« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

電子工作で灯明の単一電池を節約

 仏壇のLEDお灯明の配線をまとめ、単一電池二本にしたのがほぼ二年前。
 扱いの楽さと電池寿命には満足だったのですが、当たり前のことながら、切り忘れたりしてるとさすがの単一×二本でも意外に早く電圧が低下します。
 朝一にスイッチON、お水とお茶をあげたらすぐに切るわけにもいかず、そのまま夕方までつけっぱなし、そこで切り忘れると、真夜中になって気がつくということも少なくありません。

 で、せこい話、単一アルカリってちょっと高いんです。 スーパーだと二本セットで4〜500円ほどで、たかが/されどの微妙な価格。 何より、誰もいない時間にずっとつけっぱなしというのがもったいない。
 
 ということで、なんか簡単な電子回路で制御できないもんだろうか、と「DC3V、タイマー」とかのキーワードで検索していて出会ったのが秋月電子通商というサイト。 あれ?どこかで聞いたことがあるな、と思ったら、学校の電気部門教材御用達のお店でした。
 そこで浮かんで来たのがAE-555というタイマーキットで、うまいぐあいにDC3V駆動、ディップスイッチ&可変抵抗で1秒から9分まで時間を選べます。 価格はというと送料込みで1,140円と、単一電池二本二回分程度。
 懸念は私の半田付け能力が付いて行けるかどうかだけ。

Ekit1
Ekit2
 
 これが半月ほど前に配達されていたんだけど、ここ暫く忙しく、昨日やっとぽこっと自由時間ができたので、半田ごてなどを集めて来て工作開始。

 最初にビビったのは抵抗の色付けマーキングが細すぎでなかなか見づらいこと。 ただ、そこは遠近両用メガネのおかげでクリア。 でもこれに予想外の時間を食いました。
 一番心配だった半田付けも、最初はイモイモしてたのが徐々に少量で済むように。 
 それでも部品選択ミスを一箇所やってしまい、一番やりたくなかった半田を溶かしてのやり直しが一箇所。 原因は上記抵抗の色帯判別ミスで、やっぱり頻繁にこういう工作をするなら、大きなハンズフリーのルーペが要りますね。

Ekit3

 部品の装着位置や方向は、基盤に描かれている絵を見つつ、えっとコンデンサーの極性は、とネット検索すれば問題ありませんが、唯一トランジスタのみ、基盤の絵が理解不能で、配線図を睨みながら、NPNだからエミッタはこれで、GNDはこっちだから...と暫く真剣に悩みました。
 いやぁ、思えば五十年近く前、今はない弁天町の交通科学館で子供電子工作教室とかのイベントに参加した時に初めて習った知識です。(つまり要求される工作レベルはその程度)

 完成後、仏壇下からLED灯明と電池を持って来て通電テスト。
 赤いボタンを押すと、煙や火も出ず、動作モニター用LEDも点灯。 抵抗をひねるとちゃんと動作時間が変わります。 にもかかわらず肝心の灯明が点灯しません。
 テスターでチェックすると、灯明への出力につながるリレー足の半田付け不足が原因と判明。 半田が少量で済むようになってちょっと調子に乗りすぎたようです。 ここをやり直すと今度は無事成功。 設定値通りにちゃんと灯明が自動オフになります。 ここまでざっと三時間。
 お〜、すごいぞ>おれ 

 てなことで、以後お見知りおきを>先祖代々

Ekit4

| | コメント (0)

今時の学生のパソコン充電感覚

 昨年あたりから気づいてたことに、学生の充電器の使い方があります。
 学生に自分用のノートMacを購入させるようになってもう十年以上経ち、朝自分の席に着くと同時にカバンからMacを出し、次いで充電器を身近なタップに刺して、というのがずっと見慣れた風景でした。
 もちろん、私も自宅のMacBook Pro. Retinaが机の上にある間は常に充電器を刺しています。
 
 ところが昨年度あたりから、授業の途中で突如あたふたと充電器をカバンから出してセットする学生が増えてきました。 つまり容量が減って来たら充電を開始する、というスタイルです。 中には充電器を持参せず、周りの友人から貸してもらうというのもいます。

 近年のノートマシンの電池使用時間が延びたという背景があるものの、そうか、彼らはパソコンを携帯電話と同じ感覚で捉えているんだと気がつきました。 確かにiPhoneを特にヘビーに使い倒さない私はiPhone用充電器を持ち歩きません。
 学生に聞くと、その日のカリキュラムにもよるものの、朝満タンだったら重い作業をしない限り授業終了までMacBook Proの電池は持つそうです。 ただし同時に携帯にも電気を分けるのはさすがに無理で、彼らにとってはMacと携帯のためにMac用充電器を持参するか、軽快さを重視して携帯用充電器のみで登校するかが悩みなんだとか。 さらにヘビーな携帯ユーザーには外部電池が必要となるわけで、そうなると充電器はますます敬遠されているようです。

 ところが、そういう学生たちが作るWebページの中に、クソ重いビジュアル効果を加えたのが少なくないのに違和感も。 電池消費は使用するアプリ、昨今ならネット系の処理が大きな割合を占めていますし、ゆえに広告をブロックしたりしているのに、そこら辺は無視して、ヌルヌルズルズル動くコードを盛り込んでいます。
 
