« 2017春アニメは豊作(1) | トップページ | グループ対抗webアプリをscratchで »

2017春アニメは豊作(2)

■正解するカド
 先に続く今期SF四作品目ですが、大御所東映なのにすごく3Dが不自然です。 RE:009の頃のサンジゲンみたいで、制作もサンジゲンからのスピンアウト?と思うほど似ている気がします。 でも先に書いたように、彼らは今はずっと先を歩いていますけど。
 ただ、いわゆる「カド」の幾何学的かつ連続的に変化する様子は3Dでないと無理だったでしょうから、自然な人の3D化がいかに難しいかが改めて伝わってきました。
 内容的には、主役級が若ぎるところなど、気持ち悪さも感じつつ、発想に比類がなくて面白く、ただただSF小説の朗読のように観ています。

■有頂天家族2
 これは1からのファンで、そののどかでありながら奇想天外な物語運びと、嫌味のないしっかりした絵作りが好きです。(元来、狸好きだし)
 実は大の京都嫌いなんだけど、今教えている生徒の一人にファンがいて、その影響で先シーズンの四畳半神話大系も観ました。 そして■ピンポン再放送も録画しています。 ただしこちらは途中からライブで見ていたので、本当に録画するのみ。 あの汚い(?)絵がアニメとして動く不思議さは今でも新鮮です。

■進撃の巨人2
■アトム ザ・ビギニング 
■サクラクエスト
 なんかダラダラっと録ってます。 いえ、レベルは三つとも高いんです。
 でも巨人は少し飽きてきたのが正直なところで、アトムはいかにもNHK夕方アニメっぽくて、クエストはもうすでにストーリーが見えているという、いえ、巨人はともかく、残り二つは綺麗で丁寧な絵なんですけどね...

■フレームアームズ・ガール  
■エロマンガ先生
 いやぁ、正直これら見てますってのは恥ずかしいのかも。
 ただ、FAガールズは一応本人達がボディスーツだと言っているパンツ丸見えながら、気持ちの悪いエロも巨乳もなく、バトルものなのに流血や死人もなく、ひたすら明るく可愛い、でもいわゆる日常系と違うってところが良いのかも。 轟雷を始めとするキャラもいい感じです。 一方で登場人物が他にいないところが低予算を物語っています。
 E漫画先生は、単に「クラ☆クラ」の絵が好きだったのが理由。 学生にそう言うと、「俺の妹…」の絵だと教えてくれましたが、あの時はあんまりアンテナが振れませんでした。 多分、私は大きく左右に広げて笑う口が好きなんだと思います。

■ソード・オラトリア
 ゲームとかダンジョンとか、そもそもソード振り回しに全く興味はありません。 でも前作見てたのと、何より「とある…」の灰村キヨタカ関与シリーズですから、ついつい。 こちらも前作との絡みが「魔術」と「科学」みたいに時々絡み合ってて、こういう小技を楽しんでいます。

■終末なにしてますか?
 プラスチックメモリーズですね。 最初からいきなり最終回のお涙頂戴演出が目に浮かびます。
 切るかも...、と言いながら溜めることなく観てるから不思議。
 
■冴えない彼女の育てかた♭
 この手の、いわゆるハーレムのもについては、長くなってきたので、また日を改めて書いてみようかと。

|

« 2017春アニメは豊作(1) | トップページ | グループ対抗webアプリをscratchで »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017春アニメは豊作(1) | トップページ | グループ対抗webアプリをscratchで »