« そろそろ屋内転倒に備えよう(1) | トップページ | Sierraでプリンタを追加できない »

そろそろ屋内転倒に備えよう(2)

 そこで、前の発言に写真を載せた壁取付の人感センサースイッチを探すことから始めました。
 そもそも、実はこれは電気工事の資格を持っていない人が勝手に替えてはいけない部品なんです。(って、トイレの換気扇タイマー付きスイッチなんて自分で替えてるけど、ほんとはいけない)
 だからなのかどうか、価格は結構高止まりで、パネルとかも含めれば希望小売価格は一万円前後、amazonでさえ六千円を超えます。
 
 一方、今は感知範囲(取付角度)が直下と斜めの二種類のセンサー付LEDライトがそこそこの値段で商品化されています。
 ところがまだE17ソケットのLEDライトって、マンションなどで最も普及しているミニクリプトン球に比べてサイズが長く、せっかくの斜め設計も発光部が反射鏡中心から異様にずれたりと、今ひとつなのでした。
 (余談ですが、これはセンサー付の話。ノーマルだとほぼ同サイズのものが60W相当まで販売されています)

 ところが欲するものは救われる。 斜めソケットを真下に向けるアダプターが出ていたのです! これなら反射鏡の中央に真下センサー付きのLEDライトを取り付けることができます。 取付も簡単。 ちゃんと人が近づくと点灯し、2分ぐらいで消灯します。
 このアダプター、ソケットを可能な限り上側に引っ込めることができる工夫も施されている優れものなのですが、それでも天井に埋め込まれている傘から少し首を出してしまいます。 一方で発光部と傘が同心円に揃っているので、見上げた時にはスッキリ。

 費用はアダプターと直下センサー付きLEDライトと合わせて三千円ほど。 うん、最初の計画の半額で済んだ。
 別に今、足腰や視力に不安があるわけではないので何が助かったとかないものの、心なしか安心感が増したような気がします。
Lights

|

« そろそろ屋内転倒に備えよう(1) | トップページ | Sierraでプリンタを追加できない »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そろそろ屋内転倒に備えよう(1) | トップページ | Sierraでプリンタを追加できない »