 私は昔からアプリの暴走や負荷を見るためにアクティビティモニター(Winのタスクマネージャーのようなもの)を画面の隅に常時表示しているので、その辺りは非常に敏感なのですが、学生は送り手側になった途端にネット閲覧と電池消費という、結構意識高い系では有名なことを軽んじているのはなんでかなぁ?と頭を傾げてもいます。

Menubar

| | コメント (0)

なぜか娘が突然カレーを

 しばらく前、娘が突然、夕食を作ると言い出しました。
 おおっ、ついにその日が来たか。 週一回でも炊事を変わってくれたら父はどれだけ嬉しいか。
 はいはい、喜んでぇ!っと食費専用のカードを渡してお任せ。
 その間に、私は秘伝のゼラチンを加えたご飯炊き。

 買い物から帰った娘はiPhoneを見ながらごそごそグツグツ。 できたのがこれ。 味は確かにうまい。

 Curry

 パセリや月桂樹を買い込んであったり、肉は豚だったりと飲食店の味。 じゃがいもとか入れる家庭のカレーとは方向が違います。 なんでも、Twitterかなんかに「これよりうまいカレーがあるなら連絡をくれ」と残してあるレシピなんだそうな。 
 なんだそれが動機かい。

 こういうのが発端で時々料理をしてくれるようになるのかな、と思ったのは泡沫うたかたの夢。 以後何も起こっておりません。 まぁ、進歩っちゃぁ進歩なんだけどね。
 
 ちなみに私の作るカレーといえば、最近はずっとハウスのジャワカレー中辛です。 下味はトマトとコンソメ。 バルサミコ酢は現在節約中...

| | コメント (0)

新じゃがの皮がうまい

 芋の皮を食うというと、戦中とか、いしいひさいち的貧困学生生活の形容詞なんですが、新じゃがのそれは実に美味かったりするのです。
 
 たまたま三つほど小さめの新じゃがが残っていたので、サラダにでもするべ、とレンジでチン。 少し冷ますと手でほぐれるので、モミモミするとちょうどいい感じになりました。
 皮にも少し実が残ってて、これを取り出して伯方の塩かけると...
 
 う、う、う、う、うまい...
 
 夕食を作りながらのビールに丁度良い。
 おかげでサラダにはほとんど皮のないマッシュドポテトが残りました。

New_potato

| | コメント (0)

我もまたあほなり

 人生幸朗・生恵幸子のぼやき漫才ではありませんが、人様をあほ呼ばわりした後は自己批判もしておきましょう。

 よく世間で「今さら人に聞けない○○」とかありまして、実は私もしばらく前からずっと気になっていたことがありました。
 それは、

 「修正テープの切り方がわからない」
 
 いえね、ちゃんとした言い訳はあるんですよ。
 修正テープが市場に出回り始めた三十代の頃(wikiでは1989年とある)、私はすでにパソコンを使用しており、紙上で何かを訂正するという作業から解放されていたのです。
 以後も従来の紙に作業日報を残すとか、ほとんど必要に迫られることなく、たまーに触った時にはな〜んとなくウニっと引っ張って、うまく行ったり行かなかったり。 でもだからといってそれを責められたりすることもなく私は今日まで生きてきました。
 
 ところが、GS監視のバイト、一日の仕事終わりに営業の数字を紙の日報に残さなねばならなくなり、これがまた寝不足のせいか、計算を時々間違えます。
 別に二重取り消し線で問題ないのですが、なぜかこの職場、妙に几帳面な人が多く、みんな修正テープを使用。 う〜む、郷に入ればローマ人のように振る舞えということか、と私も使ってみるのですが...
 
 「最後、うまくテープが切れない!」
 
 強く押してみたらどうじゃろう?と実践するも、2cmくらい訂正するのにさらに倍ほどズルズルっと出てきてしまいます。 いや、どこかにボタンがあって、それで最後切るのだ、とあらゆる方向から修正テープのケースを観察するもそれらしき構造は見当たりません。
 
 これはいかん...
 
 羞恥心を「さじしん」と読み、オーソドックスと「オードソックス」と覚えていた私としては、知っても一生の恥ってのが多数あるなか、それでも素直にネットで調べてみました。
 でも、どこにもそんな記事はありません。
 これは国家機密レベルの秘匿情報なのか、とも焦る中、いや、誰も調べないほど簡単ななのかも?とも思い、行き着いたのがトンボ鉛筆がYouTubeに上げた「修正テープの上手な使い方」という動画
 
 うむっ、今宵は謙虚にこれに学ぼう!
 
 Tape1

 持ち方、引き方、綺麗な方法、と続きますが、なかなか切り方が出てきません。 そしていよいよ「引き終わり時のPOINT」がっ。 すると文字の説明はなく、ただ一つ赤い矢印が斜め上に。 え?...
 
 もう一度。
 え?...
 
 なんと、修正テープは上に持ち上げるだけで自然に切れるんですね。
 
 オーマイ仏陀...

