« 映像の仕事はストレージを浪費するのでBD-Rの6倍速はというと | トップページ | 久々のAdobe Premiere »

鉄が瑞風に群がっていた

 仕事に使う本を探しに梅田のジュンク堂に行こうとしたら、駅にそこそこの鉄が集まって、貨物線の方を睨んでいました。 何か来るのかなぁ、そういえば少し前にEF510の北斗星カラーが貨物に投入された時も結構人出があったっけ、と思いつつ、後ろ髪を引かれながらやってきた電車に乗り込みました。

 ところが次の駅ではさらに多くの人がホームに群がっていて、これは元鉄としてだけではなく、単なる野次馬としても気になってきました。
 結局その駅で降りて、閑散とした方のホームで待つこと30分(いや、決して暇ってわけじゃないんだけどね)、やがて東の方から新大阪の方に向かってDD51が何か黒いものを牽引してやってきました。
 
 城東貨物線からDD51が消えた今となっては、それだけでも貴重なのに、なんだこの黒い葉巻みたいなものは、とよく見たら、JR西日本が来年春から運行する豪華列車瑞風の、それも両端の展望台付き車両の回送だったということがわかりました。 真っ黒なのは塗装面保護のためのラッピングのようです。
 
 いやぁ、しかし、これだけの鉄の群がりを久しぶりに見たなぁ。
 と、達観ししていたら、瑞風直前にみんながこちらに向かって慌ててカメラを向け出し、振り向いたら旅客線をEF65PFが牽引する12系客車の回送が迫ってきて、あ、これは私が邪魔になってしまう!と慌ててホームの柱の陰に逃げ込むあたりは、なんというか昔取った杵柄というか。
 どうやらこれは、テールエンドマークからSLやまぐち号用の回送のようで、このまま山口までドナドナされてゆくわけです。 いやぁ、14ならともかく12系がまだ残ってるんだなぁ。
 
 鉄道沿線に住んでいると飽きないわ...

Mizu1

Mizu2

Mizu3

Mizu4

|

« 映像の仕事はストレージを浪費するのでBD-Rの6倍速はというと | トップページ | 久々のAdobe Premiere »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映像の仕事はストレージを浪費するのでBD-Rの6倍速はというと | トップページ | 久々のAdobe Premiere »