« ジャパリパークにいってきました! | トップページ | WAONがややこしい »

何も敬老の日にやらんでもいいだろう

 昨日は久々の仕事なし。 う〜、二週間ぶり。
 敬老の日たって、祖父祖母はもちろん、両親すらすでに他界しているので縁ないなぁ、と思いつつ、休みは休みで延ばし延ばしにしていた映像編集をせにゃならんので昼前からiMacに向かう。

 で、たまたまつけた正午のNHK FMのニュースが終わったら、敬老の日特別番組で「オヤジロック三昧」とかが始まった。
 
 え? 敬老の日に? ロック?
 
 う〜む、ついに恐れていたことが起こったか、と反射的にラジオのスイッチオフ。
 ううう、ついにロックがこまどり姉妹になってしまったのか、と(意味不明ですよね、12年前にこんなことを書いています)。
 
 映像編集は音声も必須なので、その後一時間ほど仕事に没頭。
 一段落したので、気になって再度ラジオのスイッチオン。 とこれがまた悔しいことに選曲が良い。
 BBAのSuperstition、Santana、Claptonと続くのだけど、哀愁のヨーロッパやレイラを選ばないところが渋い。 Cocaineなんて、どこのライブ音源だ、という有様。
 今改めて、選曲リストを見たけど、さすがにベンチャーズのパイプラインはあれども、ビートルズはWhen I'm sixty-fourとShe's a womanとあえて外したところで去なすなどなかなか...
 
 このままぶっ通しで流してくれたら仕事ができないやんけ!と戦慄したら、さすがNHK、突然音楽評論家の何某が出て来て、おかげで解脱することができました。 この辺りのダサっぽさもNHK伝統というか、ある意味裏切らないというか。
 
 しかしなぁ、敬老の日にロックかぁ...
 でもなぁ、格好いいんだよなぁ... 俺たちのこまどり姉妹はロックだったのかぁ...
 
 自分の書いた話に音楽を入れるのが好きで、こないだ久々に書いた話の末尾の曲がLong train running。 まさしくおやじロックそのものやんか...
 
 そう、敬老の日なのである。 来年還暦なのである。 我が敬われるのである。 あ〜る。

|

« ジャパリパークにいってきました! | トップページ | WAONがややこしい »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャパリパークにいってきました! | トップページ | WAONがややこしい »