Tape2

| | コメント (0)

今回のサイバー事件は怠惰の炙り出し

 日本のG/W中に起こった世界的なウイルス被害、マスコミは病院の手術ができなくなったとか、自動車工場の生産が止まったとか、大騒ぎをしていました。
 被害の詳細が報じられてゆく中、どうやらOSがWindows XPであること、そしてMSの配布しているセキュリティパッチを当てていないことが原因として絞られてきました。
 以下、あくまで上記が原因だったと仮定しての話。
 
 であれば、世界中の怠慢情報管理者(社)を炙り出しただけの話で、同情の余地などありません。 「攻撃」と形容することが滑稽ですらあります。

 XPですよ? MSはしつこいほどの衆知徹底を行い、さらに予定を伸ばして2014年4月にサポートを終了しました。 もう三年も経っています。 その後ログインするたびにサポート終了メッセージが画面に出てきているはずで、知らなかったとは言わせません。

 さらにMSは、今回のような被害を防ぐためのセキュリティアップデートを今年の三月にも提供したというお節介なほどありがたい話もあります。 つまり三年前にサポート終了したシステムを使い続け、さらにセキュリティアップデートすら当てていなかったと。
 むしろどうやったらそんな脳天気な感覚で仕事にパソコンを使えるのか、詳しく話を聞いてみたいものです。

 医療機関がそのようなずさんな情報インフラ管理をしていたこと(していなかったこと)はむしろ患者に対する加害だとも言えます
 また、ルノーや日産の英国工場も、C.ゴーンに億単位の報酬を払う余裕があるのなら、そのうちの1%で良いからシステム更新に充てれば済んだ話で、株主は経営責任請求でも起こしてやればいいのに。
 
 また、マスコミも視点がボケており、北朝鮮の情報テロだとか、NHKのラジオなんかは、これだけまだ社会に残っているOSのサポートを、マイクロソフトは製造物責任者として続けるべきだとか曰ってました。
 残っているのがおかしいことに気がついていない。 怠慢な消費者を弱者と勘違いしています。

 実話としてよく学生にする話で、こういうのがあります。(前にも一度書いたかも)
 新大阪から大阪空港に向かうリムジンバス。 乗り場にも社内にも看板、乗車前の場内アナウンス、そして発車前の車内アナウンスでも「このバスは関西空港には行きません」と告げていました。 にもかかわらず大阪空港に到着直前に初めて気づいて大騒ぎする大人男性二人組。
 
 「目の前に穴がありますよ〜」と何度注意してあげても落ちる人は落ちる。 そんなの相手にいくら手間をかけても無駄。 むしろ落ちて痛みを知ればいいのです。 
 
 あほとちゃうか。


(※直後にカスペルスキーが感染したOSのほとんどはWindows7だったという発表をしましたが、パッチを当てていれば防げたという論旨は同じなので特に訂正はしません)

| | コメント (2)

IPv6は数倍速い(3)

 先の接続例では速度ムラが解消された例を示しましたが、先方の制限により最大100Mbpsに制限されていますから、では絶対速度は、ということで、Radishという伝統的な速度計測サイトを利用することにします。
 IPv4との切り替えは、Etherの接続先をONUとバッファローに差し替えるだけですから、ほぼ同じ時刻での比較で、結果は下記の通り。
 下りが倍で、上りはなんと三倍も速くなっています。

Ipv601
Ipv602

 こうなるともう体感的なんてものではありません。 この手の改善って、数十パーセントでもまぁ良いかぁ、ってのが多い中、これだけの整数倍の改善なら、プロバイダ料金が倍になっても全く文句はありません。 メタリックがISDN128に、ADSL、光と切り替わった時並みか、それ以上の感動です。

Ipv606 ちなみにiPhone 5sでの改善はというと、以前の無線ルーターがac/nに対応していなかったので直接比較はできません。 ただ、RBB SPEEDというアプリを使ってみると、こういう→感じで、アプリアップデートのダウンロードが超速になり、逆に5sゆえの更新処理の遅さが目立つようになってしまいました。

 アンテナについては、これまで使っていた外部アンテナが5GHz非対応のため、使用を中止。 ただ試しに、本体三本と、一本プラス外部アンテナとの比較を、WiFi ExplorerというMacOSアプリを立ち上げたMacBook Pro.を持ち歩いて調べましたが、5GHzも含め、結果は互角という印象でした。

 さて、結論としてNTTネクストとiPv6の組み合わせ、自信を持って「あり」と言い切れる結果です。

| | コメント (0)

IPv6は数倍速い(2)

 さてどうしたものか。
 
 プロバイダのIPv6契約はキャンセルできるものの、ネットの速度が遅いという問題解決にはなりません。
 で、どれくらい遅いかという客観的なグラフがこれ↓。
 
Ipv605
 
 まさしく1.2GB程度の仕事ファイルを有料版宅ふぁいる便に送っている時のメーターです。
 1Gbit有線Etherで、最高速が10%の100Mbpsに抑えられいているのは先方の都合だというのは後で分かりましたが、何より結構長い間、1%程度の10Mbpsに抑えられていることがよく分かります。 これが数百メガからギガクラスのファイル送信に時間がかかる原因です。
 
 特徴的なのは最初の数十メガは100Mbpsは出ていることで、おそらく一般的な利用で「いや?うちのネットはそんなに遅くないけど」という人が多いのと、一方で「速い時もあれば遅い時もある」という不安定感は同じ原因かもしれません。

 ダウンロードについて目に見える資料は取っていないものの、例えばweb閲覧やYouTube視聴、メールの添付ファイル程度であれば全く問題なく、たまに仕事先から送られてくるギガ級の音声ファイルや、AppleのXcodeのアップデートになると突然遅く感じるところから、似たような状態なのではないかと想像できます。
 
