« メトロノームwatchアプリ、開発終了 | トップページ | サヨナラクルマ »

こんなswift3本に出会った

Swiftbook 先の話に出て来た新しい参考書がこれです。
 著:諏訪悠紀 「iPhoneアプリ開発講座 はじめてのSwift」
 
 もちろん現在市販されているswift3本を全て比較した上での話ではなく、毎年新年度前にいくつかの出版社が共同で行う新しい教科書の展示会的なイベントで参考資料として手にしたものです。

 iOSアプリ参考書には大きく分けて三つのカテゴリーがあって、まずはswift3、そしてXcode、意外なところでAppのアップロードや管理を行うiTunes connectの利用方法です。
 で、実はそれぞれが三冊の本に分かれてもおかしくない程の深さなんですが、さすがにそれではまずいので、大方はこれら三つをまとめている本が多いようです。
 
 個人的にはまずはXcodeの基本は使えないとどこにも進めないので、そこは最初かな、と。 で、出版社的には「絶対できる」「必ず成功」なんてコピーを帯に奢っている関係上(読者からのクレームも怖いので)、「とりあえず以下のコードを指示されたところに書いてね。場合によってはダウンロードサイトもあるよ」とサポート。 最悪でもビルド>ランまでができるようになっています。
 が、これでは確かに動くけど、これで満足するのは今や小中学生くらいで、実際に何か新たにアプリを作りたいと思っても無理。

 結局、そこからはswiftを学ぶことになるのですが、これが難解というか、少なくとも「初心者でも大丈夫」なんてレベルではないし、今時そんな言語が世界のトップマーケットでアプリを生み出せるわけがありません。

 そんなときに出会ったのがこの本。 分量的にはswiftの解説が多く、記述もわかりやすいかな、と。 わがままを言えば、例えば一つのボタンが押された時のコールがアプリ内をどう流れるのか具体的にわかるような図示があれば満点でした。
 もちろん、これを読み終わったからといって、私自身が一番理解に苦しんでいるdelegateを他人に説明できるほどは分かっていないものの、分量的にはiOS関連ではあまり見かけない記述まで説明してあって、今後読者が成長した時にも十分頼りになる解説ではないかと感じました。

 一方で具体的なiOSアプリ制作例は、既存とほぼ似たようなもので、さらにiTunes connectについてはほとんど触れられていませんので、ここに期待する人は別の本も併せて入手された方が良いでしょう。

 話は逸れますが、上記三つのカテゴリーの他に、是非に日本語で読みたいカテゴリーがありまして、それはAPI解説書。
 泥縄的には使っていますが、先の発言にもあるように、AVAudioPlayerとAVFileAudioPlayerといった類似のAPIをどう見つけて、どう使い分けるか、というのがすっと手に取ればわかるような辞典的なものが欲しいです。
 もちろん、Appleのデベロッパーサイトに行けばリストはあるものの、経験的にこういうのは「え〜、これはどうだったけ...」とパラパラ本をめくった方が効率がいいような気がします。 このhyperTalkやLINGO本みたいなの。
 
 さて、次はどんなアプリを作ろうか...

|

« メトロノームwatchアプリ、開発終了 | トップページ | サヨナラクルマ »

iOS と Xcode」カテゴリの記事

コメント

すみません、SoundCloudは、プロのアーチストも使っている
サイトだったのでそのまま紹介しました

ここ数年動いているので、そんなに人気はないけれど安定は
しているサイトです

そしてインタビュアーの方は、こちらでもインタビューしている方です

投稿: t2 | 2017年9月 7日 (木) 06時53分

なんか変なところにリダイレクトされますよ。

投稿: あやおば | 2017年9月 6日 (水) 18時20分

先生、ごぶさたしてます

私の方は、JavaとかVBA、PowerShellなんかを使ってるので
Apple系OS/API/開発言語は門外漢なんですけど

今回 egword の開発再開にあたりニュースを読んでくと
開発会社社長のインタビューがあり、いろいろ興味深く聞きました

既にご存知でしたらお節介になりますが、紹介します

投稿: t2 | 2017年9月 6日 (水) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メトロノームwatchアプリ、開発終了 | トップページ | サヨナラクルマ »