« アニメで見かけた古典物理学 | トップページ | カードがちょっと危なかったらしい »

玉子かけパスタ

 こないだ、昼過ぎまで自宅で仕事。
 これ終わったら軽く昼飯食わないと、とその日の自宅食糧事情を思い起こすと、炊飯器にご飯は無し。 蕎麦とか冷麦とかあったような、と戸棚を開けるも在庫切れ。 あるのはパスタのみ。 でもソースなどの類は無し。
 あ〜、何か買いに行こうか、と思いつつそれも面倒くさい。 

 パスタ? そういえば中高校生時代、腹ペコで家に帰ってきたのに誰もおらず、我慢できなくてパスタ茹でてウスターソースぶっかけて食ってました。 いえ、それはそれで美味しいのです。 懐疑的な顔をしたあなた、一度お試しあれあれ稗田の阿礼。

 が、ちょっとそれを今やるのもなぁ、と冷蔵庫を眺めると玉子はある。 ニンニクもあるのでベーコン無しペペロンチーノは可能だけど、フライパン洗うのも面倒。
 そして思いついたのは玉子飯。 今日もご飯さえあれば大好きな焼きたまごめししてたはずですから、この知恵をパスタに役立てないものかと。
 
 となれば話は早い。 茹で上がったパスタによく溶いた玉子を一個と醤油適量。
 それだけだと黄色と黄色で色味がないので、青のりと塩昆布を撒く。
 おっと、いい感じ。 やっぱり俺って天才?
 
 と思って口に入れると...
 食感は玉子のおかげでスルスルと食べられるんだけど、肝心の味がなんか少し違う。

 決して不味くはないんだけど、なんか足らない。
 多分塩をかければごまかせると思うんだけど、玉子飯にはそんなに塩をかけないから、それはちょっと違うかな、と考えるに、同じデンプンながら米系と麦系で味の出方、甘みの出方が違うのかもしれません。

 う〜む、惜しい。 引き続き開発を続けよう...

Eggpasta

|

« アニメで見かけた古典物理学 | トップページ | カードがちょっと危なかったらしい »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニメで見かけた古典物理学 | トップページ | カードがちょっと危なかったらしい »