 仕方ないのでインターリンクのDS-Lite接続対応ルーターリストを眺め、そのうちバッファローのWXR-1750DHP/Nというのが一万円ほどで手に入るのを確認して入手。 まぁ、これなら編集の仕事一回で元が取れます。
 バッファロー製品を選んだのは、学校や職場のように数十人を相手にするのではなく、少なくとも家庭対象なら今使っている無線ルーター(G300N)がなかなか良品だったので、その流れから。
 
 ただ、箱を開けてみて、それまでに比べて一回り以上ドカンと大きいのに驚きました。 とりあえず今は机の上に置いてますが、そのうち視界の外に配置し直すつもりです。
 セッティングは、同メーカーゆえに基本設定はAOSSボタンで解決。 するとあっさりIPv6経路につながりました。
 
 その結果がこちらで、左が上にあげたもので、右が改善後↓。 細かい数値などはまた明日...

Ipv603

| | コメント (0)

IPv6は数倍速い(1)

 eラーニングのコンテンツ編集の仕事量が増えるに従い、目立つようになってきたのがネット速度の遅さ。
 
 インフラをNTTの光プレミアムからネクストにして幾分ましになったものの、ネットの混雑度が増したのか、最近特に上りの遅さが気になっていました。
 光ですから、たとえYouTubeはしごでも一般的な下り利用では問題ないと思いますが、私の仕事はといえば、1GBクラスのファイルをゴロゴロと送信しなくてはならず、そうなると暫くの間ネットが切れたかのように遅くなってしまうことも度々で、エンコーディングが明け方に終わり、さぁこれを送信したら寝よう、というわけにも行かなくなってきました。

 契約しているプロバイダは安さと固定IPで有名なインターリンク。 ゆえに遅いんだろう、と疑ってたら、インターリンクに限らず多くのプロバイダが、NTTが設備増強の依頼に応えてくれないので困っている、と訴えている情報を複数見かけました。 要はNTTの交換網がボトルネックになっている、と。
 その是非はともかく、これを回避するにはIPv6経由のサービスに切り替え、現在ボトルネックとなっているIPv4トラフィックを避けるしかないということが浮かんできます。

 あ、とそこで思い出したのが、インターリンクから抽選でIPv6対応無線ルーターを無償でモニターとして配布するというメール。
 これを受け取った時にはその重要性がわからず、?って感じだったのが、なるほど、そうだったのかと理解。 まぁ、このキャンペーン自体は、一瞬で枠が埋まったそうですから、生来のくじ運の悪さを誇る身としては多分ハズレだったので後悔は無し。

 同時にインターリンクのサイト上では、実際にネクストのIPv6サービスに接続できたルーターのリストが掲載されていますし、昨今は一万円強くらいでそれらが手に入ります。
 とはいえ、節約中の身ゆえ、なんとかせこい道はないかと探していると、NTT貸与のONU(PR-500KI)の設定ページにIPv6接続機能があるのを発見。 お?おおっ?もしかしてこれだけで行けるんじゃない?
 とはいえ、ちゃんとここにはPPPoE方式、と書いてあって、DS-Lite(ゲーム機のことではありません)方式のインターリンクはどうなの?とは思いつつ、ダメ元でとりあえずインターリンクの契約をNEXTからNATIVEに変更。 元が安いとはいえ、倍の2,160円ですから、それなりに速くなってもらわないと困ります。
 
 契約変更の知らせを受け取り、満を持してONU設定ページからIPv6接続をポチッとな。
 すると表示が「待機中」に。 すぐそばに表示されている説明を読むと、要するに契約プロバイダの接続方法がPPPoEじゃない場合に出る、と書いてあります。
 うん、そうだね。 知ってるよ。 でも何とかなるかなって、微かに期待してたんだよ。
 世の中そんなにうまくゆくわけないさ。 うん、知ってるよ。 うんうんうん...

Ipv604

| | コメント (0)

BVDのシャツがスゴイところ

Bvd

 ここのネタに、と写真を撮ったままになっていた、BVD(正確にはB.V.D.)のシャツがスゴイというお話、を掘り起こしてみます。
 
 かれこれもう十年以上、いわゆる肌着である白丸首のシャツはずっとBVDを愛用しています。 もうユニクロでいいやん、という人もいる中、いやっ、これは違う!とはっきり明言できるスゴサがあります。 さすが専業メーカーというべきか。
 
 広告がらみの仕事をしていると、コピーの発想に感心することはあっても、言葉そのものはしょせん広告、話半分に捉える癖が身についています。 が、ご覧の「丈夫で長持ち」「ふっくらソフト」ってのは事実です。

 何が丈夫かというと、首回りが伸びない。 この辺りがテレっと伸びることこそ良い風合い、と褒める人も多い中、それは真夏のアウターとしてのTシャツならまだしも、四季を通して肌着と着るぶんには、だらしなさも感じてしまいます。
 特に学生時代にVANでメンズファッションに目覚めた身としては、ボタンダウンシャツの襟ぐりからのぞく丸首の白シャツはその「見え方」に微妙なこだわりもあります。
 BVDの場合、ここが全然伸びず、そのうち生地の方が度重なる洗濯に負けて綻びてくるほど丈夫なのは本当です。

 次に生地の風合い。 コットンゆえに使ってゆくうちに生地が薄く、硬くなってゆくのは仕方ないのですが、その進行具合がとても遅い。 伸縮性も長持ちするので、風呂上がりのシャキッと感が違います。 当然ながら汗もよく吸いますし、意外なところでは冬の保温性も捨てたものではありません。
 
 そして最後に何よりも、胴回りがシームレスになっている!
 これ、実は長い間気がつきませんでした。 つまり女性のシームレスストッキング同様、つなぎ目がない円筒なのです。 おかげで寝返りを打った時にも、縫い合わせがゴロゴロしません。
 ということは、S〜XLの各サイズごとに長〜い筒を編み上げ、それを輪切りにして襟と袖をつけているため、そりゃ少々高くつくのも仕方ありません。(にもかかわらず、なぜかこのこだわりはパッケージのコピーには書いていない) 
 
 最近はタグが写真の赤ではなく青が出回り、生産国が違うとかコストダウンされているとか情報がありますが、我が家のタンスを開いて見ると、赤でも日本製とタイ製があり、青は心持ちふっくら感が少ない?と気のせいで済む僅差です。(この段落、5/15編集)
 
 ちょうどこれから汗をかく季節。 風通しの良い家ゆえに、昭和よろしくノーエアコン+窓開けっ放し+シャツ+短パンで過ごす夏にこのBVDシャツは欠かせません。

| | コメント (0)

自動車メーカーはAI以前にできることがある

 タイムズのカーシェアリングを初利用し、たまたま選んだスズキスウィフト(スイフト?)のアクセル設定に驚いた、というお話の延長です。
 
 簡単に言って、この車のアクセル、おっかないのです。
 借りた直後におっとっと、となるのは仕方ないとして、その後一時間ほど運転し、荷物を下ろすためにマンションの下に止めてからのこと。 若干上り坂になっている歩道をスムースに横切ることができません。
 CVTでクリーピングが弱いこともあるのでしょうが、それなら尚更のこと発進時のスロットル特性をおとなしくするべきなのに、ツン、ツン、ブルン!
 
 ここに一年ほど前、住民の声で両脇を映す鏡が一対設置され、W202やMTのミアータに乗っていた時はその意味が今ひとつわからなかったのが、この時初めて理解できました。 なんでスルスルっと最徐行できない??
 さらに最後の最後、タイムズ駐車場でバックしようとしたら、これまたブン!で、ドキリとしました。

 ここしばらくテレビを賑わせている、主に高齢者のペダル踏み間違え事故。 ほとんどが本来非力である軽や1〜1.3Lクラスのベーシックカーのようです。 まぁ、終のクルマとしてつつましやかに、という日本人ならではの質素倹約が伝わってくる選択です。
 事故については、ベーシックとはいえ1トン近いし、たまたま事故をする老人にこういうクルマが多いという確率の問題か、とも捉えていました。 
 
 が、今回の利用で、多分スズキに限らず日本車には何十年も変わらない垢のような設計思想が染み込んでいるのをひしひしと感じました。  どのみち、昼間なんて老人に限らずみんなノロノロ走ってるんだから、いわゆる「出足が鈍いと、非力だと思われてしまう」というメーカーの理由づけも今や不要でしょう。 むしろ出足が良くても後が伸びないことに客は失望するはずです。

 今ではアクセルやトランスミッションのセッティングは殆どが電子制御な訳で、簡単にリニアな性質に変更できるはずだし、逆に後退時にはむしろパワーを絞るなんてのも簡単なことです。
 
 今流行りの自動運転やAI制御を語る際、メーカーは老人のペダル踏み間違い暴走にもこの技術を、なんてよくコメントしてますが、足元でもっと簡単にできる対策があろうに、と思った久々の日本のベーシックカーでした。
 
 日産はどう? ホンダは? 何より元祖ブーストアクセルであるトヨタの今は?

| | コメント (0)

はじめてのカーシェア

 ちょっと用があってタイムズのカーシェアリングを初めて利用しました。
 
 家からネット経由で最寄りのクルマを予約、エレベーター等込みで5分ほどで駐車場に到着。 利用方法は、あらかじめサイトに用意されている動画を見ていたので全く問題ありません。
 
 意外に手間取ったのがカーナビとiPhoneのBluetooth接続。 
 Pioneer製のそれは今ひとつ中途半端なメッセージ案内で、接続できない原因がどちらにあるのかよくわかりません。 なんだかんだやっているうちに、カーナビの設定メニューから接続登録できましたが、IT系操作に弱い方はコールセンターのヘルプなしでは接続できないかもしれません。
 ただ、通常の利用であれば一旦登録してしまえば以後はそれっきりなので、文句を言っても仕方ないのかも。
 
Times01

 選んだ車は以前から興味があったスズキのスウィフト。 見た目はほぼ新車。
 実はカルタスからこの名前になった先代から外見は好きだったんだけど、デビューする直前くらいにFCARも無くなったので広報車に試乗する機会には恵まれないままでした。
 そのうちすでに二代目になったわけですが、残念ながらアクセルの設定が最悪。

