« セルフGSの監視バイトに採用されたら警備員の講習が義務だった(3) | トップページ | さよならCATV »

2017冬アニメ

 確か2016秋アニメについても書いていないような気がしつつ、手っ取り早く今現在の報告をしておきましょうか。
 (ACCA13区について3/1加筆しました)

○幼女戦記
 これ、一話だけしか見なければ絶対に切り捨ててたと思います。
 ミリタリーに幼女なんて、売れるならなんでもやりゃあ良いってもんじゃ無いだろ、としか思えませんでした。
 が、たまたまその頃にジュンク堂に寄ったら、ダイジェスト版というか薄い見本誌が置いてあって、ターニャ・フォン・デグレチャフの正体を知り、その途端に逆にめちゃくちゃ楽しみに見なってしまった作品です。
 科学の設定的にはなんであんなに軽々と空中を移動できるの、と訝しがりつつも、それ以外は妙にリアルなのも、今ではお約束の設定なのかもしれません。
 さすがに十字架は描いてないけど、存在Xなる神を軸にしたこの展開ってのは、いわゆる有神論者からみたらどう映るんでしょうね。

○ACCA13区監察課
 今季の個性的絵柄No.1はこれ?と思ってスタッフロール見たら、やっぱりあのオノ・ナツメ作。 しかもアニメ的に特に女性キャラは馴染みやすい可愛らしさに書き換えてあるのも良い感じです。 文句なくロッタはかわいい。 でも声が上のターニャ・フォン・デグレチャフと同じと知って声優の奥の深さに唸ります。
 気になるのがJazz調のBGM。 オンマイクで音が一つ一つ丁寧に流れてくるのが、ヘッドホンで見ているととても良い感じです。 これ、坂道のアポロンやあまんちゅみたいにサントラ出してくれないかな。
 ストーリーは既視感のある、無難な、ってところでしょうか。 ただ、、メインキャラが目つきのせいか究極超人あ〜るに見えてきます。

○四畳半神話大系
 BSでの再放送です。 新編映画化のプレ宣伝。
 放送開始少し前、学生と有頂天家族について話が盛り上がり、だったら先生、四畳半神話大系も見てましたか?てな話に偶然なっていたところです。
 これも私の好きなタイムリープものと言っても良いのかな。 話は難解で、どちらかというと(違う監督の)京騒戯画的不思議さ。 でも先の生徒曰く、最後に向かって全ての話が繋がりますから、楽しみにしておいてください、だそうですから、ひたすらフォローです。

○このすば!2
 もう惰性ですね。 一期で受け入れられたからあとはその流れで、って。
 でもある意味、二期ではなく、あのまま一期の続きを見たかった、という人にはちょうど良いのかもしれません。 異世界転生の日常系とも言えます。
 でも巨乳あり、ほぼノーパン?という絵なのに、嫌悪感を感じさせないのは妙に好感が持てるし、変にベタな恋愛が無いのも良い感じです。 

○政宗くんのリベンジ
○冴えない彼女の育てかた
 片や再放送なんですが、別々に語るほどの値打ちも無い(でも一応ほぼ毎週見ている)ので、まとめて。
 この手の絵とストーリーって、これも最近の異世界転生と共に定番なんでしょうね。 つまり有り得ないけど罪の無い話と、綺麗な少女絵、ところどころ突飛なキャラ設定。 このすば!同様、仕事が終わって酒飲んでぼ〜っと見るのにちょうど良い感じです。

●ユーリ! in ICE
 関西で地上波初(しかもローカル旧U局)、一部では話題作と言われているにもかかわらずあまり盛り上がらない感じでした。
 放送はすでに終了していて、全編録画しているんだけど、フィギュアスケートに興味が無いせいもあって、絵だとか演出も悪く無いのに視聴しておりません。 積ん読になるのかなぁ...

●クズの本懐
 これも録画のみ。 絵も綺麗なんで、忌避する理由は無いんだけど、なんとなく悪の華的というか、最後はドロドロになりそうな気がして気が進まないのが正直なところです。 でもそこそこSEXを意識する場面があったりして、むしろその正直さは評価しているんですけどね。

●セイレン
●亜人ちゃんは語りたい
 切るかも... 切るかも... 切るかも...

<繰り越し>
○機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期
 順調に東映ヤクザ映画路線を突っ走ってます。
 三日月の肉体的な壊れ方といい、(個人的に好きだった)ラフタが地上で殺されたりと、暗いですね。 ブルースです。 でもGのレコンギスタみたいな何描きたいのかさっぱりわからんのよりはずっとわかりやすいので、最後まで見ます。

●三月のライオン
 これ、最初スルーしたんですよ。 将棋に興味無いから。
 でもさすが羽海野チカですね、たまたまテレビで流れているのを見て後悔。 ところが天下の国営放送。 後半が始まる前に前半の一気放送があり、それを確保した上で録画続けています。 将棋に興味が無い人でも普通に見られる登場人物設定や演出で、でも視聴は途中で滞りがち。 あぁ、多忙なのであるよ。


 てなことで、気になる作品が少なかった2016秋に比べ、今季は少々嬉しい苦労をしています。

|

« セルフGSの監視バイトに採用されたら警備員の講習が義務だった(3) | トップページ | さよならCATV »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

●セイレン
●亜人ちゃんは語りたい
 切りました...

投稿: あやおば | 2017年2月28日 (火) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セルフGSの監視バイトに採用されたら警備員の講習が義務だった(3) | トップページ | さよならCATV »