« 自動車メーカーはAI以前にできることがある | トップページ | IPv6は数倍速い(1) »

BVDのシャツがスゴイところ

Bvd

 ここのネタに、と写真を撮ったままになっていた、BVD(正確にはB.V.D.)のシャツがスゴイというお話、を掘り起こしてみます。
 
 かれこれもう十年以上、いわゆる肌着である白丸首のシャツはずっとBVDを愛用しています。 もうユニクロでいいやん、という人もいる中、いやっ、これは違う!とはっきり明言できるスゴサがあります。 さすが専業メーカーというべきか。
 
 広告がらみの仕事をしていると、コピーの発想に感心することはあっても、言葉そのものはしょせん広告、話半分に捉える癖が身についています。 が、ご覧の「丈夫で長持ち」「ふっくらソフト」ってのは事実です。

 何が丈夫かというと、首回りが伸びない。 この辺りがテレっと伸びることこそ良い風合い、と褒める人も多い中、それは真夏のアウターとしてのTシャツならまだしも、四季を通して肌着と着るぶんには、だらしなさも感じてしまいます。
 特に学生時代にVANでメンズファッションに目覚めた身としては、ボタンダウンシャツの襟ぐりからのぞく丸首の白シャツはその「見え方」に微妙なこだわりもあります。
 BVDの場合、ここが全然伸びず、そのうち生地の方が度重なる洗濯に負けて綻びてくるほど丈夫なのは本当です。

 次に生地の風合い。 コットンゆえに使ってゆくうちに生地が薄く、硬くなってゆくのは仕方ないのですが、その進行具合がとても遅い。 伸縮性も長持ちするので、風呂上がりのシャキッと感が違います。 当然ながら汗もよく吸いますし、意外なところでは冬の保温性も捨てたものではありません。
 
 そして最後に何よりも、胴回りがシームレスになっている!
 これ、実は長い間気がつきませんでした。 つまり女性のシームレスストッキング同様、つなぎ目がない円筒なのです。 おかげで寝返りを打った時にも、縫い合わせがゴロゴロしません。
 ということは、S〜XLの各サイズごとに長〜い筒を編み上げ、それを輪切りにして襟と袖をつけているため、そりゃ少々高くつくのも仕方ありません。(にもかかわらず、なぜかこのこだわりはパッケージのコピーには書いていない) 
 
 最近はタグが写真の赤ではなく青が出回り、生産国が違うとかコストダウンされているとか情報がありますが、我が家のタンスを開いて見ると、赤でも日本製とタイ製があり、青は心持ちふっくら感が少ない?と気のせいで済む僅差です。(この段落、5/15編集)
 
 ちょうどこれから汗をかく季節。 風通しの良い家ゆえに、昭和よろしくノーエアコン+窓開けっ放し+シャツ+短パンで過ごす夏にこのBVDシャツは欠かせません。


※青タグの耐久性について、新しい発言を起こしています。是非ご参照を。(2017/10/4加筆)
http://obalog.cocolog-nifty.com/obas_blog/2017/10/what-a-cold-wor.html

|

« 自動車メーカーはAI以前にできることがある | トップページ | IPv6は数倍速い(1) »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自動車メーカーはAI以前にできることがある | トップページ | IPv6は数倍速い(1) »