« 知恵の浅さに絶望する | トップページ | docomoを捨ててmineoへ »

AirPodsがいつまでたっても販売されない

 しばらく前から気になっていたのがAppleのAirPodsがいつまでたっても販売されないこと。
 発表されたのが9月、小さいけどすごい商品を出したなぁ、すごい技術だなぁ、と感じ入っていたので、時々Appleのページで、いつ発売が開始されるのかチェックをしていました。
 
 ところが当初発表されていた10月下旬になっても、Appleのサイトでは「注文できません」と表示されたまま。 これまでAppleが、公表していた発売予定日を実現できないというのはあまり記憶にありません。
 そして11月半ばを超えてもまだ購入できないというのは、「ちょっとだけ改良が必要」というにはあまりにも異常な出来事だと言えます。
 
 さっき検索したところでは、年内ギリギリには少量ながら出荷されるのではないかというニュースはあるものの、その横にAirPodsと同様のW1チップを採用したbeatsの製品も出荷が遅れているというニュースがあるのを見ると、どうやら深刻な製造エラーが起こっているのではないかと想像できます。

 話をAirPodsに戻すと、そもそも左右分離型イアフォンで、全く位相のズレなく再生できるのかが非常に興味があります。 波形編集に興味がある人なら、左右の位相のズレが簡単に音像を狂わせてしまうことは周知の事実で、それをエンコード必須のbluetooth経由で解決するには、単なるワイヤレス技術に加え、左右のユニットが相互に連携するような仕組みも想像できます。
 でないと、かつてテレビのデジタル放送開始時によく話題になったように、時報が複数のテレビでずれてしまうという事態が左右のイアフォンによって起こってしまいます。

 或いは超小型充電バッテリーが設計通り持たない、発熱する、などの問題も考えられますが、ここにきて上記他製品の出荷遅れの話を聞くと、W1チップの設計ミス or 歩止まりの悪さが有力かとも思えます。

 9月の段階で、プレス向けには評価用に初期試作ロット的なものが提供されていることから、まさか実物が実現していませんということはないでしょう。 個人的には左右分離、iPhoneとの連携、補助充電機能を備えたケースなど、非常に魅力的な製品だと思っているだけに、成り行きに興味があります。

 ゆえに一部で耳からうどんとかいう感想を見かけると、そのセンスの田舎者度に辟易もしています。 というか、これはもともと有線のEarPodsのデザインを基にしているわけで、それならEarPodsのデザインからして「耳からそうめん」と非難するべきだったでしょう。
 逆に、ついにウラ少尉愛用のセットが実現したとか発想できないの?、とそのSFセンスの欠如を嘆いたりもしています。

|

« 知恵の浅さに絶望する | トップページ | docomoを捨ててmineoへ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

12/13にやっと販売開始されたようです...

投稿: あやおば | 2016年12月14日 (水) 03時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知恵の浅さに絶望する | トップページ | docomoを捨ててmineoへ »