« IPv6は数倍速い(1) | トップページ | IPv6は数倍速い(3) »

IPv6は数倍速い(2)

 さてどうしたものか。
 
 プロバイダのIPv6契約はキャンセルできるものの、ネットの速度が遅いという問題解決にはなりません。
 で、どれくらい遅いかという客観的なグラフがこれ↓。
 
Ipv605
 
 まさしく1.2GB程度の仕事ファイルを有料版宅ふぁいる便に送っている時のメーターです。
 1Gbit有線Etherで、最高速が10%の100Mbpsに抑えられいているのは先方の都合だというのは後で分かりましたが、何より結構長い間、1%程度の10Mbpsに抑えられていることがよく分かります。 これが数百メガからギガクラスのファイル送信に時間がかかる原因です。
 
 特徴的なのは最初の数十メガは100Mbpsは出ていることで、おそらく一般的な利用で「いや?うちのネットはそんなに遅くないけど」という人が多いのと、一方で「速い時もあれば遅い時もある」という不安定感は同じ原因かもしれません。

 ダウンロードについて目に見える資料は取っていないものの、例えばweb閲覧やYouTube視聴、メールの添付ファイル程度であれば全く問題なく、たまに仕事先から送られてくるギガ級の音声ファイルや、AppleのXcodeのアップデートになると突然遅く感じるところから、似たような状態なのではないかと想像できます。
 
 仕方ないのでインターリンクのDS-Lite接続対応ルーターリストを眺め、そのうちバッファローのWXR-1750DHP/Nというのが一万円ほどで手に入るのを確認して入手。 まぁ、これなら編集の仕事一回で元が取れます。
 バッファロー製品を選んだのは、学校や職場のように数十人を相手にするのではなく、少なくとも家庭対象なら今使っている無線ルーター(G300N)がなかなか良品だったので、その流れから。
 
 ただ、箱を開けてみて、それまでに比べて一回り以上ドカンと大きいのに驚きました。 とりあえず今は机の上に置いてますが、そのうち視界の外に配置し直すつもりです。
 セッティングは、同メーカーゆえに基本設定はAOSSボタンで解決。 するとあっさりIPv6経路につながりました。
 
 その結果がこちらで、左が上にあげたもので、右が改善後↓。 細かい数値などはまた明日...

Ipv603

|

« IPv6は数倍速い(1) | トップページ | IPv6は数倍速い(3) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IPv6は数倍速い(1) | トップページ | IPv6は数倍速い(3) »