉ごとに参加するのはそれほど苦ではなく、これは客観的な調査でも証明されています。 つまりは母国語の言語系が何に属するかが非常に重要となります。
 いわゆる英語系と言うか、ラテン語諸群は文法や単語に共通項が多数あります。 だから欧米によくいる、数カ国語ペラペラというのは、その内容が同系統の言語であれば、それは我々、どの言語系にも属さない日本語を母国語にしている立場から想像するほどすごいことでは無いと言うのは、最近ではよく理解されているところです。
 その客観的観察手法によれば、日本語が英語を理解して思考するには言語系が全く異なるために、相当な思考力が割かれると言うことで、であれば、非常に重要な交渉ごとの席では通訳をつけろ、という担当教授の主張は非常に説得力がありました。
 
 んで、この方、東大の教授でもありますから、そのレベルの人々のこだわりもよくご存知で、そんな重要な席に挑むのに通訳使うのか?大丈夫か、こいつ、という他からの目、そして何より当事者のプライドにも触れられています。 ならばいっそ、異国語での交渉ごとには通訳をつけるのを規則で定めてしまえばいい、という提言も付け加えてられており、逆にそれだけ、専門の立場から見た、言語系統の違う外国語思考の難しさを改めて考えさせられた講義でした。
 
 再度付け加えておきますが、観光や日常生活、民間外交なんて話をしているのではありません。 日本語の言語系が特殊ゆえに、英語に限らず他の言語に学び、親しむことは非常に重要です。 が、たまに言語学校のコピーにある「外国語で思考できるほどの語学力」ってのには私はもともと疑念を抱いており、それだけの努力を惜しまず、成就するだけの脳力があるのなら、母国語でさらなる専門分野の力を伸ばしたほうがいいのでは?と改めて思うようになりました。
 
 あ、この認知心理学の授業、2018年の1学期にも組み込まれているようですので、興味のある方は是非ご覧ください。
 
 いや、脳って面白いのよ、実際。

| | コメント (1)

2017 2学期の放送大学「認知心理学」

 ここ二年ほど、学校の行き帰りに放送大学を聴いています。
 これまで二十本近くのコンテンツを勉強させていただいた中、先に終わった2017年2学期の「認知心理学」と「認知神経科学」が異常なほど面白かったので報告しておきます。
 
 認知、とつくとすぐに認知症を思いつく人が多いと思います。 が、今時は我々の時代の心理学というのが認知心理学という名前になっている、と認識して良いようです。
 非常勤ながら講師として専門学校で長年生徒を教えていると、はて、そもそも「教える」ということはどういうことなんだろう、と考えることがあります。
 もちろんそれは他人の脳に働きかけ続け、私のようにグラフィックデザインをパソコン操作を通じて教えていると、手を動かした作業も伝えることになります。 さて、それらは他人の脳の中でどう根付き、どう生かされるのか、あるいは残念ながら忘れ去られるのか。
 
 そういうともすれば禅問答的な泥沼に陥りそうな疑問を、最新の科学で解き明かしてくれるのがこの二つの講義でした。
 前者はより概念的に、後者はより生物学的なアプローチで、共に別の講座ながらたまたま同時期に放送されたことにより、ほぼ同じ項目を別の視点から補強し合うという非常に密度の高い時間となりました。
 
 全15回、二つ合わせて30回の内容をまとめるのはとても無理ながら、私なりに新たに得た結論というか仮説は、やはり日本語教育は非常に重要だということ。

 曰く、人の記憶というのはコーヒーの中に溶け込んだミルクのように、最終的にはどろどろに溶けた概念となってしまい、一つ一つはもう形としては存在してないそうです。 ただ、そうなればこそ我々は様々な形と時間から記憶を呼び戻し、それを複数組み立てて思考として完成させるようです。
 
 そのためには宣言記憶という主に言葉主体で、そして手続記憶という主に行動で脳に体験させ、それらが合わさって、長期記憶となることを知りました。
 これを私の授業に当てはめると、専門学校ゆえの実習(手を動かしてアプリケーションを駆使)は当たり前として、それを「体で覚えろ」という昔ながらの徒弟制度の掟で終わるのではなく、正しい言葉で説明することも同時に行わねばならないと見出せます。

