« 電子工作で灯明の単一電池を節約 | トップページ | カーシェアリング雑感 »

カーシェアリング二台目は日産ノート

Note01

 W202の廃車手続きに行かねばならないので、ついでにホームセンターやらなんやらと車がないと不便な用事をまとめた上で、二度目のタイムズのカーシェアリングを利用しました。 折角なので前回とは違う車を、ということで日産ノートを四時間の予約で選択。

 乗り出し直後、スイフトで気になった過敏なスタート時のアクセル設定は、こちらも感じるものの、後退時も含めて、わっと驚くほどではありません。 まぁこれなら四人フル乗車時を考慮した、と開発陣に言われたらギリギリ納得できる範囲内かとも思えます。

 秀逸なのはSPORTモードを選んだ時のCVTの挙動。 最初、これ以上アクセルが過敏になって困ると思っていたら、ONにしてみるとエンジンではなく変速制御を変更するものとわかりました。 基本的にはシフトアップを遅らせ、ローギアード気味に寄せるもので、おかげでダラダラと流れる市街地を頻繁にブレーキに踏み換える必要もなく、まるでMTのように右足だけでコントローラブルに走ることができました。
 足回りもスイフト同様、少々固めながらしっかりした好印象なものです。
 
 一方で残念だったのはシートの出来。
 走り出して間も無く腰に違和感を感じ、あわてて意識して腰をシートバックに強く押しつけるようにしたものの、その日の夜まで違和感が残りました。 長時間乗ると間違いなく腰を痛めると思います。
 もう一つ、ブレーキの感触がカックン気味で、上記SPORTモードでのCVT制御が秀逸ゆえに、ふとペダルを踏み替えると少々過敏に感じる効きを覚えました。

 面白かったのがあっというまにベーシッククラスで定着した感のあるアイドリングストップ。 これってエンジンが止まるとエアコンはどうなるんだろう?と単純な疑問を持っていました。 するとやっぱりコンプレッサーが止まって暑くなります。 当たり前と言えば当たり前。
 これじゃ渋滞の街中で困るんじゃない?と首を捻ってたら、なんてことはない、サイドブレーキを引いてブレーキペダルから足を離したら即エンジンがかかってコンプレッサーも稼働しました。 あぁ、こうやったら能動的にアイドリングストップをコントロールできるんだと妙に納得。 でもセルモーターとバッテリーの負担増はハンパないでしょうねぇ。
 
 前回15分ほどかかったBluetooth経由でのiPhone接続は、今度は5分ほどで終わりましたが、やっぱり飛び込みでセットするのは簡単ではありません。
 
 最後に大いに感心したのがリアのレッグルームの広さ。 身長170cmの私が運転席で比較的ゆったりと足を伸ばしているにもかかわらず、その後ろにはたっぷりとした広さが残っており、さらにシート自体の前後長も十分でした。 いや、これW202より広いです。

Note02

 ということで、なかなか好印象だったノート。 しかし唯一の欠点であるシートの造りは、最大の欠点でもあり、自家用車としてはもちろん、カーシェアで長距離利用するのはこれだけで躊躇してしまいます。 なんでだろうなぁ... 日産に限らず日本車メーカー、いろんな欧州車を買ってはバラし、買ってはバラしをなんのためにやってるんだか。
 何せ日本人は腰掛ける生活を始めてたったの150年しか経ってないのです。

|

« 電子工作で灯明の単一電池を節約 | トップページ | カーシェアリング雑感 »

」カテゴリの記事

コメント

あと、プリウスのシフトセレクターは、前後スライドとかギザギザのゲート式と違って、ジョイスティックみたいに常にセンター直立です。日産リーフと同じような感じです。
乗り慣れないと非常に違和感があります。
が、マイカーになって一週間も乗れば完全に慣れて、意外に便利でこれもアリだなと思えてきます。
ただ、最初は非常に扱いにくいので、是非これも体験してみてください。最初の印象はボロクソだと思います。
ジョイスティックみたいなシフトセレクターは先代も現行も同じです。

投稿: DS | 2017年6月 8日 (木) 12時23分

チャリなら兎も角バス電車で行くのは面倒ですね。それなら現行プリウスをディーラーで試乗するのも面白いと思いますよ。白黒ツートンのインテリアの車種に当たれば、フロントガラスに映りこむ白色にトヨタの内装センスを感じることも出来ます。(トヨタに対する皮肉です)
肝心のエンジンのフィールは先代も現行も大きな違いはないです。
「いまは買う予定はないのですが、試乗させてもらえますか?」と聞いてダメと言われたことはないですし、しつこく売り込みされたこともないです。住所氏名を含むアンケートと免許証の提示ぐらいは必要でしょうけど。
もし試乗後にセールスされたら、いい車なので宝くじ当たったら買いに来ますね。でOKです。

投稿: DS | 2017年6月 8日 (木) 08時36分

プリウス、興味があるんですが、検索すると私の住んでいる近所にはなくて、わざわざ電車かバスが必要になります。
そこに行くのに身近なところからシェアリングし、さらにプリウスを借りるって酔狂なプランもないわけじゃないですが...

同じメーカー/車種でアクセルのセッティングがそんなに違うってのもまた問題ですねぇ。 トヨタとレクサスの違いってのならともかく。

んなこと考えてたら、ますますプリウス乗りたくなって来ました。

投稿: あやおば | 2017年6月 8日 (木) 02時17分

ネットで見てみたらタイムズのカーシェアリングは結構いろいろな車種があるんですね。
一度、プリウスに乗ってみてください。
トヨタで一番たくさん売れている車のアクセルレスポンスは意外と穏やかで乗りやすいです。
私のエスティマHVも踏み始めが穏やかで少々ラフに踏んでも過敏に反応することがないので非常に乗りやすいです。
ただ、エスティマもガソリン車はアクセル数ミリを微妙にコントロールして走らなければならない過敏な設定です。どうして同じトヨタのエスティマなのにガソリン車とHV車でこれほど設定が違うのかと思うほど違います。

投稿: DS | 2017年6月 7日 (水) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電子工作で灯明の単一電池を節約 | トップページ | カーシェアリング雑感 »