« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

筋肉を救ったのは肉体労働だった

 2017年最後の発言はなかなかプロレタリアート。
 
 元はと言えば11月下旬、通っているプールのボイラーが壊れて閉鎖されたことが発端でした。
 修理部品の手配に年末ぎりぎりまでかかるそうで、つまり私はその日から年内いっぱい運動ができないことになりました。
 折しも寒さが厳しくなる頃で、免疫は落ちるし、なにより筋力が落ちる。 これはまずい。
 
 幸いにして脚力は、学校がある間は校舎をまたいだ教室移動のおかげもあって全く影響はありませんでしたが、上半身は二週間ほどで筋力が落ちてくるのには驚きました。
 具体的には、家で料理をしたり、深夜のGSで雨天時用テントを展開する際のクランクを回転させる時などで、もともと軽い障害がある左腕では顕著です。
 
 えらいこっちゃなぁ、このままもし補修パーツが見つからなかったとかでプールが閉鎖なったら身の破滅、なんて思っていたら(結局年内に修理は終わったものの、二日営業しただけで正月休みに入った)救ってくれたのが年賀状仕分けという郵便局の肉体労働。 それも深夜八時間というなんという美しい形態か。
 
 専門学校は冬休み。 もう一つの職業訓練校は、昨年はみっちり授業を入れてくれていたのが、今年は事情で丸一ヶ月後ろにずれ、ぽっかりと予定無しに。
 毎年この時期、家にいて何をしているかというと、ほぼ毎日、三が日に至っては昼間からべったり酒浸り。 すでに十年ほど前から家族でどこかに行くこともなくなって、溜まったアニメやドキュメンタリーを既読処理するのが関の山という体たらく。
 
 それなら経済的にも助かるし働くべぇ、と思い巡らせると、郵便局員である飲み友達が以前、人が足らないから気が向いたら年賀状処理のバイトに来てよ、と言ってたのが頭に浮かびました。
 その申し込み時、とりあえず空いている日をチェックする表があって、その中から適当にシフトを組みます、ということでした。 ところが後日もらったシフト表ではチェックした日全部に勤務が入っていて、もともとのGS監視も含めたら11連続夜勤となったわけです。

 仕事は大きく分けて二つ。 機械で仕分けられた賀状を取り出してまとめる仕事と、機械に通らない、あるいは読めなかった賀状を昔ながらの手作業で仕分ける仕事です。
 運動として見ると、前者がなかなかきびきびと、まるで流行りのトレランみたいな感じで、主に体幹と脚力が鍛えられます。
 後者は立ちっぱなしであまり体には良くないなぁ、と思ってたら、これが結構、腕や胸筋を酷使することがわかりました。 たかが紙とあなどるなかれ、量と回数がまとまると結構な運動量になるのです。
 もともと筋力が弱い左腕は、機械から取り出した賀状の束をしっかり握ったり、手作業仕分けでは右腕が取りやすい胸くらいの高さに束を掲げているだけなのに、これが案外堪えます。

 GS監視に入るまで五日間これを繰り返したら、腕を上げるのがきつくなり、一時期水泳に通いすぎた頃と同じ、つまり筋肉の使いすぎ状態になっていました。
 しかしおかげで、肝心の筋力は先に挙げた雨天用テントの開閉が以前と同じように難なくできるまでに回復し、さらに腹回りに残っていた最後の脂肪も取れてきて、シェイプアップも実現。
 
 労働万歳。 ってまだあと四日も行かねばならないモダンタイムズ単純労働...
 みなさまにおかれましては、よいお年を。

| | コメント (0)

コンバースの紐が短くなった

 今年もあとわずか、私はといえば11連続夜勤というとんでもないタコ労働生活を送っています。 一方では久々にめでたい話もあるのですが、これらはまた改めて面白おかしく書かせていただきます。 特にめでたい話は年明けの方が縁起も良いしね。

 んでもって、足元の話。
 愛用のコンバースオールスターがかなりボロくなってきたので、いつものごとくsix halfを試履もせずに購入。
 これまでのは近所の買い物用に払い下げ、そして今の近所用はめでたく引退という、ここしばらく変わらないパターンです。
 
 そして家で新品の紐をくみ上げているときに気がついたことが一つ。
 「紐が短くなってる!」

 恐らく背の低いオールスターを履いているほとんどの人は一番上の紐穴を飾りとみなして使っていないと想像していますが、それでもこれまでコンバースはご丁寧に上まで使うことを前提にした紐をつけてくれていました。
 これをありがた迷惑と呼ぶとバチが当たるとは思いつつ、これ、もう少し短くなってくれたら紐じまいが楽なのになぁ、とずっと思っていたわけです。
 
 すると、写真のように、とても収まりが良い長さに。 今年の春に紺色の同モデル買ったときはまだ長かったから、変更はここ数ヶ月のことになりますね。 
Converse

 まぁ、とどのつまりはコストダウンだろうし、伝統を重んじる人にとっては退化になるのかもしれません。 それはどこそこの国バージョンだ、並行モデルだからどうのこうの等ありそうな気もしつつ、私としては満足です。

| | コメント (0)

ディスク速度が結構効く

 MacBook Pro.のOSを「渋々」High Sierraにするべく、少しづつ準備を始めています。
 まずは全ファイルのバックアップをディスクユーティリティーで外付けHDDに完了。
 さて、そこから起動ディスクの選択画面でいつも悩むのが、オリジナルもバックアップも同じ名前で表示されること。 どちらを選んでいいのかわからない。
 今考えると、なんらかの方法でそれぞれの情報表示みたないものを探せばよかったんだろうけど、とりあえず前にあるのが古いもの(オリジナル)だろう、と選択→再起動。

 すると壊れたか?と思うほどの遅さ。 この時点で選択した起動ディスクが間違っていたことはわかりますが、古い2.5in.とはいえ、FireWire800接続。 それがこんなに遅いの?とあわや強制終了しそうなほど。
 そこでBlackmagic Disk Speed Testで計測してみた。

Diskspeed

 まず普段使っているSSDのreadがざっと450MB/sで、この外付け2.5in.は25MB/sほど。 なんと1/18の速度。 え〜、動作が遅い遅いと感じるのはCPUの性能差で、ドライブは二の次だと思ってたのになぁ、といつのまにか慣れてしまったSSDの速さに改めて感服。

 そこで思い出したのは、教室の関係で今年度数年ぶりに復活した学校のiMac(Late 2009)。
 古いから仕方ないとは思いつつ、こいつも遅い。 何せCPUはi系ではなく、Core2 DUOですから、それが原因かと思っていました。 で、試しにこいつのHDDを計測すると、ざっと100MB/sほど。 あ、そりゃ(SSDの自宅環境に比べて)遅いはずだわ、と妙に納得。
 さらに別途映像編集で使っている2.5in.ながらもUSB3接続のSSHD(ハイブリッドHDD、MacでいうFusionDrive)も測ってみると、これもたったの100MB/sほど。 少しショック。 200MB/s位は期待してたのに。
 まぁ、実際に細々したファイルを読み書きする時には改善されるだろう、ということで忘却することに。

 逆に言うと、今時のOSって、起動ディスクからたらふくデータを読み込まないとなかなか立ち上がれない、ということでもあるでしょう。

| | コメント (0)

初のLED工作

Led

 この歳になって人生初のLEDの工作をしました。 目的は先の自作ヘッドホンアンプの電源モニター用です。
 
 自分が電気工作に興味を持ち出した頃はまだLEDがあったかどうかの頃で、電球全盛。 これは単純にプラスとマイナスに電気を流せば使い物になります。 ところがLEDには極性があり、さらに何かと組み合わせなければ点灯しないことを知り、少々尻込み。
 あぁ、そうです。 この辺りからです。 私が電気工作から離れ出したのは。
 
 トランジスタにはなぜか奇数の足。 私のアナログな頭では理屈的に四本足がないと腑に落ちなかったのです。 LEDにしても、時に抵抗と組み合わされていたり、そうかと思えばダイオード組み合わされていたりと、当時の環境では情報不足で、そのうち興味が薄れてしまったのでした。

 ところが今になって冒頭の理由で必要になり、さすがに今時豆電球もなかろうと、とりあえずは部品を調達、と秋月電子のサイトに。
 ありがたいことにLEDと組み合わせる部品の説明もPDFで用意されていたりして、ふむふむ、安くあげるならカーボン抵抗で良いのか、かならずしても最大電流を流さなくても良いのか、抵抗値の計算式は、なるほどなるほど、と急速に知識吸収。
 
 LEDも抵抗も一個10円程度で、抵抗は100円。 へぇ、抵抗って結構高いんだ、とよく見たら100個での価格。 そんなにいらんがな。
 では、と改めて学校の他コースの先生にお願いして部品調達。 こちらのコースは今では組み込みプログラムが主流なれど、基礎工作を授業で行なっています。
 
 さて、いよいよ工作な訳ですが、先のアンプと違って部品はたった二つ。 裏で配線を取り持つ渡り線を半田付けして終わり。 さぁテスト、と電線をつないだら、一瞬赤黒くLEDが光ってそれっきり。

 およ?
 失敗したようです...
 
 れれれ? こんな単純な配線で失敗するなんて、と焦るやら恥ずかしいやら。 よくよく見たら、見栄え良く二つの部品を綺麗に並列に並べたことで、そのまま配線も並列につないでいました。 つまりLEDにはDC 6V直撃。 そら壊れるわ。
 あほやの〜、とぼやきつつ、新たなLEDと抵抗を今度は直列に配置し、素直に配線。
 
 お〜、今度は成功。
 ただし、ONは瞬時なれど、OFFはふわぁっとした感じで、世間のイメージのようにくっきりとしません。 これは抵抗で制御したからでしょうかね。 小さい抵抗を並列に組んだり、やはり定電流ダイオードと組み合わせなくてはならないのかもしれません。
 専用の基盤切りがないので、ニッパーでガジガジと切って、あら不細工なこと。
 
 でもま、こうして長年の疑問が解決してすっきり。

| | コメント (0)

NHK受信料合憲

>><NHK受信料>制度は「合憲」 最高裁が初判断

 げーーーーーーーーーーーー
 
 価格、スクランブル、番組選択権、何も触れずに。
 これでNHKは取り立て担当を大量採用し、訴訟を武器に数多高額の取り立てを展開するんだろうなぁ...
 
 そして高額な給与、要塞御殿のような新社屋、田舎者と年寄りしか見ない年末歌謡ショーに天文学的予算をかけるのでした。
 
 時代読めよ>司法

| | コメント (3)

2円でパイプ椅子の座り心地を改善

Chair1

 年度末は学生の発表を講評する機会が増えます。
 座ってて適当に言いたいこと言って金貰えるなんていい商売、とからかわれることがありますが、どっこい生徒の普段の制作物や行動、時には精神状態を鑑みながら、褒めるにせよ否定するにせよ、相手がすんなり飲み込めるコメントを短時間に用意するのは結構疲れるのです。
 
 その理由の一つが、会場に用意されているパイプ椅子。
 こいつの座面が大概前方に垂れているので、自然と腰が前に滑って、骨盤後傾となって腰に負担を強います。 一応ドイツ車に20年近く乗っていた経験上、とにかく日本の椅子はロクでも無いのが多いと感じる中でも、これは最悪の椅子です。
 とはいえ、もともとが応急椅子ですから、エルゴノミクスなんて望むべくも無いんだけど、それを我慢する義理もありません。
Chair2

 そこでポケットから取り出したのが1円硬貨2枚。
 これらをパイプ椅子展開時のストッパーとなる部分にそれぞれかまします。 たった1mm程度の変更ですが、レバー比の関係で座面先端では数倍の変化になり、おお、多少なりとも改善。
 これでまだ年度末までに幾度かある発表会も安心、ってなもんです。
 
 ただ、これって1円玉がご覧のようになってしまうんですね。 厳密には貨幣損傷等取締法違反になります。 10円は銅なので似たようになるだろうし、100円ならどうよ、って気もしますが、これらはうっかりして自販機に入れてしまう可能性が出てきますから、実質的にはもっとまずいことになり得ます。
 そういう点では1円で処理するのが消去法的に最善かと。
 
 てなことで、たかだ2円、されど2円、ネームカードホルダーの裏側に入れて、ずっとこの目的に再利用することにしました。
Chair3

| | コメント (0)

強力グットAという薬がすごい。が...

 先月中旬頃から、腕や脚がかゆくなって、あぁ冬本番、と呑気に思っていました。
 あるいは、月初めにインフルエンザの予防接種を受けた際に看護師さんが「今年のワクチンは少し刺激が強いので、かゆみなどがでるかもしれない」と言ってたのも思い出し、それかもしれないなぁ、とも。
 
 ところがそれが徐々にひどくなりだして、皮膚炎の症状となり、腕は赤くなって、気をつけていてもどうしても掻いてしまい、ところどころざらざらと小さいかさぶたができたり、その周辺が乾燥して白く粉を吹くという、いわゆるアトピー皮膚炎のようになってきました。
 日頃免疫には少々自信のある身でも、これはちょっとまずいのでは、と不安に。
  
 考えてみるに、ここしばらく休みがなくて、肝臓やら循環器系に疲れが出つつあったのに、強力グットAという愛用薬が切れたままになっていたからかもしれない、とドラッグストアで調達。
 この薬、数年前に学校の酒豪非常勤に、「今日は飲むぞ〜」「疲れてるのに飲みだ〜」「飲みすぎた〜」というときに速攻で、しかもすごくよく効く、と教えられたもので、確かにその通り。 それまでこういう時に買い求めていたヘパリーゼは一切買わなくなりました。

 さて、これが今回の皮膚炎にはどうかというと、服用一日目でかゆみが低減。 気のせいかな?と思いきや、なんと二日目で完全になくなりました。
 赤みやかさぶた、乾燥は物理的な損傷なので、さすがに少し時間はかかっていますが、確実に回復しています。
 特に真っ赤になっていた部分は、このまま残るんじゃ無いか(たまにそういう肌になっているジジイがいるし)の不安も完全な杞憂に終わり、みるみるうちに元に戻りつつあります。
 驚くべきは、このかゆみとは全く別に、手を洗いすぎてできたヒビが、それまでは赤くて薄い皮がなかなか厚くならなかったのに、あっというまに普通の皮になってしまったことです。 それも二箇所同時で。
 さらには面の皮もプリプリ良くなっているし、当然、酒に対する耐性も向上。
 
 こ、こいつはすごい...
 
 が、それはそれで少し怖くなってきました。
 この薬の成分については、他の薬の比較としてこちらのサイトに詳しく述べられています。 おかげで私が頼りにしていた肝機能強化以外に、胆汁の促進、皮膚や粘膜の保護に関する有効成分が多く含まれているのを改めて知ることができます。 そしてゴオウやウコンなどのいわゆる漢方由来の成分も。

 そこで思い出したしたのが、かなり前に亡くなった叔母のこと。
 彼女、相当な働き者で、わがままな実両親の、旦那を含む家庭と親族の世話に駆けずり回り、「それはこの薬のおかげ。これがあるから元気やねん」ととある漢方薬を溺愛していたそうです。
 ところが突然体の不調を訴えて間も無く急死してしまいました。 原因はその漢方を服用しすぎたことによる劇症肝炎だったそうで、なんとなく漢方薬って体に優しいと思い込んでいた我々にショックを与えました。

 もちろんこれは漢方薬の話で、グットAとは無関係の話です。 が、元気が出る、というのは突き詰めれば肝機能に大きく関係しているわけで、強肝作用があまりに強いというのは、その話を思い起こさせてしまいます。
 加えて、皮膚の再生がこれだけ速いということは、もし体のどこかに悪性腫瘍の芽が出たら、その成長も同時に促進させてしまうということでもあります。

 薬は毒である、という言い回しを使うなら、よく効く薬は毒も強い、ということでもあり(この言い回しは製薬業関係者は嫌な顔をする)、惰性的な常用や用量に気をつけてうまく使ってゆかないとな、と思うほどのすごい薬効なのでした。

Goota 瓶詰めよりもこのパックの方が当然安い。 でも一錠あたりざっと40円というのは確かに高価。

| | コメント (0)

ヘッドホンアンプを自作

Amp1

 今春、授業で使用するブルーレイプレーヤー(パナソニック DMP-BD88-K)を学校に買ってもらったんだけど、これがプロジェクターを通すと、どういうわけか再生音が非常に小さいという問題が発覚。 以前使っていた自前のレコーダーでは同条件下で充分な音量だったのに。

 プレーヤーからプロジェクターまではHDMI、音はそこからパソコン用のアンプ付きスピーカーに接続。  
 そして今時のテレビ用光ディスク系は、アメリカのコンテンツホルダーの異常なまでのコピー対策のためにガードのかけやすいHDMIのみ、その他の出力端子は一切ありません。 ボリューム調整機能も無し。
 テレビに接続して試してはいませんが、とにかく私の使用目的下では大問題。
 
 しかし自分で選んで導入してもらっただけに誰に文句を言えるわけもなく、かといって市販の増幅アンプは安くても数千円はするので、新たに買い足してくれ、とも言い難い。
 そのまま半年が経過し、先日ふと思いついて電子部品通販で有名な秋月電子のサイトを覗いて見ました。 ここは以前、仏壇のLEDろうそく&線香を時間で消灯するタイマーを買ったところ。

 すると、写真のヘッドホンアンプキットを発見。 価格は「たったの」510円。 むしろ送料の方が高い。
 使用目的が教室内PAですから音質には拘りはなく、これで十分かも、と購入。
 時間がなくてしばらく放置していたのを昨日組み立て開始。 あい変わらず半田付けが下手くそで、最初のうちはもたついたけど、それでも二時間かからず完成。 説明書通り、テスターを使って慎重にチェック。 うん、どうやら問題なさそう。

 最終音出しテストは、万が一に備えて壊れても良いようなヘッドホンを使ってください、とまで説明書にあるので、ちょっとドキドキしながら、古いiPodとイヤホンを接続。
 最小音量から徐々に上げてゆくと、おお、ちゃんと鳴ります。
 音量も左右独立で調整できるし、搭載しているICが立派なのか、期待していなかった音質もクリアで全く問題ありません。 基盤側のボリュームにまだ余裕があるのに、かなりの音量が出ましたから、おそらく教室のスピーカーに接続しても問題ないでしょう。
 唯一、電源ONを示すLEDが無いので、スイッチ切り忘れの電池消耗が心配です。
 
 これで510円たぁ、DIY万歳でございますよ、ホント。

Amp2

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »