« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

けもフレがSFだと誰も教えてくれなかった

 けものフレンズ、通称「けもフレ」の再放送最終回が北朝鮮のミサイル発射もどこ吹く風、あっけらかんと放映されて終了しました。

 いや、このアニメ、凄いです。 冬の最初の放映前、公式ホームページで絵だけを見て完全にスルーしていた私の判断が恥ずかしい。
 だって猫耳擬人化少女が一杯の扉絵を見て、「これいらない」と思ったのは私だけじゃ無いはず。 ところが、最初の放映が終わった頃、ネットに「あれは2話から見るもんだ」との書き込みも見て、あれ?もしかしてやらかした?と後悔するようになっていました。

 そんな折の再放送、確かに2話で朽ち始めた遊覧バスが出てくるあたりで心を動かされ、エンディングに廃墟になった遊園地の写真が出た時点でノックアウトされました。
 あとは、「『けもの』はいても『のけもの』はいない」というテーマソングの通り、いじめや引きこもりなど面倒臭い人間(獣?)模様がなく、ひたすら安心しながら展開の解釈にのめり込めたのもSFの王道とも言えます。

 食物連鎖を一切断ち切っていることなど、都合主義もありつつ、一方で雪道で動けなくなったバスの車輪にクローラーを嵌めるあたりはめちゃリアルで、そのメリハリがいかにも娯楽作品のツボです。

 で、このあたりではっきり気づきます。
 舞台となった「ジャパリパーク」、最初は「ジャパンにあるサファリパーク」と思ったのですが、「ジュラシックパーク」のもじりであったということ。
 
 そして最後に設定や脚本の凄さで、最終回まで謎を引っ張るということをせず、途中から、カバンの正体や、パークの現状など、視聴者にはほぼほぼわかってきます。 が、それはむしろ計算済みで、我々は次に「なぜ?」「どうして?」とさらなるSF的推理を楽しめるように組んである。

 かつてピンドラのように、早々に切ったアニメが途中から面白くなってた、という後悔から、とりあえずは全部録画し、後からどんどん落とす方法を始めたのに、いつのまにか一話前から公式ページ見て判断する横着を覚えてしまったようです。 今回はたまたま再放送があったから良かったものの、こうしてストーリーテラーとして非常に勉強になる作品を見落としてしまっていたことを反省。

 しかし、こうしてみると2017冬アニメもそこそこ豊作だったんですねぇ...

Kemofure

| | コメント (0)

このダウンロード数が不気味

Download

 え〜、あまり馴染みのない絵でしょうが、これがAppsストア上の自分のアプリケーションがどれくらいダウンロードされているか、あるいは売れているかの管理画面です。
 
 で... ここ一週間ほどの数字が尋常ではないのです。
 ピークであった8/25では総ダウンロード数225!
 内訳はAppleWatchをメトロノームにするBeat on Wristと、TANU2というiMessageステッカーのみ。 Beat on Wristは公開後から通算で990、TANU2は737ダウンロードという凄さ。
 いや〜、これ単に数字が上がって嬉しいというよりも、何かおかしいというか不気味であります。 言っちゃなんだけど、それほどの出来ではないと作者が自信を持って(?)言い切れますから。 あと、ダウンロードのほとんどがアジア太平洋、恐らくは全て日本だと思われるのがまた怪しい。
 
 怪しい裏機能を入れた覚えはないので、仮に何か悪巧みに使われたとしても関係ないのですが、なんとも不思議な感じです。
 
 あぁ、でもこれらが全部有料ならなぁ、とつい計算してしまう浅ましさよ。
 無償の"2"ではない有料版"TANU"は一切売れず...

| | コメント (0)

明るい大停電

 先日、そこそこ全国でもニュースで流れた大規模停電が起こりました。
 朝方、明るくなった頃にパトカーが「ただいま××が発生しております」とマイクで告げながら走ってたのは覚えてますが、おっさん、滑舌が悪いので肝心の何が発生しているのかわからない。
 仕事にはまだ早かったのでそのまま寝てたら、同居人の声がドアの向こうからしてぎょっとしました。 電気と水が止まっているとのこと。 ああ、さっきのアナウンスは停電だったのかと了解。 水が止まったのは地下タンクからのポンプも止まったから。
 
