« 2017年5月 | トップページ

カードがちょっと危なかったらしい

 昨日、私の知的生活に欠かせないWindows用アプリケーションの更新をしようとすると、更新失敗のメッセージが。 やれやれ、もう一度やってみるか、と座り直したら自宅の固定電話に着信。
 発信番号を見たら、更新に使用したクレジットカードの本社がある市外局番からでした。 にしても直後に?しかもわざわざ?とちょっと懐疑的に電話に出ました。

 すると、やはり相手は今しがた使用したばかりのカード会社で、実は私のカードが海外からの違法使用の疑いがあって監視されていたとのこと。 実際、今月頭にアメリカの家具会社から数十ドルの請求があり、これは明らかな偽装の証拠があったので使用拒否され(もちろん私も使った覚えがない)、以後監視していたら今回の私の海外への使用申請があったので、すぐに電話したのだとか。

 いや、待てよ?
 この電話そのものが更新サイトとグルになった詐欺という可能性もないわけではありません。 しかし先の発信番号の市外局番以外に、web上で入力しなかった具体的なカードサービス名(例:カード会社はJCBなんだけど、ブランドはHONDAカードとか)を名乗っていたことなどでとりあえず信用することにして対応。

 曰く、どこかでカード番号(もしかすると裏面のセキュリティコードも?)をスキミングされ、少額で使用可能か確かめた後、パスしたら本来の高額偽装利用される可能性が大なのだとか。
 で、カード会社としては契約内容はそのままに、新たなカード番号とカードを再発行したいということです。 まぁ、そういうことなら仕方ないと許諾。
 ただし、もともと今回のカードは相手がVISAでないと受け付けないので利用したわけで、これだけは利用できないと困る、と言うと相手も心得たもので、一旦パスルートを開けるから、それが通った後に処理を進めるとのこと。 うん、それはそれでありがたい。 
 ということで、所定の更新は終わり、同時に数週間このカードが使えなくなりました。

 ただね。
 このカード、もともとはイオン系GSでガソリンを入れるだけに使ってて、それがたまたま近所のダイエーがイオンになったのに伴ってWAONも含めた食費専用カードとした経緯があります。 よって本来の買い物用カードは他にあるので(こちらはMaster系)、今問題になっているカードで情報が漏れる可能性はたったの二箇所に絞られます。 
 片や昨年今回と同様に更新したこのアプリで、引き落とし会社名にBEIJINGの名前。 残りはApple。 どうみても前者、怪しいでしょう。
 つまり、監視対象になった原因となる少額詐欺というのは口実で、今回契約したこの会社との取引そのものが監視対象になっているのかもしれません。

 と、仮定するとちょっと怖いんですよね。
 なぜなら、勘のいい人は既に薄々感づいておられるかもしれません、私の知的生活に欠かせないWindows用アプリってのは赤いきつねですから。
 とりあえず今回のカード会社のアクションはありがたいと感謝すると同時に、このサイトがカード情報を横流ししているとか、近年監視を強める公的機関にきつねユーザーである情報が流れているとしたら??...

Ccard2

| | コメント (0)

玉子かけパスタ

 こないだ、昼過ぎまで自宅で仕事。
 これ終わったら軽く昼飯食わないと、とその日の自宅食糧事情を思い起こすと、炊飯器にご飯は無し。 蕎麦とか冷麦とかあったような、と戸棚を開けるも在庫切れ。 あるのはパスタのみ。 でもソースなどの類は無し。
 あ〜、何か買いに行こうか、と思いつつそれも面倒くさい。 

 パスタ? そういえば中高校生時代、腹ペコで家に帰ってきたのに誰もおらず、我慢できなくてパスタ茹でてウスターソースぶっかけて食ってました。 いえ、それはそれで美味しいのです。 懐疑的な顔をしたあなた、一度お試しあれあれ稗田の阿礼。

 が、ちょっとそれを今やるのもなぁ、と冷蔵庫を眺めると玉子はある。 ニンニクもあるのでベーコン無しペペロンチーノは可能だけど、フライパン洗うのも面倒。
 そして思いついたのは玉子飯。 今日もご飯さえあれば大好きな焼きたまごめししてたはずですから、この知恵をパスタに役立てないものかと。
 
 となれば話は早い。 茹で上がったパスタによく溶いた玉子を一個と醤油適量。
 それだけだと黄色と黄色で色味がないので、青のりと塩昆布を撒く。
 おっと、いい感じ。 やっぱり俺って天才?
 
 と思って口に入れると...
 食感は玉子のおかげでスルスルと食べられるんだけど、肝心の味がなんか少し違う。

 決して不味くはないんだけど、なんか足らない。
 多分塩をかければごまかせると思うんだけど、玉子飯にはそんなに塩をかけないから、それはちょっと違うかな、と考えるに、同じデンプンながら米系と麦系で味の出方、甘みの出方が違うのかもしれません。

 う〜む、惜しい。 引き続き開発を続けよう...

Eggpasta

| | コメント (0)

アニメで見かけた古典物理学

 先の話の元々のきっかけは、放送大学の授業を聞いていて日中の空の色が青であることの原因がレイリー散乱である、という一節。(得意じゃない分野の話を書こうとするとウラ取るのが大変で、効率が悪いです。)

 あれ?これ何かのアニメで聞いたような、と検索をかけたらアルドノアゼロでイナホがアセイラム姫の間違った知識を訂正するシーンでした。
 この時はレイリー散乱だけでなく、雲が白い理由であるミー散乱にも触れていて、恥ずかしながら、ライブでこのシーンを見ていた時には私は全くそのセリフの意味を理解していないことに今更ながら気がつきました。

 一方の授業の方は、自由電子の散乱であるトムソン散乱にも触れており、いやもっと数学が理解できたらワクワクできるんだろうなぁ、と。 いえ、( ^ω^ )などで使う顔文字の鼻のwみたいなのがオメガと呼ばれる記号だったと初めて知ったくらいですから...(いや普通オメガといえば時計で有名なΩだろうて)
Math2

 で、SFには欠かせない、言い換えるとこいつさえなければもっとSF世界にリアリティを感じられたのに、というアインシュタインの相対性理論。 モノは光の速度を超えられんのだよなぁ、よって外宇宙にも行けなければ時間を支配することもできない、というわけです。
 ところが、たった1%程度の理解であっても、光は屈折することで遅延する、だとか、ブラックホールで時間空間がゼロになる、という相対性理論の限界があることはわかりました。 そしてそれを解決する鍵は量子論かもしれないという希望(?)をも知ると、いや、NASAがワープを真面目に研究しているというのもただの無駄遣いじゃない気がしてきました。
Math3

 その一方、相変わらず未来からは人間はおろか単純なメッセージすら「今」に届いてないし、光年を超えて地球外生命が来た痕跡もないしという事実を省みると、やはり古典物理の限界は厳然たる限界なのかという絶望もかき消せません。
 
 放送大学の他の授業で、地球の属する銀河系を包む球体のことをハロと呼ぶことを知りました。 あぁ、これがあの日本のアニメ界の代名詞である作品の(時にSEEDではうっとおしくもあった)球体名の語源であったかと思うと、この散乱と言い、アニメ業界の制作者たちは日々の食うことすらままならない生活にあっても、これまでどこまで無駄知識を蓄えてきたのかと、ただただ尊敬するばかりです。
 
 「知識は必ずしも飢えを凌いでくれるとは限らない。しかし他人ひとに感銘を与えることはできる」
 
 ってか。
 
※引用:放送大学「場と空間の物理 〜電気、磁気、重力と相対整理論〜」

| | コメント (0)

