« グループ対抗webアプリをscratchで | トップページ | はじめてのカーシェア »

TBC(タブチ)の水栓も交換

Plug 半月ほど前、突然キッチンの蛇口のレバーが非常に硬くなりました。 水漏れはないものの、日々の炊事に使うところなのでこれは不快。
 
 七年前に自分で交換した風呂場のサーモ水栓はKVKのものでしたが、今回はTBCというメーカー。 こちらは単に水/湯混合で複雑な機構ではないとはいえ、20年近く持ったわけで、大したものです。

 例の有名エステを掻き分けTBCで検索すると、どうやらタブチというメーカー製であることが判明。 蛇口の品番(AD-SU627)で検索すると廃番になっているものの、肝心の水栓カートリッジは600シリーズ共通でSP600MPSなのだということが判明。
 ただし、タブチのサイトではここまでで、購入は別途探さなくてはなりません。
 
 あまりにも専門的すぎるのか、いつものamazonでは取り扱いがなく、Yahoo!ショピングで発見。 聞いたことのないショップですが、注文するとG/W明けにあっさり商品が届きました。

 一方で取り替え説明書は、先のタブチのサイトにPDFへのリンクがあり、それを見ると、七年前の風呂場水栓交換に比べると非常に簡単そうなのがわかり、安堵。
 実際に使用したのは、小さいマイナスドライバー(レバー上部のカバー用)、普通のプラスドライバー(カートリッジとレバーを切り離す)、大きなモンキーレンチ(カバーナットを緩める)、大きなプライヤー(配管が共回りしないように固定)の四つだけ。
 ありがちなナットの固着もなく、あっさり分解。 目につくところを清掃して元通りに組み上げればあっという間に作業完了でした、

 実は上記七年前に、微量ながら水が漏れてきた洗面台用のカートリッジも替えるべくKVKのを購入しているのですが、こちらは洗面台下部から作業する必要があり、その専用工具を買えずにそのままになっています。
 今回のTBCはレバーと蛇口が一体、KVKは水の吐き出し口が別にあり、カートリッジの組み込み高さが相対的に違うことがわかり、なるほど、と。 いえ、だからと言ってKVKの設計が悪いのではなく、こちらはこちらでレバー部の背が高いと横から生えてる吐き出し口の邪魔になるので必然なのでしょう。
 
 ということで、珍しく何のトラブルもなく作業終了。 いえ、でもカートリッジをよくよく見ると、こんな小さい穴でよくもあれだけの水量を制御できるな、と感心します。 さらに昔の蛇口よろしくギュウギュウ締めこまなくても完全に水を止められることなど、小さい部品なのに定価が5千円を超えるのも今では納得できます。

|

« グループ対抗webアプリをscratchで | トップページ | はじめてのカーシェア »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グループ対抗webアプリをscratchで | トップページ | はじめてのカーシェア »