« iPhone SEはただの容量アップだった | トップページ | 情けは人をつけあがらせる? »

もしかして通路がここに出来る?

 先日の梅田貨物ターミナル跡の工事続編です。

 一週間ぶりに訪れてみると、先にあげた写真から貨物線を超えたところにある駐車場での工事に動きが出ていました。
 大きな流通倉庫が取り壊され、しばらくの間コイン駐車場だったのが、数か月前に閉鎖、数カ所でボーリング調査が始まっていました。 まぁ大きなマンションでも建つんだろう、と思っていたら、線路側のフェンスに「鉄道工事中」の看板が。
Umeda4

 え?と思って、先日の写真をよく見たら、三本のうち一本の線路が撤去された辺りの線路敷きの砂利の色が変わっています。 どうやら、ここに何か線路を横切るものができそうです。

 駐車場はかなり広いので、跨線橋、地下道どちらにしても、バリアフリーのスロープ敷設に問題はありません。 あるいは期間限定の特例措置として踏切も可能ですが、そうなると監視員付の工事車両専用道路になる可能性が大です。

 先日、もしかしてここから貨物線が地下に潜る堀割りができるんじゃない?と線で示した帯は、この線路を越える「何か」の為の通路とも考えられ、そうなると幅から見て、歩行者用トンネルに向けての導入路と考えられます。 工事車両限定とすれば、一方通行にすれば車両通行も可能かな?
Umeda3

 さぁ、どうなるんでしょうね。
 ここに誰でも通れる歩行者用通路ができれば、現在のグランフロント-スカイビル間の地下道より南側に新しい流れができて、私の通勤も数分間短くなります。
 工事用車両通路とすれば一般人には何のメリットもないですが、さて、今日明日とは言わないまでも、いつか撤去されるだろう線路を越えるために、仮となる建設物は何になるのでしょうか。
 どうでもいいといえばどうでもいいと言いつつ、いいウオッチングネタです。

 Umeda5
※赤線が該当箇所。青線は昔からある地下通路。

|

« iPhone SEはただの容量アップだった | トップページ | 情けは人をつけあがらせる? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone SEはただの容量アップだった | トップページ | 情けは人をつけあがらせる? »