99%わからないのが面白い

 つい先日見終わった放送大学の科目に、「場と空間の物理 〜電気、磁気、重力と相対整理論〜」というのがあります。
 いえ、理系に憧れる文系、と私はよく書いているように、言い換えると高等数学は全く理解できておらず、数学に深く依存する古典物理学も分かるはずがありません。
 
 ただ、現在のSFやアニメの必須アイテムと言える、時間移動、ワープを含む空間移動、平行世界などはすべて物理に依存しており、まぁ何かの足しになれば、と思って見ることにしたのでした。
 ことさら自分のアホさを誇るようなつもりはないものの、これが全くというか、99%わからない。
 
 もちろん講師はちゃんとした日本語で話しているのですが、次々出てくる数式がまるでエジプトの古代文字のようにしか見えません。 微分積分くらいならともかく、オメガ、イプシロン、ラムダ、タウに至っては、え?確かにフォントの記号にそんなのありましたね、程度の恥ずかしさ。
 
 テンソルってなんだったけかなぁ...、とググってもwikiってもわからない。 そんなの習ってないよ〜、と思ってたら、いやどうやら高校の数学で習っているようです。 あ、行列の理解も今ひとつだった私ですから、多分このあたりで数学に完全挫折したのを再認識しました。

 ところが面白いのがさらに進んでゆくと、あの冷酷なまでに厳格な数学が急にいい加減になってきます。
 曰く「ここはほとんどゼロなのですが、ゼロでは矛盾するのでゼロではないけどゼロみたいなものを置いて」とか「これとこれはほぼ同じなので」とか、おい!!!!「ほとんど」とか「ほぼ」とか使っていいのかよ!
 で、ここで思い出すのは数IIIの授業で出て来たΔt(デルタティー)。
 なんでも「限りなく短いけどゼロじゃない時間」なんだとか。 この時すでに教師に嫌われていた私ですが、臆さず質問して見たけど「そんなもんだと理解しておけ」という答え。 なんじゃそれ。

 で、今になって思うのは、数学はどんどん進んでゆくと、突然曖昧な概念が混じってくるのではないかということです。 ゆえに、それを教える教師はむしろ文系的理解と説明力が必要とされるのかもしれません。 しかし数学の教師になるくらいだからそういう才覚に恵まれている確率は低く、故に日本人が高等数学を理解できなくなる、嫌いになる理由の一つなのではないかと思ってしまいました。
 
 あっ、レイリー拡散とかミー拡散をアニメにひっかけ、最後はワープ航法に繋げようとしたのに長くなってしまった。

 かように、99%わからないというのはむしろ楽しい、というお話です。
Math

| | コメント (0)

ちょっとブルー

Blue 本日、運転免許証の更新に行って来ました。
 あぁ、ゴールドだから講習は30分ほどで終わりね、と通知ハガキを開いてよく見たら、免許の色が「青」になっていました。
 
 ブルー...
 
 はるか昔に進入禁止で捕まったことがあるけど?という疑問を見透かすように、通知には直近の違反が記してあって、日付を見ると二年前の1月。 おや、まだそんなもんだったか。 仕方ない。
 
 ついでにその違反時の状況、進入禁止の標識がロービームでは見えにくかったこととか、そもそもなんでそんなところに行ったのか、などが思い浮かんで来て少しどんより。
 最近、可能な限り嫌なことを思い出さないようにしてるんだけどね。
 
 講習は昔みたいに、優良運転者が一回30分で見るビデオをもう一回見せられる、というような下らないものからは少し進化していて、おかげでなんとかうたた寝せずにすみました。
 
 すでに自動車保険も解約したから(割引率など)何も困ることはないとは言え、つまらんことです。

| | コメント (0)

