« IPv6は数倍速い(3) | トップページ | 我もまたあほなり »

今回のサイバー事件は怠惰の炙り出し

 日本のG/W中に起こった世界的なウイルス被害、マスコミは病院の手術ができなくなったとか、自動車工場の生産が止まったとか、大騒ぎをしていました。
 被害の詳細が報じられてゆく中、どうやらOSがWindows XPであること、そしてMSの配布しているセキュリティパッチを当てていないことが原因として絞られてきました。
 以下、あくまで上記が原因だったと仮定しての話。
 
 であれば、世界中の怠慢情報管理者(社)を炙り出しただけの話で、同情の余地などありません。 「攻撃」と形容することが滑稽ですらあります。

 XPですよ? MSはしつこいほどの衆知徹底を行い、さらに予定を伸ばして2014年4月にサポートを終了しました。 もう三年も経っています。 その後ログインするたびにサポート終了メッセージが画面に出てきているはずで、知らなかったとは言わせません。

 さらにMSは、今回のような被害を防ぐためのセキュリティアップデートを今年の三月にも提供したというお節介なほどありがたい話もあります。 つまり三年前にサポート終了したシステムを使い続け、さらにセキュリティアップデートすら当てていなかったと。
 むしろどうやったらそんな脳天気な感覚で仕事にパソコンを使えるのか、詳しく話を聞いてみたいものです。

 医療機関がそのようなずさんな情報インフラ管理をしていたこと(していなかったこと)はむしろ患者に対する加害だとも言えます
 また、ルノーや日産の英国工場も、C.ゴーンに億単位の報酬を払う余裕があるのなら、そのうちの1%で良いからシステム更新に充てれば済んだ話で、株主は経営責任請求でも起こしてやればいいのに。
 
 また、マスコミも視点がボケており、北朝鮮の情報テロだとか、NHKのラジオなんかは、これだけまだ社会に残っているOSのサポートを、マイクロソフトは製造物責任者として続けるべきだとか曰ってました。
 残っているのがおかしいことに気がついていない。 怠慢な消費者を弱者と勘違いしています。

 実話としてよく学生にする話で、こういうのがあります。(前にも一度書いたかも)
 新大阪から大阪空港に向かうリムジンバス。 乗り場にも社内にも看板、乗車前の場内アナウンス、そして発車前の車内アナウンスでも「このバスは関西空港には行きません」と告げていました。 にもかかわらず大阪空港に到着直前に初めて気づいて大騒ぎする大人男性二人組。
 
 「目の前に穴がありますよ〜」と何度注意してあげても落ちる人は落ちる。 そんなの相手にいくら手間をかけても無駄。 むしろ落ちて痛みを知ればいいのです。 
 
 あほとちゃうか。


(※直後にカスペルスキーが感染したOSのほとんどはWindows7だったという発表をしましたが、パッチを当てていれば防げたという論旨は同じなので特に訂正はしません)

|

« IPv6は数倍速い(3) | トップページ | 我もまたあほなり »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

社会問題」カテゴリの記事

コメント

 Windowsのセキュリティアップデートって、大事な取引先とのプレゼン中に勝手に始まってしまうほど図々しいのに、それを当てていないのがあれだけ多いってのが腑に落ちません。
 
 思うに、多くは違法コピーモノだったんじゃないかと。
 以前、企業から貸与のWindows7マシンが、何かの理由で突然違法コピー扱いとなりました。 こうなるととりあえずマシンは動くものの、画面が真っ暗になり、MSEはもちろん、定期のセキュリティアップデートも働かなくなったと記憶しています。
 これを有効にしてしまうと、OSを有償販売しているMSのレゾンデートルは無くなってしまうので、仕方がないことかと。
 で、おそらく今回これが多くの原因ではないかと。
 
 で、仮にそうだったとるすると、ルノーや日産などが違法使用していたってこと??

投稿: あやおば | 2017年5月25日 (木) 03時35分

しかし、今回感染した殆どがWindows7なんだそうな・・・
それでも、不安定になるからとか言って、アップデートをしない人が結構居ますよね。

私も仕事でPCを使っているので、アップデートは毎回ちゃんとやってますし、ウイルス対策ソフトも最新の物を使っていますが、建築って職業柄か大雑把な管理のPCが多いでしょうかねぇ。

なので、仕事用のアドレスには怪しいメールが毎日届きます。

大手ゼネコンはそれなりに対策してるようですが・・・

投稿: いんて | 2017年5月23日 (火) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IPv6は数倍速い(3) | トップページ | 我もまたあほなり »