 例えば、アプリケーションの操作をするとき、非常によく覚えている機能を利用する場合を除けば、「確かこうしたはず...」と手を動かし、アプリケーション内をさまよいます。 これは行動が主な手続記憶。
 そして「確か色調補正というメニューがあって、その中のレベル補正...」と探すのは言葉であり、宣言記憶を頼りにしているわけです。
 そのとき、言葉が曖昧で、「この辺のこれを適当にこうすれば...」と教えていると、生徒は手探りである手続記憶を忘れてしまうと、もう二度と目当ての機能にたどり着けなくなってしまいます。
 これは教育の、というと大げさなら、一つのレクチャーの失敗となります。

 ということで、日本人であれば母語である日本語でちゃんと教師は教えなくてはならないし、教えられる側も正しい日本語を理解しなければ記憶、ひいては知識や知恵は発達しない、ということを論理的・科学的に教えてもらった気がします。
 
 え?ということは最近はやりの「英語で物が考えられる」「小学校からの英語教育」ってどうよ?って話? という興味を持たれた方、奇しくも認知心理学の最終回では、外国語での学習、つまり留学について非常に興味深い内容に触れられていました。

 触りだけ言うと、30年前に米コーネル大学に留学して学位を取った東大名誉教授ですら、「外国語で授業に参加すると頭が悪くなった気がする」という感想を持った、という非常に興味深い内容だったのですが、あ、長くなった。
 続きはまた今度...

| | コメント (0)

iPhone上でYahoo!が勝手に動画再生

 ここしばらく、iPhoneで見るYahoo!の動画が全て自動再生になっているのに気づきました。
 画面を見ると、間違いなくその間データ転送が行われていて、バッテリーの持ちや、データ課金からもやめてほしいんだけど。
 実際、mineoのページを見ると、これまでよりもデータ消費が多めを示しています。
 
 (iPhoneの)Safariでもこれをブロックするのは無理かぁ... と諦めつつ、ふとページ右上のハンバーガーメニューをクリックしたら。
 あら、いつのまにかこういう設定が。

Yahoomenu
 
 急ぎ動画自動再生を「常にしない」にしたら止まりました。 ほっ。
 
 んで、この先は愚痴なんだけど、例の「意識高い系」のweb界振り回しはなんとかならんもんでしょうか。
 昨今の動画広告増加は、しばらく前から彼らが、一流広告代理店を騙し、あるいはグルになって一流企業からとんでもない金額をかすめ取ろうと、WD(ウェブデザイニング)などのメディアでほんまかいな、と思える都合のいいデータを添えながら、「今こそ動画マーケティング!」とか叫び出したのが発端です。
 よくもこれだけ次から次へ新しい妖しを思いつくものだと、そこだけは心から感心します。
 
 そこのどこにも、外出先でのバッテリーの持ちや、格安SIMユーザーのデータ消費に気を配る消費者目線の記事はなく、これこそが現代の大本営発表かもしれないと呆れるばかり。 こんなやつがUIを語っちゃいけない。 世のweb関係者は彼らに惑わされてはいけない

| | コメント (0)

iPhone SEの姿がなかった

 昨日、プリンターのインクを買いに久々に梅田ヨドバシに。
 グランフロントからヨドバシに至る例の「バシバシ2」を渡り初め。
 
 インクを買った後レシートを見たら、失効したポイントが430ほどあったことがわかって、軽くショック。 まぁ、よくそばを通っていながらほんと長い間来なかったからなぁ。
 
 で、帰りになんとなくAppleのコーナーに寄って、5KのiMacの画面を見たりしていたんだけど、ふとiPhoneのコーナーを見て気がついた。

 「SEが一台もない」

 ヨドバシほどの店なら利幅が少ないから置いていない、ってことはないでしょうから、時々噂に登るSE2がもうすぐ出るのか?

| | コメント (0)

このBluetooth防水スピーカーが悪くない

Zenbre

 クリスマスや年末というのはあちこちで粗品とかプレゼントとかが飛び交い、年明けに「これ要る?」って感じで回ってくることがよくあります。
 このZENBRE D5という中国ブランドのBluetooth IPX7防水スピーカーもその一つ。
 風呂場で長年使っていた防水ラジオの最近調子が悪くて困っていたので、渡りに船。 amazonで調べると3千円ほど。 あざ〜す!
 
