« ハイビーム喚起への違和感 | トップページ | 息子の部屋を大掃除 »

NTTのポイントをかき集めてみると

 NTT西日本から仕事用の回線で得た保有ポイントの案内が来るのに、ログインできなかった問題が解消、これと家庭用回線のポイントを合わせたら、結構なポイント数になることが判明。 ラッキー!
 NTT西日本のポイントはiTunesクーポンに変換し、息子や娘へのささやかなプレゼントにしているのですが、今回はそれをさし引いてもまだ残ったので久々にアルバムを二枚ダウンロード。

 まず一枚目はゴンチチ。 特に彼らのファンというわけでも無く、アルバムは一枚も持っていません。 ただ、たまたまこの夏アニメで「あまんちゅ」というダイビングものをやってて、そのサウンドトラックを彼らが担当。 その腰抜け感がなかなか良い感じだったので初ゴンチチというわけです。
 アニメのサウンドトラックと言っても、ジャケットデザインにその名残があるだけで、中身は全く素直なムービーサウンド。 なんとかぎりぎり過ぎ行く夏の夕風呂に間に合いました。

Jacket

 そしてもう一枚は、久々のフュージョンもの。
 以前たまたま車の中で聞いたジェットストリームで流れていて、即radikoを開いてチェックしたら、オナージェ・アラン・ガムスというピアニストのアルバムでした。
 う〜ん、全然知らない。 新人かいな、と思ったら御歳67歳。 しかもこのアルバムも6年前のもの。 単に私のアンテナが錆びてただけです。
 
 曲はすべてが往年のヒット曲のカバーばかりながら、秀逸なのがそのレコーディング技術。 メインメロディはRhodesらしいステレオトレモロを残しながら、左手のコードはドンとセンターから左右に広がるように固定した録音がとても印象的です。
 ただ、全編そのアレンジで通しているために、ずっと聞き続けると飽きるだろうという気はしますが、それは先のゴンチチも同じく、この手のライトインストゥルメンタルの宿命なのかもしれません。

 んで、このJust like yesterdayというアルバムのジャケット写真。 いかにも乾いた真夏の空気感を表わす過露光ぎみの写真で、遠くになんとあの世界貿易センタービルが写っています。 アルバムは2010年発売ですからとっくに911は起こってて、それも含めて「まるで昨日のような」というメッセージなのかもしれません。
 さらに右手前には自由の女神が写っているので、それを元にGoogle Mapで探すと凡その撮影場所がわかります。 そこはブロードウェイから東に外れた港湾地域、華やかさとは無縁の荒涼とした雰囲気が漂う場所でのワンショットかなと遠く思いを馳せてしまいました。
(こうしてジャケットを2枚並べると、とても脳天気。 日本は平和だ...)

|

« ハイビーム喚起への違和感 | トップページ | 息子の部屋を大掃除 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイビーム喚起への違和感 | トップページ | 息子の部屋を大掃除 »