 車検証を見ると、排気量は1250cc。 パワー的に辛いのか、それを姑息に誤魔化そうとするのか、踏み始めが異常と思えるほどパワフル。 まるで田舎のガキ向け軽自動車。 ところが上のトルクがないのかCVTの設定がまずいのか、ほんの少し上り坂になった時など、全然ついてこない。 これで家族乗せて高速はストレス溜まるだろうなぁ。
 
 仮に買うなら一クラス上の1500ccを、と念のためスズキのサイトを確認したら、なんとこのエンジンと、あとは1000cc+ターボしかない。 多分ターボモデルはスポーツモデルだろうから、ベーシックなクルマとしてオススメはない、ということになりましょうか。
 逆に足回りは、電動パワステのセルフアライメントに違和感を感じつつも、よく動くし、かつしっかりしていたので残念です。
 
 あ、Bluetoothの設定、返却時に確認したら、他人の登録がカーナビに残ったままでした。
 別にそれで何か困ったことが起こることはないものの、スマホの設定名によっては個人が特定されるかもしれません。
 走行データは残っていないようでしたが、これはたまたま先の利用者が地点登録していなかったためかもしれませんので、念のため、自分のルートも消去しておきました。

 まぁ、そんなこんなで二時間予約して最終的には一時間半で返却(そのうち15分は冒頭のBluetooth設定)。 料金は1200円ほど。 電車を利用すると手荷物はもちろん、倍以上の時間がかかるので、足としては全く文句はありません。

| | コメント (0)

TBC(タブチ)の水栓も交換

Plug 半月ほど前、突然キッチンの蛇口のレバーが非常に硬くなりました。 水漏れはないものの、日々の炊事に使うところなのでこれは不快。
 
 七年前に自分で交換した風呂場のサーモ水栓はKVKのものでしたが、今回はTBCというメーカー。 こちらは単に水/湯混合で複雑な機構ではないとはいえ、20年近く持ったわけで、大したものです。

 例の有名エステを掻き分けTBCで検索すると、どうやらタブチというメーカー製であることが判明。 蛇口の品番(AD-SU627)で検索すると廃番になっているものの、肝心の水栓カートリッジは600シリーズ共通でSP600MPSなのだということが判明。
 ただし、タブチのサイトではここまでで、購入は別途探さなくてはなりません。
 
 あまりにも専門的すぎるのか、いつものamazonでは取り扱いがなく、Yahoo!ショピングで発見。 聞いたことのないショップですが、注文するとG/W明けにあっさり商品が届きました。

 一方で取り替え説明書は、先のタブチのサイトにPDFへのリンクがあり、それを見ると、七年前の風呂場水栓交換に比べると非常に簡単そうなのがわかり、安堵。
 実際に使用したのは、小さいマイナスドライバー(レバー上部のカバー用)、普通のプラスドライバー(カートリッジとレバーを切り離す)、大きなモンキーレンチ(カバーナットを緩める)、大きなプライヤー(配管が共回りしないように固定)の四つだけ。
 ありがちなナットの固着もなく、あっさり分解。 目につくところを清掃して元通りに組み上げればあっという間に作業完了でした、

 実は上記七年前に、微量ながら水が漏れてきた洗面台用のカートリッジも替えるべくKVKのを購入しているのですが、こちらは洗面台下部から作業する必要があり、その専用工具を買えずにそのままになっています。
 今回のTBCはレバーと蛇口が一体、KVKは水の吐き出し口が別にあり、カートリッジの組み込み高さが相対的に違うことがわかり、なるほど、と。 いえ、だからと言ってKVKの設計が悪いのではなく、こちらはこちらでレバー部の背が高いと横から生えてる吐き出し口の邪魔になるので必然なのでしょう。
 
 ということで、珍しく何のトラブルもなく作業終了。 いえ、でもカートリッジをよくよく見ると、こんな小さい穴でよくもあれだけの水量を制御できるな、と感心します。 さらに昔の蛇口よろしくギュウギュウ締めこまなくても完全に水を止められることなど、小さい部品なのに定価が5千円を超えるのも今では納得できます。

| | コメント (0)

グループ対抗webアプリをscratchで

 色々な都合でG/W中にも授業があり、時間割も変則的、いつもなら広告専攻とweb専攻で分かれている生徒達を一つにまとめて面倒を見なくてはならなくならず、どうせなら何か面白いことができないかと画策。
 
 二コースともにDTP検定に向けての授業を持っているのですが、この合格率がこのところ横ばい。 それについて特に上からああだこうだとは言われないものの、良いことではありません。
 その対策として、座学だけではなく、小テストなどをもっと小刻みに挟まねばならないね、とは話し合っているんだけど、作るのも、実施するのも、採点するのも結構大変で、なかなか時間が取れません。

 そこで、たまたま二クラスを一つの教室に収めたのを機会に、プロジェクターで検定の過去問を投影、正解した生徒に挙手をさせて両コースで競わせようと考えました。
 ところが、両コースで生徒数が違い、単純な正解者数だけで優劣をつけるわけには行きませんから、生徒数で割った正解率と比較することになります。 となると、計算が必要となる。 ならば、とこういうときこそscratchを使って計算、さらに興味づけのために面白おかしき演出を加えた、グループ対抗webアプリを作りました
 
Gyouji スクリプトの大まかな構成は二時間程度で、さらにブラッシュアップとスプライトの絵、音などでさらに時間はかかったものの、やっぱり学生はゲーム世代ですね。 こういう単純な仕掛けでも昼休みを挟んだ眠たい時間だったにもかかわらず、結構楽しそうにワイワイ楽しんでくれました。

