« 昨年末の日露会談に対する「あの人」のコメント | トップページ | CATVって高くない? »

コロン(:)を省いてExcelに時間入力する

 休日に引き受けているWindowsでの画像編集、先日小さな仕様変更があって、マーカーごとの時間を進行表に入力することになりました。
 これが面倒臭い。
 
 中でも一番面倒くさいのが、hh:mm:ssの間を仕切るコロン(:)。
 トトンと数字を打ってコロン打って、またトトンと数字を打って、という作業が、下手すると100回以上続き、さらに私特有の問題として、USキーボード愛用者ゆえにコロンを入力するにはShiftを同時押下しなくてはなりません。 う〜、憂鬱。
 
 幸いにして取引先は、例えば00:23:45の場合は2345でも良いですよ、と言ってくれたものの、それはそれでExcel上で時間として計算ができなくなります。 それも如何なものか。
 ネット検索してみると、同じ悩みを持った人は当然いました。 しかし回答はVB前提ばかりで、これははっきり言って不得意分野。

 そこで、これって正規表現でなんとかならんの?と考えたものの、Windows環境で愛用のテキストエディターTeraPadは一見する限り正規表現に対応しておらず、結局Macにtxtとして持ってきた上で、Jeditで編集することにしました。
 
 最初少し失敗したものの、()で検索の式集合を括り、それを\(バックスラッシュ)を用いて順番を指定してやることで単純な置き換えができることがわかりました。
 
 具体的には、m:ss(234)の場合、
([0-9])([0-9])([0-9])
 で検索、
00:0\1:\2\3
 で置き換えると、
00:02:34となります。

 以下同様に、mm:ss(2345)の場合、
([0-9])([0-9])([0-9])([0-9])
00:\1\2:\3\4

 h:mm:ss(23456)は
([0-9])([0-9])([0-9])([0-9])([0-9])
0\1:\2\3:\4\5
 となります。

 これをExcelの元のセルに書き戻すのですが、ご存知のようにこれでは属性は文字のままですので、時間値に属性を変更すると問題解決。
 
 こうして今日も私立三流文化系はデジタルの向かい風をかわして行くのであった...

|

« 昨年末の日露会談に対する「あの人」のコメント | トップページ | CATVって高くない? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨年末の日露会談に対する「あの人」のコメント | トップページ | CATVって高くない? »