 明るいうちの停電は今ひとつ緊張感がなく、トイレなど中水用の水は風呂場にたっぷり残っているし、飲料水や非常食は備蓄してあるので特に慌てることもなく、また起床時間まで寝る。 というか、かつて関電の社員から、都会では停電なんて滅多にしないし、起こっても誰も気づかない瞬停程度、あとは雷などの天災、と聞いていたので、ま、そのうちすぐに復旧するだろうと考えていました。
 
 ところが8時を回っても復活の兆しなし。 それどころか道路の信号毎に警官が立って手信号で整理している。 こりゃJRも大混乱?と雉子を返して駅の方を見ると、あら、こちらは普通通り。 双眼鏡持ち出して遠くの信号を見ても、普通に点灯している様子。

Nightlight げっ、仕事にはいかなくちゃ! 
 とカセットコンロで沸かした湯(今考えると都市ガスは機能してたんじゃないかと)で淹れたコーヒーと非常食用長期保存ビスコをかじって登校。
 昼過ぎにネットで確認したら、まだ停電中。 どうやらうちのマンションは昼前に回復したそうですが、とにかく全地域が回復するのに11時間もかかったという大事件でした。
 原因は住宅地の地下に埋めてある高圧配線の漏電ではないかということで、その漏電がなぜ起きたかは現在まだ調査中なんだそうな。 う〜む、日本中のどこで起こっても不思議ではない事故です。

 でも終わってよかった、と家に帰って来たら、家電の時計とエアコンがエラー点滅しまくり。 最近の家電は瞬間〜数時間程度ならバックアップバッテリーでこと無きを得るようになっているのにもかかわらず、ですから、ここまで長いと想像以上に後遺症が出たのかもしれません。
 
 その一つがここに掲げた写真で、これ、なんと深夜2時の商店街。 多分タイマーがリセットされたとかなんかでしょうね、普段は夜8時に一斉消灯するはずが、煌々と誰もいない歩道を照らしています。 さらに頭上からはBGMも流れっぱなし。
 BGMは3時頃に止まりましたが、照明はいつ消えたのか不明、と思ったら翌夕は逆にまだ早い時間なのに真っ暗。 メカに強い担当おらんのかい>商店街

| | コメント (0)

正味25行の超大作、なわけないやろ

Photo 月に1〜2回やっちまう大爆睡、昨夜久々に11時間爆裂しました。
 これはこれで幸せ。 朝起きたら頭ボケたんじゃないかと思うほどのリセットぶり。
 考えたら、やっぱり夜勤は疲れるんですよね、うん。 ほどほどにしなくっちゃ。
 
 で、夜勤中に書いた、というか、三行から受付、という超短編が条件だったので、ほんと一瞬で終わって、この表紙の方が長くかかりました。 う〜ん、表紙作りたのしー(けもフレ調で)
 
 表紙といえば、先に8,000文字から12,000文字ってのも書いてるんだけど、話半分までしか来てないのにすでに8,000文字。 あと4,000文字で終われってのはかなりきつい… で、こっちの表紙のアイデアもすでに決まっているという。
 本編があるから表紙があるのか、表紙やりたいから本編書くのか…

| | コメント (0)

久々に小説が書けた

 先の盆休み、どこにも行く予定が無く、ここはきっちりを仕事を入れるべ、と月初から段取りを組んでおりました。 学校は全て休みになるので、全て例の映像編集。
 そして、いよいよ盆前に、素材と盆明け出勤の確認をしたら…
 担当者のご主人が緊急入院されたのこと。
 おや、それはお気の毒です。
 ところが、緊急手術があるので、盆明け後も20日過ぎまで休暇をいただくとのこと。 それどころか、このメールを送信したら急ぎ退社すると。
 
 うひょ〜〜〜ん。 
 
 この話を知り合いにしたら、個人と取引してるのか?と訊かれました。 いえ、れっきとした株式会社なんですが、担当者がこの人しかいないと言う、あれ?基本個人取引と同じか?
 まぁでも、こういう時に立ち振る舞いを間違えると、そのあとに影響必死なので仕方ない。 ということで盆前にここの仕事は全て終了。