瑞風の排気音がグッとくる

 こないだベランダでごそごそしてたら、背後のJRの方からドロドロドロという排気音が聞こえて来ました。
 最初は智頭急行のHOT7000が徐行でもしてるのか、と思ってたら、それがドロドロドロ、ドロドロドロ、ドロドロドロと何度も聞こえるので、何事?と顔を上げて振り返ったら瑞風が貨物線をゆっくりと加速してゆくところだったと知りました。
 ハイブリッド故か車速とあまり比例しない、音質も通常のガーッという感じの高音質がなくて、アメリカンV8のような野太い音が印象的でした。
 
 で、不思議なのはその音の数。 今この記事を書こうとしてwikiなどのページを確認したら、発電用ディーゼルエンジンは前後の2両のみに搭載という記載も見られます。
 が、私の聞いた限りではもう少しエンジン音の数が多かったような、つまり中間動力車の2両にもエンジンが搭載されているのではないかという気がしました。
 
 どちらにせよその音はディーゼルらしからぬというと変ですが、なかなか魅力的で、例えば伯備線のような山間路線を全力で駆け登るような時にはSL並みとは言わないまでも、腹に響くような迫力を感じられるのではないでしょうか。
 
 多分この音は乗ってしまうと味わえないと思います、と負け惜しみ...

| | コメント (0)

その後のうめきた外れの謎工事

 前回から二ヶ月経過し、どれくらいウメキタの謎工事が進んだのか興味津々。 が、思ったほど進展はしていませんでした。 というか、何ができるのかよくわからないのです。
 
 黄色い枠の部分は明らかに線路の下に暗渠というかアンダーパス的な掘り込みが完成しています。 しかしその先は左右(南北)に細い溝状のものが波板鉄板で仕切られており、車両はもちろん、人も快適に通れそうにないようです。
Umeda11

 しかも南端はぷっつりとその溝も途切れていて、豪華キャンプ場ができるとかのニュースもありましたから、もしかすると下水などのインフラ整備なのかもしれません。
Umeda13

 ただ、その割にはアンダーパスのこちら側の駐車場には大型重機が止められていて、なぜかぽつんと立っているテントの中に警備員が一人座っているというちぐはぐぶり。 下水をこちらに流し込んで駐車場に浄水施設でもつくるのでしょうかね。
Umeda14
 
 一方、駅になる方は、いわゆる開削工法というか、地下線路が通る部分を上から切り開いてトンネルを作り、その後埋めもどす方法のため、どこを線路が通るのか一目瞭然になって来ました。 見る限り直線は見られず、なだらかなカーブ状のプラットホームになるかもしれません。(遠いのでよく見えない)
 工事塀に掲げられているパネルを見る限りでは、上下二線になるのか貨物用を加えた四線になるのかよくわかりません。(間に柱状の仕切りが入るため、三線にはなりにくい構造)
Umeda12

 んで、南端、戦前から建つ日本通運ビルの端には大きな建築設備がおっ立っていて、こちらは恐らく福島への地上出口の工事なのだと想像できます。(上から2枚目の写真の黄色矢印)

| | コメント (0)

カーシェアリング雑感

 なんか車の感想ばかりで、カーシェアリングそのものの感想を書いていませんね。
 これまでたった二回の利用ながら、大阪で言う「せわしなさ」は感じます。 つまり「時間が気になって落ち着かない」と。

 車のメリットの一つに移動の自由というのがあるのですが、シェアリングでは時間の自由がありません。 「ここまで来たんだからついでにあそこに寄って行こう」「まぁ慌てなくてもいつか着くさ」的自由が。
 むしろ「平日のあそこには余裕を見て何時間、現地で一時間かかるとして...」という公共交通的感覚を感じます。

 利用料金は実際に利用した時間分だけですから、仮に四時間想定ならいっそ八時間くらい予約を取っておけば、そういうなんとも言えない「電車に乗り遅れたらどうしよう」的不安はかなり軽減されるのかもしれませんね。 でも根が真面目なもんで、それはそれで他の利用者に迷惑なんじゃないかと思ってもみたり。

 んで、たまたまなんですが、この日、偶然目の前にTimesのステッカーが貼られたシェアリングカー、それも同じ日産ノートが走っているのに遭遇しました。 これが確立的にどういう意味を持つのかわからないながらも、なんかじわじわとこういう車の使い方も定着しつつあるのかな、とも思います。
Times02
 
 でもそうなるとますます消費者の車に対する「シロモノ感」が拡大し、良い車とか面白い車ってのが要らなくなるんだろうなぁ、と古い自分の発言をほじくりながら思うのでした。

| | コメント (0)

カーシェアリング二台目は日産ノート

Note01

 W202の廃車手続きに行かねばならないので、ついでにホームセンターやらなんやらと車がないと不便な用事をまとめた上で、二度目のタイムズのカーシェアリングを利用しました。 折角なので前回とは違う車を、ということで日産ノートを四時間の予約で選択。

 乗り出し直後、スイフトで気になった過敏なスタート時のアクセル設定は、こちらも感じるものの、後退時も含めて、わっと驚くほどではありません。 まぁこれなら四人フル乗車時を考慮した、と開発陣に言われたらギリギリ納得できる範囲内かとも思えます。

 秀逸なのはSPORTモードを選んだ時のCVTの挙動。 最初、これ以上アクセルが過敏になって困ると思っていたら、ONにしてみるとエンジンではなく変速制御を変更するものとわかりました。 基本的にはシフトアップを遅らせ、ローギアード気味に寄せるもので、おかげでダラダラと流れる市街地を頻繁にブレーキに踏み換える必要もなく、まるでMTのように右足だけでコントローラブルに走ることができました。
 足回りもスイフト同様、少々固めながらしっかりした好印象なものです。
 
 一方で残念だったのはシートの出来。
 走り出して間も無く腰に違和感を感じ、あわてて意識して腰をシートバックに強く押しつけるようにしたものの、その日の夜まで違和感が残りました。 長時間乗ると間違いなく腰を痛めると思います。
 もう一つ、ブレーキの感触がカックン気味で、上記SPORTモードでのCVT制御が秀逸ゆえに、ふとペダルを踏み替えると少々過敏に感じる効きを覚えました。

 面白かったのがあっというまにベーシッククラスで定着した感のあるアイドリングストップ。 これってエンジンが止まるとエアコンはどうなるんだろう?と単純な疑問を持っていました。 するとやっぱりコンプレッサーが止まって暑くなります。 当たり前と言えば当たり前。
 これじゃ渋滞の街中で困るんじゃない?と首を捻ってたら、なんてことはない、サイドブレーキを引いてブレーキペダルから足を離したら即エンジンがかかってコンプレッサーも稼働しました。 あぁ、こうやったら能動的にアイドリングストップをコントロールできるんだと妙に納得。 でもセルモーターとバッテリーの負担増はハンパないでしょうねぇ。
 
 前回15分ほどかかったBluetooth経由でのiPhone接続は、今度は5分ほどで終わりましたが、やっぱり飛び込みでセットするのは簡単ではありません。
 
 最後に大いに感心したのがリアのレッグルームの広さ。 身長170cmの私が運転席で比較的ゆったりと足を伸ばしているにもかかわらず、その後ろにはたっぷりとした広さが残っており、さらにシート自体の前後長も十分でした。 いや、これW202より広いです。

Note02

 ということで、なかなか好印象だったノート。 しかし唯一の欠点であるシートの造りは、最大の欠点でもあり、自家用車としてはもちろん、カーシェアで長距離利用するのはこれだけで躊躇してしまいます。 なんでだろうなぁ... 日産に限らず日本車メーカー、いろんな欧州車を買ってはバラし、買ってはバラしをなんのためにやってるんだか。
 何せ日本人は腰掛ける生活を始めてたったの150年しか経ってないのです。

| | コメント (4)

« 2017年5月 | トップページ