 ペアリングしたiPhoneを百均で手に入る防滴ケースに入れれば、風呂場でiPhoneを操作しながら音楽が聴けるのです、
 今までは自室のMacBook Pro.→USB FMトランスミッター→風呂場ラジオだったので、入浴中にiTunesやラジオ、ストリーミングなどプログラムを切り替えることは不可能でしたから、これは便利。

 音質はというと、この筐体(と価格)にしては中低音も必要十分、聴きやすい締りのある音だと思います。 面白いのは電話も取れることですが、相手に言わせるとこちらの話し声はほとんど聞こえないそうで、これに過大な期待を持たない方がいいのかも。

 風呂場に限らず、台所で調理中、深夜GSに持ち込んでBGM、いえいえ、今こうして部屋の机の上に置いて普通にiPhoneの外部スピーカーとしても使っています。
 電源を切ればiPhone側で再生が止まるのも、AirPodsと同様の、言わばBluetooth共通仕様となっていて、これも便利。 バッテリーの持ちも、筐体がでかいせいか忘れるほど長くて、いや〜、悪くない。
 
 一方で気になるのは、電源を入れ直すとボリュームがデフォルト値に戻ってしまい、safariからのインターネットラジオ再生など、元の音量が大きいケースでは突然の大ボリュームに毎回大慌てすること。
 そして、充電(USB Micro-B)、ミニジャック、micro SDカード一体ポートのラバーカバーがいかにもいいかげんなので、多分ここから水分が侵入して壊れるだろうと素人目にも想像がつく詰めの甘さが挙げられます。

 でもタダだもんなぁ。 いや、買っても三千円、恐るべし中国(多分オリジンはBOSEあたりだろう)。

| | コメント (0)

SierraからFAXする


 題名は「SierraからFAXすることに成功」という意味ではなく、「SierraからFAXするには共有FAXしかない」という意味です。
 
 Xcodeの関係でMacBook Pro.のOSをEl CapiからSierraにしたら、それまで不安定ながらも汎用FAXモデムから送信できていたFAX機能が完全にアウト。
 その後紆余曲折あって、ネットワーク内に他のEl Capiマシンがあればそれにモデムを装着、SierraのMacBook Pro.から共有FAXという形で送信ができるようになりました。
 
 OSからFAXモデムドライバーが削除されて、「プリンタとスキャナ」からは追加できないのに、共有ならFAX送信の画面はちゃんと出て来ます。 つまり送信部分のコードは残っている、と。
 
 世の中のSierraユーザーが全て複数のマックを持っているわけじゃないので、あまり一般的な解決策ではないものの、仕事場であれば中古のMac miniでも買って、それを全員でシェアすれば手元のMacのOSのバージョンが何であれ(多分High Sierraでも)とにかくFax送信機能は確保できる、ということですね。

 ちなみに、踏み台にされているのは今は主に映像編集に使っているiMac。 もともとYosemiteでFaxを利用できていたのを、Adobe premiereの超不親切なアップデート仕様のおかげで急遽El Capiにしました。 El Capiでは上のMacBook Pro.からの送信が不安定だったので、多分こっちでもダメだろうと落胆していたら、なぜかiMacからはノートラブル。
 よーわかりませんわ。
Faxprint

| | コメント (0)

アクティベートSIMというのがあった

 Activatesim

 昨夏に娘が破損させたiPhone 6。
 彼女にはイタリア旅行が迫っていたので、修理せずにSIMフリーのiPhone SEにチェンジ。 結果、衝撃で割れた表面ガラスと、極端に持ち時間が短くなったバッテリーを抱えたこいつが残りました。
 SIMフリーとかならなんとか使い物になるものの、こいつはソフトバンク専用。 古いのでロック解除もできず。