 さて…、とふと思いついたのが。締め切りが近づいた投稿小説。 相変わらずグラフィックデザインより文章書いている方が好きなので、何かこの方向で突破口を開きたいと思いつつ、ここしばらく忙しくてそれどころではありませんでした。
 
Smallmoz おお、そうじゃそうじゃ、小説書こう!と、プロットをささっとメモって入力開始。 規定は二万文字なんだけど、ざっと書きあがったら予想通り五千文字ほど多い。
 短編って、とっかかりも楽だし上がりも早いんだけど、大概書きあがった時点では文字数オーバーとなりがちです。 もちろん、少なくてあれこれあとから付け足して行くよりは、削って行くほうがより良い内容になることが多く、悪いことじゃないんだけど、たった五分の一がなかなか減らずに、少々苦労しました。
 尊敬している大河内一楼氏が、入力したストーリーは一旦プリントしてから推敲する、というのをアニメ雑誌で読んで、今回はこれに習い、なるほど、やはりこれは良い感じです。 分かってはいるんだけど、紙とインクが勿体無くてついつい画面推敲してしまうという。
 
 ところで最近の投稿系って、表紙っぽいのが充実してて、みんなどっからこんな綺麗な絵を描くイラストレーターを探してくるんだろうと感心しつつ、私も一応グラフィックの世界の端で生きて行く人間なので、負けてはいられない。
 まずメインの線画をわざわざPixtaで購入して彩色。 さらにネットで無料の美少女イラストを探してきて合成(桃香さん、ありがとう)、最後にフォントもダウンロードしてタイトル作って、やっと完成、アップロード。
 お〜、拍手ぅ〜、と思ってよく見たら、表紙絵はあらかじめサイトの方で多数それらしい(ラノベ風が多い)のが用意されていて、みんなここから選んでいたようです。 あらら。
 ま、いいか、久々に自分のためにデザインしたっちゃ。

| | コメント (0)

カーシェアリング三台目はソリオ

Solio

 先月は一度もカーシェアリングを利用せず、基本料金だけ請求されることになりました。 先方も気を使ってか、基本料金にほぼ相当する75分で何ができるか、という提案メールを送って来たりするんですが、とにかく忙しくて、そんな余裕もなく一ヶ月が経過。 そんな中、題名はその直前、6月末に近所のホームセンターやらなんやらで二時間ほどうろうろした時のお話。

 私の近場のタイムズ駐車場に常備してあるシェアリングカーは、スイフトノート、そしてこのソリオの3台。 で、この順が乗って見たかった順で、つまりソリオは最も興味がなかったと言うことです。
 もともとはワゴンRから派生し、その後完全な別ボディになり、さらにはメカニズムの多くを軽からスイフトと共用に切り替えるなど、後で調べて見るとずいぶん様変わりしていたのですが、なんとなく頭の中には最もつまならない軽の生活車というイメージがあったからです。

 ところが乗ってみて印象大逆転。 まずは視線の高さから当然とはいえ、非常に運転がしやすい。 
 駐車場があるビルは設計が古く、スロープの幅が狭くて、スイフトやノートでも初乗り出しだと結構気を使う中、ソリオならスルスルと降りて行けます。
 そして何より感心したのは、そのアクセルセッティング。
 最初はのそっと、さらに踏み込めばモリモリっと力が湧いてきます。 これ最高。
 エンジンやメカニズムの多くを共有すると言う同社のスイフトとは全く逆の性格で、ほんと、車って設計主査の思い込み一つで良くも悪くもなるって言う、しかもグレードによってもまた差があると言うコメントを読むと、ある意味、買ってみないとわからないと言う難儀な買い物であるのかもしれません。

 シートも短時間でノートが違和感を呈したのに対し、ソリオはスイフトと同じくこの程度では全く問題を感じませんでした。 これはメーカーの統一思想の表れ?
 
