« 突然の津山(鉄道編1) | トップページ | 突然、津山に行ってきました(2) »

突然の津山(鉄道編2)

 なにはともあれ、作用駅から津山行きの普通列車に乗れましたが、これが日々223,225系新快速に乗っている身には驚きの一両のみ、しかもワンマンカーという、噂には聞いていたけどバスかいな?状態。
Tsuyama7
この運転台周りがすごい。 右側に置いてある運転手の私物が盗まれるかも、とか全く考えられていない。 平和だ...
 

 で、これが超遅い。
 といっても、車両性能は平坦地で100km/h程度は出せるので、これは崖崩れ、落石、倒木警戒のようです。 線路側に掲示された制限速度は25km/h。 原付以下。
 でも、確かにこの制限区間の路線状態は素人目にも危なっかしくて、ここ最近の大雨続きで簡単に崩れそうではありました。
 ローカルワンマンカーとはいえ、エアコン付きですから窓は密閉式、これをいいことに時々車両に路側の木の枝がバシバシと当たるのは驚きです。 伐採しろよ>JR西

 まぁ、そんなこんなもあって遺棄されつつある限界路線の感が余計に強まってくる中、ほぼ一時間かけて津山着。 この車両、キハ120と言って、JR西日本のローカル各停に多数採用されているんですが、レール音が変わってるな、17m車かな?と思ってたら、なんとそれ以下の16m車! これにトイレも装備されているので車内が狭い。
 おかげで帰宅する高校生でいっぱいの帰路はローカル線っぽさが全くない混みっぷり。
Tsuyama8

 たまたま千葉のいすみ鉄道の社長が「ローカル線は空いていなければならない」という主張を自身のblogで展開されているように、空いた車内で弁当をつまみににビールでも飲めないと、旅としてのローカル線の魅力は激減する、つまりはますます衰退の足並みを早めるだけだと私も感じました。
 これを二両編成にしたり、キハ40・47にするとどれだけ高コストになるんでしょうね。

 駅舎からホームを眺めると、それでも複数線区が乗り入れるだけあって、車両基地は今時にしては大きな規模で残っていました。 実はこの写真の奥にある津山まなびの鉄道館(旧津山扇形機関車庫)にも時間があれば寄りたかったんですが、微妙に時間が足らず断念。
 DE50を一度見て見たかったんだが、また今度にしよう、と思いつつ、はて?今度ってあるののかな、と半ば諦めてもいます。
 だって、ここまで車両を揃えておきながら、扇形庫には入れない、つまり車両を近くで詳細に観察できないってのが、これまた惜しいというかケチくさいというか、本当に観光に力入れてるのかな、と。
 
 ま、こうして文句たらたらいいつつ、久々のローカル線の片道を終え、カーシェアリングの駐車場を目指して歩き出したのでした。
Tsuyama9

|

« 突然の津山(鉄道編1) | トップページ | 突然、津山に行ってきました(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突然の津山(鉄道編1) | トップページ | 突然、津山に行ってきました(2) »