« WAONがややこしい | トップページ | この世知辛い世界(What a cold world) »

政治屋は死んでも治らない

 「勝つためなら何をしてもいいのか」と与党が野党を批判していますが、いや、隣々国からいつ核ミサイルが飛んでくるかわからない最中にいきなり国会解散したあんたらに言われとうないで。
 
 解散直後は、野党第一党の民進党は内ゲバ&空中分解状態で、日本の野党はうちが仕切る、と日本共産党のみが息を吐いていて、あぁ、これでまた干し芋安倍が数年間、「国民の信を得て」を金科玉条に、運用一回で五千万はかかる(少しは借金返済に回せよ)という政府専用機で世界旅行し放題の日々が延長されるのか、と諦めていました。 

 ところがそこに突然の希望の党の参戦。 これを見た民進党の変わり身も、嫌味抜きで素早かった。 まぁ、誰が党首になってもみんなで引き摺り下ろすような毎日に、民進党員も将来を感じ取れなかったんでしょう。 

 これを見た与党は慌て、前回の下野戦を引き合いに、おかげで日本が混乱と低迷に陥ったと声高に呼びかけています。 その表現はともかく、民主党の与党っぷりが酷かったのは認めざるを得ません。
 でもこれは自民+金魚の糞党が特段秀でていたわけではなく、取り巻く官僚が民主党のダメっぷりに愛想をつかせ、自らの保身のために見限っただけとも見えました。
 記憶力抜群であるはずの超エリートが、首相を守るために「覚えていません」「記録がありません」を連発した結果、国税の長になれたのを見ても、官僚の未来予知能力がわかります。

 つまり、誰も国民は今度の選挙で与野党逆転など望んではいません。 そんな夢は先の民主党のボロっぷりで痛いほど知りました。 いや、民主党のみが無能なのではなく、現体制が長すぎて、与野党逆転などもう無理なのです。
 ということで、私も含めて、おそらく多くの有権者が望むのは、自民党が強行採決などで好き勝手できない程度に弱ってくれればそれで良い、というラインが勝利なのではないでしょうか。
 
 これにより干し芋安倍は、なんとか主導権争いのきっかけを探していた連中に引責退陣を余儀なくされ、良くも悪くも強烈なリーダーシップは失われるものの、少し前までの宇野やら海部やら宮澤やらのポンコツが次々と名ばかりのリーダーを務めていた頃の、情けないけどある意味低いレベルで安心感のあった政治に戻ればいいのかな、と私は思うようになっています。
 
 思うに干し芋は、お友達が優良すぎるんでしょうね。 いえ、森友・可計のお友達ではなく、明治維新以来重用された長州財閥の流れからくる裕福かつ高教育の血筋を持つお友達ばかりが周囲にいて、生活保護費をパチンコにつぎ込む、子供を育てるために風俗で働くシングルマザーの存在は、実感として全く感じることができないのだと想像できます。
 
 そんな中、都知事選で加齢臭満開のジジイどもを完膚なきまでに叩きのめした小池党が全国進出表明、民進党もあっさり白旗を掲げたことで、保守逆転には至らないぎりぎりのラインまでの押し戻しに期待できることになりそうです。

 わざわざ党の規律を改正してまで三期連続を目論んでいた干し芋に対し、開票後に「奢れるものは久しからずや」と言えるような結果になることを望んでいます。

|

« WAONがややこしい | トップページ | この世知辛い世界(What a cold world) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あららぁ...
信を与えちゃったねぇ...

投稿: あやおば | 2017年10月23日 (月) 08時50分

今回の総選挙、「生産性改革」「人づくり改革」「消費税増税」「森友加計問題」とかはまったく関係なく、
まさしく争点は「北朝鮮問題」一択だと思います

それも解散時期は新朝鮮戦争に関係しましたが、
問題(選挙結果)は戦後処理、新ヤルタ会談への日本の関わりです

戦後処理を誤ると日本の浮沈に関わり、経済問題なんかより最重要課題かと思います

24日の中共党大会終了より半島は動き始めるでしょうし、
来年になれば金正恩がスヴァールバル諸島まで亡命できてるか判明します

ま、こちらは大阪で希望の党はないし、自民党にも入れないつもりですが...

投稿: t2 | 2017年10月 5日 (木) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WAONがややこしい | トップページ | この世知辛い世界(What a cold world) »