« 気のせいと言われればそれまでだけど | トップページ | 突然の津山(鉄道編1) »

突然、津山に行ってきました

Tsuyama1

 亡母の関係で津山に行ってきました。 もちろん日帰り。
 以前からずるずると先送りにしていたものを、ついでに調べたいことができたので、久々の仕事のない日に決行したというわけです。

 大阪から津山というと中国道のイメージがある中、すでに車はないし、レンタカー借りてわざわざ帰りの宝塚トンネルで渋滞にハマるのも面白くない。
 結果、津山まではJR、そこから先はタイムズのカーシェアリングという、以前から一度やってみたかったパターンとなりました。 

 これなら帰りに車中でビール飲めるしね、と思っていたら、夕方のラッシュ時に「さえ」一時間に一本しかないローカルワンマンディーゼルカーは帰宅する高校生でいっぱい。 そんな中でビールなんて飲めません。 仕方ないので、発車前のホームでビールと食いそびれた昼食としてサンドを頂きました。
 
Tsuyama2

 津山の一番の印象は...
 「人いない」
 
 商店街のみならぬ、街全体がシャッターを閉ざしたかのよう。
 その昔、中国道が津山までで、以西の陸路は全てここから53号線経由だった頃は、まだもっと栄えてた記憶があるような気がします。
 先の夕方に溢れ出てくる高校生たちさえも、やがては進学就職でここを出て行きます。
 ま、それも小さな地方都市だから仕方ないか、と帰ってWikiで調べてみたら、なんと津山は岡山県ではNo.3規模の町なのだとか。

 こうして久しぶりに少し地方に足を伸ばしてみると、本当に日本は限界集落ならぬ、限界国家になりつつあるのを実感できます。

 あ、いや、でもね、良いジャーニーでしたよ。

Tsuyama3

|

« 気のせいと言われればそれまでだけど | トップページ | 突然の津山(鉄道編1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気のせいと言われればそれまでだけど | トップページ | 突然の津山(鉄道編1) »