 以前にも授業用としてscratchで本読み用乱数呼び出しアプリってのを作って、それはそれで今でも自分の授業で愛用してます。 ただし、今回のは当然ながら変数が必要で、その入出力、if文による比較判定など、初歩のプログラミング要素だけで実用的なアプリが完成しました。 こういうのはホント、子供向けのプログラミング授業に丁度良い感じのクエストでもありますね。

 今、人材サービス会社のテレビCMにS.ウォズニアックが出てるけど、彼がApple創始者の一人として得た莫大な利益を子供向けの教育に腐心し、なぜだかいつも楽しそうにしている姿が思い浮かびます。

| | コメント (0)

2017春アニメは豊作(2)

■正解するカド
 先に続く今期SF四作品目ですが、大御所東映なのにすごく3Dが不自然です。 RE:009の頃のサンジゲンみたいで、制作もサンジゲンからのスピンアウト?と思うほど似ている気がします。 でも先に書いたように、彼らは今はずっと先を歩いていますけど。
 ただ、いわゆる「カド」の幾何学的かつ連続的に変化する様子は3Dでないと無理だったでしょうから、自然な人の3D化がいかに難しいかが改めて伝わってきました。
 内容的には、主役級が若ぎるところなど、気持ち悪さも感じつつ、発想に比類がなくて面白く、ただただSF小説の朗読のように観ています。

■有頂天家族2
 これは1からのファンで、そののどかでありながら奇想天外な物語運びと、嫌味のないしっかりした絵作りが好きです。(元来、狸好きだし)
 実は大の京都嫌いなんだけど、今教えている生徒の一人にファンがいて、その影響で先シーズンの四畳半神話大系も観ました。 そして■ピンポン再放送も録画しています。 ただしこちらは途中からライブで見ていたので、本当に録画するのみ。 あの汚い(?)絵がアニメとして動く不思議さは今でも新鮮です。

■進撃の巨人2
■アトム ザ・ビギニング 
■サクラクエスト
 なんかダラダラっと録ってます。 いえ、レベルは三つとも高いんです。
 でも巨人は少し飽きてきたのが正直なところで、アトムはいかにもNHK夕方アニメっぽくて、クエストはもうすでにストーリーが見えているという、いえ、巨人はともかく、残り二つは綺麗で丁寧な絵なんですけどね...

■フレームアームズ・ガール  
■エロマンガ先生
 いやぁ、正直これら見てますってのは恥ずかしいのかも。
 ただ、FAガールズは一応本人達がボディスーツだと言っているパンツ丸見えながら、気持ちの悪いエロも巨乳もなく、バトルものなのに流血や死人もなく、ひたすら明るく可愛い、でもいわゆる日常系と違うってところが良いのかも。 轟雷を始めとするキャラもいい感じです。 一方で登場人物が他にいないところが低予算を物語っています。
 E漫画先生は、単に「クラ☆クラ」の絵が好きだったのが理由。 学生にそう言うと、「俺の妹…」の絵だと教えてくれましたが、あの時はあんまりアンテナが振れませんでした。 多分、私は大きく左右に広げて笑う口が好きなんだと思います。

■ソード・オラトリア
 ゲームとかダンジョンとか、そもそもソード振り回しに全く興味はありません。 でも前作見てたのと、何より「とある…」の灰村キヨタカ関与シリーズですから、ついつい。 こちらも前作との絡みが「魔術」と「科学」みたいに時々絡み合ってて、こういう小技を楽しんでいます。

■終末なにしてますか?
 プラスチックメモリーズですね。 最初からいきなり最終回のお涙頂戴演出が目に浮かびます。
 切るかも...、と言いながら溜めることなく観てるから不思議。
 
■冴えない彼女の育てかた♭
 この手の、いわゆるハーレムのもについては、長くなってきたので、また日を改めて書いてみようかと。

| | コメント (0)

2017春アニメは豊作(1)

 と言われていますが、完全同意です。
 
 いろいろ削りつつも、とりあえず現時点で録画継続しているのが下記の通り。 なんと14本。

 ID-0
 Re:CREATORS
 アリスと蔵六
 有頂天家族2
 正解するカド
 フレームアームズ・ガール  
 終末なにしてますか?
 エロマンガ先生
 冴えない彼女の育てかた♭
 進撃の巨人2
 アトム ザ・ビギニング 
 ピンポン
 サクラクエスト
 ソード・オラトリア

 まぁ、後ろ二つくらいは切るかも、と思いつつ、それでもなかなかの充実ぶりです。
 
 とりあえず、そのうちのトップスリーの感想などを...

■ID-0
 サンジゲンの日々進歩する3Dに感服です。
 ついこの間までは今期でいうと「正解するカド」みたいな姿勢の良すぎる死人が動いている絵だったのが、え?サンジゲン、もう3Dやめたの?と疑うくらいの自然さです、
 でもアリみたいな細っこいIマシンの派手なアクションは3Dならではだし、しかも彼らが以前から目指していた「ヌルヌル動くのではなくケレン味のあるアクション」も実現しています。
 そして、監督があのルルーシュの谷口悟朗ですから、これ、なんでMX-U局系なんだろうと不思議に思うくらいの大作です。
 エンディングは一転して手書きのイラストになるわけですが、コンテは監督作となっています。 なかなか味のあるイラストを描ける人だったんだなぁ、と(コンテだけ?)。 ともあれ、絵の内容もストーリーを補足するかのような意味深いものです。

■Re:CREATORS
 一言で言うと召喚とか転生ものになるんでしょうか。 ただその数が多数で、しかもそれによって現実社会に物理的な損害や歪みができると言うリアリストに向けても説明しようとしてい設定が面白い。
 次々召喚されてくるキャラクターにしても、オープニングを見ていると、それぞれがひと番組持てそうな感じの背景絵が付いていることから、現状のラノベの世界を見据えつつ、複数の設定を必死で考えたなぁ、と感心しています。 
 プロアマ問わず、筆者が書き起こす世界の登場人物が現実になる、というのは、アホらしいと思いつつふとその風景を想像したことがあるのではないでしょうか。
 なぜか鉄腕バーディーを思い起こさせる懐かしさも備えていたり、ストーリー的には、第一話の冒頭で自殺した真面目そうな女の子が、あの軍服の姫君のヒントではないでしょうか。
 そして何より、オープニングの音楽が今一番気に入ってて、まずずっしりしたバスドラの音に惹かれ、Cメロ(絵的には青い月にデジタルノイズが乗るところから)に至る所が最高です。 フルバージョンは6月末にならないと発売されないそうですが、これは狙いです。

■アリスと蔵六
 絵が酷い、作画崩壊、と早くから叩かれてますし、私自身も放送前のオフィシャルサイト見て、第一話すら見るのをためらってました。
 が、話自体は悪くない。
 いわゆる超能力者+研究所もんなんですが、よくある子供時代だけ能力ではなく、大人でもその能力を持っているのがいる設定で、なんなんでしょうね、昭和の人間としては石ノ森章太郎の香りを感じてしまいました。 構成も、どうやら四話ほとで一区切りになるコンパクトな仕組みのようです。
 そう思うと、絵についても、もともと原作自体がああいう絵で、これはこれでひとつの個性なのかな、とも捉えられないことはありません。 面白いのは背景や車、ヘリなどは比較的ヌルヌルした3Dで、リアリスティックに描かれていること。
 つまりは、どんどん手早く廉価に作ることができる3Dに、どう考えても手間のかからない手書きの上絵を加え、さらにストーリーも短い構成を単位とすることで、複雑化することを避ける、という一つのアニメ界の新しい省エネ・製作者生活改善提案なのかな、とまで深読みできてしまう作品です。
 あと、ヒーローがジジイだったのが救いだったかな。 これがお兄ちゃんとかだったら、もううんざりだったかも。

| | コメント (0)

神経痛

 と、先の発言ではなんであんな題名にしたのかよく分からない内容になってしまいました。
 
 医学の進歩で、これまで腰痛だと診断されたケースの大半は、いわゆる昔から「神経痛」だと呼ばれていた、極端な言い方をすると「気のせい」みたいなもんだった、というのは最近テレビなどで言われている通りです。
 もちろん、完全に気のせいなわけがなく、日常の生活の中で肉体的な損傷や損耗はありながら、ただその痛みがその損傷度合いと釣り合っていない、ということです。
 
 私の場合、数日仕事に行けなくなるほどの酷いギックリ腰では、風呂に入ると嘘みたいに痛みが引くとか、横になって丸虫みたいな姿勢をとると楽になる、という経験則がありました。
 ところが今回は共に全く効果なし。 で、これはギックリ腰ではなくて、神経の大げさな騒ぎだと確信した次第です。
 
 だからといって痛いものは痛い。 神経が大騒ぎしているだけだからと何もしないわけにはゆきません。
 そこで最初にやったことは運動。 これで血行が改善されたらあるいは...と期待したのですが、それは裏目に出ました。
 次に施したのが温感シップで、幸いなことにこれはアタリだったようで、逆にいうと、ぎっくり腰だったらシップ程度で、それも一晩で痛みが引くわけがありません。
 
 とは言いつつ、折しも特に何もした覚えがないのに椎間板ヘルニアになっていた、というコメントがついた後では歯切れも悪くなってしまうのですが、まぁそれはそれ、私が言いたいのは、そろそろ人が意図的に自分の神経を能動的に変化させられる時代が来そうだということです。

 BF、バイオフィードバックという神経療法があり、体にセンサーを貼り、一定の痛みや麻痺した部分、あるいはリハビリ中の筋肉がどう動いたら脳のどこが働いて、感覚的に人はそれをどう捉えるか、というような具体的な経路や仕組みが分かってきつつあるそうです。
 それを元に例えば、右を向こうとしたら麻痺しているはずの左足が少し動いた、という事実を元に、その意識づけを強化することで、少しずつ体の動きを改善して行くことができるそうです。

 私はこれを拡大解釈し、最初は転びながらも人はやがて自転車に乗れるようになったり、水を飲みながらも泳げるようになると同じで、「脳のプログラミング」に相当すると捉えています。 余談ながら面白いのは、人は年を取っても自転車の乗り方と泳ぎ方は忘れないんだそうな。 いとおかし。

 てなことを考えつつ、温感シップを一人でよっこらしょと体をひねりつつ慎重に貼る、事実上独り身のオヤジ...

| | コメント (2)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »