« 団洒ジジイ vs 金若のうすら寒い対決だった | トップページ | iPhone SEはただの容量アップだった »

2016年 第2学期の放送大学

 昨季(2016年 第2学期)に視聴した放送大学のコンテンツも、○年○アニメ風に軽く報告しておきます。
 ただし、半分くらい電車の中でウトウトしながら聞いていたため、他人様にしっかりと語れるほどには学んでおりません。 こういう内容がここにあった、というインデックス的に捉えていて、後に再度はっきりとさせたい時には再度録画を見れば良いか、って感じです。
 今季(2017年 第1学期)に再放送されるものもあるので、何かの参考になれば幸いです。

■日本語とコミュニケーション
 日本語の能力を高める、というのではなく、日本語でのコミュニケーションはどういう形を取っているのか、という切り口で、途中、敬語の説明のあたりで分かりにくい部分もありつつ、ああ、なるほど、生まれてこのかた何となく使っているけど、そういうことだったのか、的な再発見がありました。
 日本語、韓国語、中国語での挨拶の立ち位置が特に印象に残っています。

■日本語リテラシー
 上とよく似ていますが、こちらは積極的に日本語能力を高める、ブラッシュアップする講座で、大学らしくレポートの書き方が具体的に解説されていたり、「ら抜き」が可能を表す時にはなぜ許容されるのかなどが面白く、特に自分ニュースというエキソサイズは私の授業でも使わせてもらいました。
 ただ、途中のエッセイや小説の解説はちょっとだれた感が。

■映像コンテンツの制作技術
 ムービー撮影についての具体的な手法講座。 家庭ビデオ撮影程度の知識と経験しかない私にには興味深く、また脚本やシーン作り、編集など、可能なかぎり画面を見るように心がけました。
 また、スチルにも役立つ、例えば照明の解説は非常に参考になり、これまた早速私のブツ撮り授業に役立たせていただきました。

■音楽・情報・脳
 これは大学院の授業なのですが、なるほどそれだけの価値が有る、非常に興味深いものでした。 特にハイパーソニックエフェクトと呼ばれる、可聴周波数を超えた超高域音が果たして存在するのか、それを人間がどうやって聴くことができるのか、そしてそれはどういう効果を人にもたらすのかが特に興味深く、この講座のキモだったような気がします。
 これを見てかつて私が鼻で笑ったハイレゾオーディオにもそれなりの存在意義があると再認識した次第ですが、残念ながらここで強調されているエフェクトはその程度のオーディオでは再生できないほどの高音域であり、またちょっと違う話であることにも気づきます。
 じゃ、どうやって人はそんな超高音を聴くのか、そもそも可聴周波数帯域ってのは嘘だったのか、という疑問も文系人間にちゃんとわかるように構成されている優れものでした。

■身近なネットワークサービス
 比較的得意分野だけに、特に電車の中でぼーっと聴くのに最適でした。 が、時々そうそう、それって今ひとつ理解してなかったよ、とか、え?今はそんな風に進化しているの?という部分もあり、そこだけゴソゴソとiPhoneを取り出して画面チェックしました。
 例えばiPhoneにも搭載され、ApplePayにも使用されているNFCの存在理由とかです。
 ひねくれたことをつけ加えるなら、こういうのでIPv6ってのをちゃんと知ってればIoTがどうのこうのと大騒ぎする必要なんて全然ないのにね、ということです。

■ユーザ調査法
 これ眠たかったです。 いや、申し訳ないけど、ユーザー調査ってそんなに方法があって、しかもそれぞれがそんなに明確に分類されているのを知った、という程度で、あとは寝てました。
 ただ、こういうのを知ると、何となく知った気にUIが、とかUXが、とか言っちゃいかんなぁ、とは痛感いたしました。 はい。

|

« 団洒ジジイ vs 金若のうすら寒い対決だった | トップページ | iPhone SEはただの容量アップだった »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 団洒ジジイ vs 金若のうすら寒い対決だった | トップページ | iPhone SEはただの容量アップだった »