« なぜか娘が突然カレーを | トップページ | 電子工作で灯明の単一電池を節約 »

今時の学生のパソコン充電感覚

 昨年あたりから気づいてたことに、学生の充電器の使い方があります。
 学生に自分用のノートMacを購入させるようになってもう十年以上経ち、朝自分の席に着くと同時にカバンからMacを出し、次いで充電器を身近なタップに刺して、というのがずっと見慣れた風景でした。
 もちろん、私も自宅のMacBook Pro. Retinaが机の上にある間は常に充電器を刺しています。
 
 ところが昨年度あたりから、授業の途中で突如あたふたと充電器をカバンから出してセットする学生が増えてきました。 つまり容量が減って来たら充電を開始する、というスタイルです。 中には充電器を持参せず、周りの友人から貸してもらうというのもいます。

 近年のノートマシンの電池使用時間が延びたという背景があるものの、そうか、彼らはパソコンを携帯電話と同じ感覚で捉えているんだと気がつきました。 確かにiPhoneを特にヘビーに使い倒さない私はiPhone用充電器を持ち歩きません。
 学生に聞くと、その日のカリキュラムにもよるものの、朝満タンだったら重い作業をしない限り授業終了までMacBook Proの電池は持つそうです。 ただし同時に携帯にも電気を分けるのはさすがに無理で、彼らにとってはMacと携帯のためにMac用充電器を持参するか、軽快さを重視して携帯用充電器のみで登校するかが悩みなんだとか。 さらにヘビーな携帯ユーザーには外部電池が必要となるわけで、そうなると充電器はますます敬遠されているようです。

 ところが、そういう学生たちが作るWebページの中に、クソ重いビジュアル効果を加えたのが少なくないのに違和感も。 電池消費は使用するアプリ、昨今ならネット系の処理が大きな割合を占めていますし、ゆえに広告をブロックしたりしているのに、そこら辺は無視して、ヌルヌルズルズル動くコードを盛り込んでいます。
 
 私は昔からアプリの暴走や負荷を見るためにアクティビティモニター(Winのタスクマネージャーのようなもの)を画面の隅に常時表示しているので、その辺りは非常に敏感なのですが、学生は送り手側になった途端にネット閲覧と電池消費という、結構意識高い系では有名なことを軽んじているのはなんでかなぁ?と頭を傾げてもいます。

Menubar

|

« なぜか娘が突然カレーを | トップページ | 電子工作で灯明の単一電池を節約 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜか娘が突然カレーを | トップページ | 電子工作で灯明の単一電池を節約 »