« マップマン発見 | トップページ | 曇って黄ばむヘッドライトの不思議 »

二回目の学生作品集出版

Illustbook
 二年前に初制作した学生の自費作品集の二巻目が完成しました。
 プロデュースした身としては、初号から毎年継続して行きたかったんだけど、残念ながらあまり盛り上がらず、昨年は未発行に終わりました。 個人的に今年改めてプッシュすることもなく、ほとんど忘れていました。
 
 そしたら夏前に二年生の絵の上手い連中が教室に置いてあるそれを見つけ(彼らは初号発行の時には学校にいなかった)、今年は発行しないのか、と訊いてきました。 いやぁ、盛り上がらなくてと答えたら、少なくとも私たちは参加します、と三名が参加表明。
 確かに三名いれば表1,表4あわせて8ページ完成するなぁ、と再び腰をあげることに。

 ところがこの話を一年生にしたら、思ったより絵を描くのが好きな生徒が多く、幸いなことに結局合計14名が参加することになって、もちろんこれは二年前の初号より多い数です。
 これは頑張らなくちゃね、と忘れ去られていたwebページに手を入れて、トップの絵も改めて学生に頼んで描いてもらって、PHPとかデータベースの点検も開始。 依頼するオンデマンド印刷の料金もデータベースに入力した時のままで、思ったより手がかからなかったのも幸いでした。

 表紙の絵を依頼した学生は実は留学生で、いろいろあったのか、この絵を描き上げると同時に突然帰国。 今までうちの学生に無かったタッチだったので惜しい。
 その表紙絵を邪魔しないように私が文字を入れて、全員のデータチェックを終えて、はたと気づいたのがページ数。 参加者14名は偶数で何となくキリが良いと思い込んでいたのか、これに表1,表4加えたら30ページ、物理的には32ページになるので2ページが白紙となってしまいます。

 これはえらいことですがな、今更誰かに頼むわけにもいかないし、と仕方ないので、あっちのblogで二年前まで作ってたフライトシミュレータ画像をコラージュすることに。 使い回しなので新鮮感はないし、学生はこれらがいかに作られているかピンときてない様子で、「なんで飛行機の写真が並べられてるの?先生の勝手な趣味?状態。 いや、一応3Dアートとして見てくださいね。 このためにペンタブ買ったくらいなんだから。

 それはさておいても、集まった絵はデジタル/アナログあり、画風も幅があってとても良いものになりました。
 いや、中途半端なイラストレーションコースのある学校より上手いんじゃないか、とか。(こういうことはあまり大きな声で言ってはいけないらしい)

|

« マップマン発見 | トップページ | 曇って黄ばむヘッドライトの不思議 »

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マップマン発見 | トップページ | 曇って黄ばむヘッドライトの不思議 »