« iPhone忘れたのにAppleWatchにメールが来た | トップページ | Lancersも叩かなくていいの? »

AppleWatchのWi-Fiの謎

 さきほど、前の発言を修正しようと念のためAppleのサイトで仕様を確認して驚きました。 初代AppleWatchでもWi-Fiに対応していたんですね。

 というのは、私は勝手にWi-Fiは第二世代からで、初代はBluetoothのみで外界と繋がっていると信じ込んでいたからです。 で、それを前提に前の「iPhone忘れたのにAppleWatchにメールが来た」を書いたわけです。
 
 ところが初代からWi-Fiに対応してるということは、iPhone無しでもメールの通知が来ることは大したことでは無いのかもしれません。 しかし、このWi-Fiの能動的な設定が、WatchからもiPhoneからもできません。 これはこれで不思議なことです。
 そもそも自宅にせよ職場にせよ、AppleWatchのWi-Fi設定をした覚えもありません。
 
 考えるに、これは同じApple IDで登録されている端末間のみで高速通信をするための、一種のプライベートネットワークを構築しているのかもしれません。
 AirDropが、最初の相手探しこそBluetoothを使うものの、一旦ハンドシェイクが確立したら実はピアtoピアのWi-Fiに切り替えて高速転送を実現しているのはご存知の通りで、だとするとAppleWatchのWi-Fiをユーザーが設定する必要が無い/できないのも納得できます。
 つまりはWideではなく、Narrowである、と。

 だとすると結局、「iPhone忘れたのにAppleWatchにメールが来た」の根本はBluetoothであることは変わらず、特に発言修正の必要は無いということですが、これって能動的に利用できるSDKがあったら面白いのにな、って私ってDeveloperなんだった。 でも無理。 最近忙しすぎです。

|

« iPhone忘れたのにAppleWatchにメールが来た | トップページ | Lancersも叩かなくていいの? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone忘れたのにAppleWatchにメールが来た | トップページ | Lancersも叩かなくていいの? »