 唯一残念だったのは、足回りの安っぽさ。 まるで軽のワンボックスのようにタイヤの無駄な動きを吸収できないままゴトゴトしています。 スイフトがクラスを超えた感のあるドシッとした足回りだっただけに、ここは居住空間やユーティリティの関係で、同設計にできなかったのかもしれません。
 
 てなわけで、足回りとシートが良くて、アクセルセッティングが最悪のスイフト。 CVTコントロールと室内の広さが良くて、シートがダメなノート、アクセルワークが良心的でシートも良いが足回りが安っぽいソリオ。
 なかなか難しいもんですね。

| | コメント (0)

上がり!玉子かけパスタ!

Eggpasta4

 あわや挫折かと思った玉子かけパスタの進化。 その後、娘に食わせたりして、やっぱこれがベストか、という終着点が見つかりました。
 
 娘にウスターソース、マヨネーズ、そして新たにケチャップを少しずつかけつつ味を比べてもらった結果、ケチャップ仕上げがベストに挙がり、私も異論ありませんでした。
 
 まぁ、オムレツを思い浮かべれば玉子とケチャップの相性はすでに証明されているようなものですから、当然といえば当然ながら、実は今回はこれまで封印して来た塩を全体に軽く振っています。
 オリジナルである玉子かけごはんには塩を一切加えないので、パスタになってもここは拘りたかったんだけど、前にも書いたように、やはりコメと小麦では同じデンプンでも味の質が違うのだと諦めました。
 もちろん塩味、というまでではなく、あくまで全体に薄く少々程度です。
 そして最後に風味付けと彩りのために、ガーリックソルトをパラパラ。
 妙な後味が口に残ることもありません。
 
 ということで、このネタはこれで上がり。 お粗末様。
 皆さま、おつきあいありがとうございました。

| | コメント (0)

2017夏アニメは凶作

 先月中旬までは取引先の都合で大忙し、それが終わったら今度はできるだけ月末までに多く納品したいこっちの都合で大忙し。
 月が明けてほっとしたんだけど、いやいや、仕事があるうちはさっさと詰めるべ、とやってた仕事が突然、先方データの都合で中断。
 いやまぁ、誰が悪いというわけではなく、強いて言えばmpegが赤と線画が苦手だという技術的な特徴が原因なんでどうしようもありません。 はっきりしているのはここ二日ほどの仕事がほぼパーになったことだけ。
 虚しい...
 
 一方、おかげで時間に余裕ができてしまったので、2017夏アニメについて書いてみましょう。
 というか、すでに題名にある通り、大凶作。 いや、先の春アニメが豊作すぎました。
 
 すでに4週ほど経過し、持ち越しを除く新作で毎週録画しているのは、4本のみ。 しかもそのうち一本は15分もの。 春に初期14本録画していたのを思い出すと全滅といっても良いくらいです。
 何より残念なのはSFものがないこと。 なんか「ロボットはロマンだ〜」みたいなのもあったけど、蓋を開けたらでっかいソード振り回しもので、即カット。 あとは異世界、転生、魔法ばっかりでうんざり。 そんなのでも絵さえ魅力的なら見るんだけど、みんなどっかのアニメ専門学校とのコラボ程度で、これまた候補なし。

 あまりに豊作すぎて、春アニメの中で落としてしまったサクラクエストなんて今期やってくれたら見れたのに。 ソード・オラトリア、すかすかも落としたなぁ。
 
 さてさて、そんなお寒い中でも残った4本とは...

■プリンセス・プリンシパル
 ベストはこれかな? 設定もストーリーも大したことないのに、でも次週を楽しみにさせるところはさすが大河内一楼。
 絵は格好良くもないけど、好みというか、「とある」の御坂だよね?ということはJC STAFFだよね?とエンドロール見たら、見知らぬスタッフ&スタジオ。 声優も知らない人ばかり。 いや、あの横顔と等身描画は御坂以外誰でもないんだけど、とか思いつつ。
 微笑ましいのがベアトリスの存在。 名前がリゼロのベア子とかぶってたり、立ち位置がアルドノアのエデルリッゾやクロスアンジュのモモカを彷彿させて懐かしい。 できれば声は水瀬いのりでやってほしかった。
 
 SFとしてはザルすぎるし、設定もちゃちいんだけど、でも見せてしまうというのは絵と脚本力のすごさの証左とも言えます。

■恋と嘘
 不思議な作品です。
 設定は比較的重い、SEEDのディスティニープランみたいなもんですけど、なぜか軽薄。 絵は巨眼の「なかよし」だし、準巨乳やハプニングの抱きつきなどお約束てんこ盛りにBLもあり。
 これって新しい形のハーレムアニメなのかい?と訝りながらも、それでも見ているのは、ちゃんこ鍋的展開かな、と。
 喩えて言えば、脚本教室の先生に「全然、薄い。もっともっと詰め込め」と言われ続けた受講生が、あれもこれもそれも入れ込んでやっとOKが出たような感じです。 でもおかげでこれがセイレンにならなかったわけで、名作と駄作の間の素人感が気に入ってます。 

■徒然チルドレン
 もしかすると、これがプリパルを抑えて今期一かもしれません。
 15分枠の、継続性ありの群像ものなんだけど、笑いの中に十代の恋愛あるあるを詰め込みながらも、ふざけ過ぎてもいない構成がいいです。
 絵も美しくはないんだけど、基礎はしっかりと抑えてある下手さで、いや、女の子のウルウルする顔を見ると単なる下手絵集団でもないでしょうね。 何より無駄に豪華な声優陣が足らないところを補っています。
 あと、コンドームを母親が持たせてくれるBF家訪問シーンとか、いや、これ案外奥深いで、と思わせるショートアニメーションです。

■コンビニカレシ
 これ切ってもおかしくないほど薄いんだけど(春なら切ってた)、薄い割に妙に美形の男ばかり出てくるという、上記「恋と嘘」の反対バージョンとも言える逆ハーレムアニメなのかもしれません。 この無表情なイケメンはどこかでみたような、と考えたらサムライフラメンコが思い浮かびました。(wikiの限りでは両者に関係はないみたいだけど)
 小さいところでは、チャラ男の声がレクリエイターのカマキリ眼鏡だったのがわかってクスッとしたり。


 FAガールズとかID-0、有頂天家族とかロスもひきづりつつ、リアルに一番楽しみにしているのは先期から続くレクリエイターズ。
 中でも13話は総集編でありながら神回という素晴らしさでした。
 
 ホントだよ。

| | コメント (0)

進化が詰んだ?玉子かけパスタ

 またまた先日昼も台所にパスタ以外の食材なし。
 うむ、もう慣れた。 これは引き続き玉子かけパスタを進化させるべきとのご神託に違いない。 おーまい仏陀。
  
 で...
 前回で一定の感動を見た玉子+マヨ+ウスターソース、欠点はいつまでも舌に残るウスターソースの後味。
 う〜ん、ソースが安物だから? でも一応カゴメなので一般的かなと。
 
 では後味が残らないソースは何かと言うと、常に台所にあるものから選ぶとするならやはりとんかつソースかと。 
 いやいや、マヨ+トンカツソースってもう完全にお好み焼きやん。 なんのシャレも工夫もないやん。 この話の大元となった焼き玉子めしに先祖返りやん。
 でも試してみないと結論が出ないので、とりあえず玉子+マヨ+トンカツソース。 こうなったら紅茶にソネット、コーヒーにブライト、削り節に青のり。
 
 ズルズルズル... 欧米の方ごめんなさい。
 
 うっ...
 なんて幼稚な味。
 
 素朴とか、懐かしいとかの意味ではありません。 ほんとに子供の考えたような味で、ある意味精神的な後味の悪さが残りました。 いかんなぁ、どこで進化を間違えた?
 ということで、なんかもう詰んじゃったなぁ、この遊び、という感じに。

 でも小学生の時。
 ヤクルト美味しい、牛乳も美味い。 こんな美味しいものを合わせたらもっと美味しくなるに違いない、と混ぜたらドロドロの謎の物体に化けて祖母に怒られたことがありました。
 これで酸によるタンパクの凝固を学んだわけですが、なんてことはない、その後自らヤクルトがこれをジョアとして市販開始。 こらフルーチェ、責任者出てこい!
 なんだ、私の発想間違ってなかったんやん、という記憶が蘇りました。

 ということはまだ進化させねばならんのか>玉子かけパスタ
 
Eggpasta3 
 なんか、いくら写真撮ってもあんまり代わり映えしない...

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »