« 2017春アニメは豊作(2) | トップページ | TBC(タブチ)の水栓も交換 »

グループ対抗webアプリをscratchで

 色々な都合でG/W中にも授業があり、時間割も変則的、いつもなら広告専攻とweb専攻で分かれている生徒達を一つにまとめて面倒を見なくてはならなくならず、どうせなら何か面白いことができないかと画策。
 
 二コースともにDTP検定に向けての授業を持っているのですが、この合格率がこのところ横ばい。 それについて特に上からああだこうだとは言われないものの、良いことではありません。
 その対策として、座学だけではなく、小テストなどをもっと小刻みに挟まねばならないね、とは話し合っているんだけど、作るのも、実施するのも、採点するのも結構大変で、なかなか時間が取れません。

 そこで、たまたま二クラスを一つの教室に収めたのを機会に、プロジェクターで検定の過去問を投影、正解した生徒に挙手をさせて両コースで競わせようと考えました。
 ところが、両コースで生徒数が違い、単純な正解者数だけで優劣をつけるわけには行きませんから、生徒数で割った正解率と比較することになります。 となると、計算が必要となる。 ならば、とこういうときこそscratchを使って計算、さらに興味づけのために面白おかしき演出を加えた、グループ対抗webアプリを作りました
 
Gyouji スクリプトの大まかな構成は二時間程度で、さらにブラッシュアップとスプライトの絵、音などでさらに時間はかかったものの、やっぱり学生はゲーム世代ですね。 こういう単純な仕掛けでも昼休みを挟んだ眠たい時間だったにもかかわらず、結構楽しそうにワイワイ楽しんでくれました。

 以前にも授業用としてscratchで本読み用乱数呼び出しアプリってのを作って、それはそれで今でも自分の授業で愛用してます。 ただし、今回のは当然ながら変数が必要で、その入出力、if文による比較判定など、初歩のプログラミング要素だけで実用的なアプリが完成しました。 こういうのはホント、子供向けのプログラミング授業に丁度良い感じのクエストでもありますね。

 今、人材サービス会社のテレビCMにS.ウォズニアックが出てるけど、彼がApple創始者の一人として得た莫大な利益を子供向けの教育に腐心し、なぜだかいつも楽しそうにしている姿が思い浮かびます。

|

« 2017春アニメは豊作(2) | トップページ | TBC(タブチ)の水栓も交換 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017春アニメは豊作(2) | トップページ | TBC(タブチ)の水栓も交換 »