« IPv6は数倍速い(2) | トップページ | 今回のサイバー事件は怠惰の炙り出し »

IPv6は数倍速い(3)

 先の接続例では速度ムラが解消された例を示しましたが、先方の制限により最大100Mbpsに制限されていますから、では絶対速度は、ということで、Radishという伝統的な速度計測サイトを利用することにします。
 IPv4との切り替えは、Etherの接続先をONUとバッファローに差し替えるだけですから、ほぼ同じ時刻での比較で、結果は下記の通り。
 下りが倍で、上りはなんと三倍も速くなっています。

Ipv601
Ipv602

 こうなるともう体感的なんてものではありません。 この手の改善って、数十パーセントでもまぁ良いかぁ、ってのが多い中、これだけの整数倍の改善なら、プロバイダ料金が倍になっても全く文句はありません。 メタリックがISDN128に、ADSL、光と切り替わった時並みか、それ以上の感動です。

Ipv606 ちなみにiPhone 5sでの改善はというと、以前の無線ルーターがac/nに対応していなかったので直接比較はできません。 ただ、RBB SPEEDというアプリを使ってみると、こういう→感じで、アプリアップデートのダウンロードが超速になり、逆に5sゆえの更新処理の遅さが目立つようになってしまいました。

 アンテナについては、これまで使っていた外部アンテナが5GHz非対応のため、使用を中止。 ただ試しに、本体三本と、一本プラス外部アンテナとの比較を、WiFi ExplorerというMacOSアプリを立ち上げたMacBook Pro.を持ち歩いて調べましたが、5GHzも含め、結果は互角という印象でした。

 さて、結論としてNTTネクストとiPv6の組み合わせ、自信を持って「あり」と言い切れる結果です。

|

« IPv6は数倍速い(2) | トップページ | 今回のサイバー事件は怠惰の炙り出し »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IPv6は数倍速い(2) | トップページ | 今回のサイバー事件は怠惰の炙り出し »