 最初はこのまま捨て値でオークションに出そうと思っていたものの、一応全ての機能は生きているのでジャンクってのももったいない。 が、すでに娘が初期化しているので、iOSのバージョンも何ギガモデルかもわからない。
 手も足も出んの〜、と諦めかけていたら、amazonでキャリア別のアクティベーションSIMってのが売られているのを発見。
 
 そうそう、立ち上げてアクティベーションに進んでも、途中で「SIMが入っていません」とメッセージが出てそこで作業中断を余儀なくされます。 娘のSEから抜いて一時的にこっちを再登録、ってのも面倒。
 まさしく、こういうアクティベーションのみができるSIMがあれば済む話だったのです。 価格も600円ほどで、仮に使えなかったとしても後悔しなくて良い、好奇心を満たすためにはちょうどいい感じだったので、購入。

 これで、あらほんと、SIMがないという警告なしにどんどん進めます。 が、「登録ユーザーのアクティベーション解除が必要です」という警告がでて、またもや作業中断。
 どうやら娘のやった初期化ってのは単に内部データの消去のみで、アクティベーション解除や「iPhoneを探す」からの除去をやっていなかったようです。 いや、これもしあのままオークションで売ってたら返品必至だったわけですね。 あぶないあぶない。

 その後、娘のMac(iTunes)で解除、無事アクティベーション直前まで漕ぎ着けることを確認できました。 結果、iOSは10.3.3、容量は64GBと判明。 10.3.3ってことは、グレー作業のSIMフリー化ができるってことですか。
 ならば自分で使ってもいいか、と一瞬考えたものの、やっぱ5,SEサイズよりでかいiPhoneは好みじゃないのでやめ。

 さて、これで人手に渡す準備は完了。
 あとはガラスとバッテリーを変え、このアクティベーションSIMをつけて売るかぁ…

| | コメント (0)

イオンになって消えたスープの素をゲット

 近所のダイエーがイオンになってほぼ二年。
 直後の混乱というか、食関係の品揃えの劣化も徐々にましになってきたというか、こちらが悪貨に慣れてきたというか、そのままずるずるときています。
 
 が、いつまで待っても戻ってこない愛用の食材もいくつかあり、そのうちの一つがこのキュービーのスープの素。
 六年前にレポートしているように、これが便利で美味しかったのですが、完全に消滅。
 ダイエーのバイヤーが独自に見つけたマイナーブランドならともかく、天下のキューピーでなぜ? と首をかしげるばかりです。 マヨネーズなどはちゃんと揃っているから、キューピーブランドと仲が悪いわけじゃなさそうだし。 これが千葉のセンスなのか。
 
 加えて昨今の野菜価格の急騰。 白菜なんて畑から何十玉も盗難に遭うくらいの状況下、袋にパッケージされた葉野菜は貴重な存在になっています。 これに比較的価格の安定しているキノコ類を加え、このスープの素で仕上げると、時にミネストローネ、クラムチャウダー、そして和風スープが簡単にできてしまうというありがたさだったのです。
 
 ここまで待って復活しないのなら、もう無理だろう。 ということでamazon。
 一流ブランド品なので当然在庫あり。 さらにいつのまにか白湯スープの素なんてのが加わってて、ちょっと興奮。
 白湯スープを除く従来の三品は8袋入りが原則となるので、結構な量になるんだけど、ことは野菜摂取にかかわることなので、ほぼ2〜3ヶ月ほどで消化するとすれば問題ないかと。
Soup1

 さておりしも節分。
 あいにく娘は夕食が要らないということで、同居人と二人だったんだけど、恵方巻きのルールなぞなくても無言で完食。 そのサイドメニューがイワシの佃煮と、この食材を使った和風スープ。
 もともとは袋物野菜と鍋用のつみれを味噌で軽く煮込んでミソシルローネにするつもりだったを、せっかくスープの素が届いたので、急遽和風スープに変更。
 
 この素のいいところは、味に押し付けがましさがないこと。 ちょっと控えめな味付けなので、少し濃い味が望みならミネストローネならトマトケチャップを、和風スープなら塩を少し加えれば丁度いい感じになります。
Soup2
 
 ということで完成。
 三種の海苔巻きを切り分けて「黙々と」いただく。
 
 美味。

Soup3

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »