« 日本語フォント選びは難しい | トップページ | ヘッドホンアンプを自作 »

生意気にも小説のために取材

Photo 先日の津山行き、もともとは亡母の頼まれごとが目的ながら、後押ししたのが実は投稿小説の取材でした。

 文章の取材旅行なんて大御所のものと思いきや、「文章を書こうと思い立ったら、あれこれ机の前で考えを巡らせるのではなく、すぐに取材に出かけ、そこで見たもの感じたものをしっかり捉えなくてはならない」みたいなことが、社会人を教えている学校の図書室の本にありました。
 実はもうこの学校にはあまり予算がなく、雑誌以外に新しい本は入って来ないようです。 故にこの文章作成のなんとやらという昭和の古き良き上製本のこの本も、手にするだけでなんか頭が良くなった気がする、ある意味魔道書みたいな貫禄があります。

 それはさておき、ほう、そういうものか、と本を閉じ、以前から話のネタとして気になっていた場所が、たまたま亡母に頼まれていた用事と絡ませられるのを良いことに、いそいそ出かけた、というわけです。
 
 その途中で手に入れたアイテムが、この不思議に光っているガラスの置物で、ちゃんと本文にも登場します。 紫外線に反応して発光し、蓄光かと思ったら、ネットによるとリン光なんだそうな。
 今は紫外線LED(いわゆるブラックライト)も200円未満(送料別)で手に入るので、それで発光させたのを長時間露光かけたものです。 いやデジタル写真の何がありがたいって、この手の長い露光ものが簡単に自動測光できて、さらにその場で確認できること。

Photo_2 もともと大元ととなったのがガラスの置物の下に敷いていある表紙の短い話で、プロットとして本当に考えていたのがこの取材にでかけた場所なのでした。
 もちろんフィクションですから、実在の場所と必ずしも同じではありません。 ただ、気のせいかどうか、実在の場所に虚構の大道具を組み立て、そこで物語が展開するのを想像すると、余計なディテールに気をとられることなくすらすらと文章が書けたような気もします。

 まぁそうすると外国もんや宇宙もんだとどうすんだ、ってなことになるんですが、それはそれ、趣味とはいえ、なかなか良い体験をさせてもらいました。
 
 で、こちらはペンネームが写ってますね。  別に隠す気もないのですが、テキストじゃないので良いでしょ。 検索すると簡単にでてきます。
 私の名前を知ってる人にはプッと吹き出してもらえる筆名ですが...

|

« 日本語フォント選びは難しい | トップページ | ヘッドホンアンプを自作 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本語フォント選びは難しい | トップページ | ヘッドホンアンプを自作 »