« カーシェアリング二台目は日産ノート | トップページ | その後のうめきた外れの謎工事 »

カーシェアリング雑感

 なんか車の感想ばかりで、カーシェアリングそのものの感想を書いていませんね。
 これまでたった二回の利用ながら、大阪で言う「せわしなさ」は感じます。 つまり「時間が気になって落ち着かない」と。

 車のメリットの一つに移動の自由というのがあるのですが、シェアリングでは時間の自由がありません。 「ここまで来たんだからついでにあそこに寄って行こう」「まぁ慌てなくてもいつか着くさ」的自由が。
 むしろ「平日のあそこには余裕を見て何時間、現地で一時間かかるとして...」という公共交通的感覚を感じます。

 利用料金は実際に利用した時間分だけですから、仮に四時間想定ならいっそ八時間くらい予約を取っておけば、そういうなんとも言えない「電車に乗り遅れたらどうしよう」的不安はかなり軽減されるのかもしれませんね。 でも根が真面目なもんで、それはそれで他の利用者に迷惑なんじゃないかと思ってもみたり。

 んで、たまたまなんですが、この日、偶然目の前にTimesのステッカーが貼られたシェアリングカー、それも同じ日産ノートが走っているのに遭遇しました。 これが確立的にどういう意味を持つのかわからないながらも、なんかじわじわとこういう車の使い方も定着しつつあるのかな、とも思います。
Times02
 
 でもそうなるとますます消費者の車に対する「シロモノ感」が拡大し、良い車とか面白い車ってのが要らなくなるんだろうなぁ、と古い自分の発言をほじくりながら思うのでした。

|

« カーシェアリング二台目は日産ノート | トップページ | その後のうめきた外れの謎工事 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カーシェアリング二台目は日産ノート | トップページ | その後のうめきた外れの謎工事 »