« ええ歳して役に立たない中高年政治屋たち | トップページ | 2016夏アニメ(繰越編) »

2016夏アニメ(新規編)

 夏アニメも折り返し点を過ぎたものが出てくるころ、お盆でございます。
 
 今季は驚くほど気に入ったものが少なくて、おかげでレコーダーの空き容量を気にせずに済むという、珍しいシーズンです。 そんな中、何が残ったかというと、たったの四本。 これに先シーズンの繰越が加わるという流れです。

○ReLife
 ちょっと地味な絵なんだけど、声優は一流。 どうも最近の個人的な好みがタイムリープものが多い中で、これもそんな感じ。 でも「人生やり直したいっ!」っていう後ろ向きなシリアスさよりも、なんというか、軽い、でも軽すぎない学園モノという感じで、妙に見続けています。
 最終的には、登場人物の真実がどうなっているのかを楽しみにしています。 この辺りはAngel Beats!的で、最後の最後は本当に記憶から消えるの?という興味はプラスティック・メモリーズ的?(僕だけがいない街か?)
 絵的にはサムライフラメンコにタッチが似ている気が。
 
○モブサイコ100
 あまりの絵の汚さに、最初はすぐに削除しようと思いましたが、結構真面目な、いい意味で古臭い正義みたいなのが安心して見られることに気がつきました。 こないだ終わったワンパンマンと似てながら、こちらのほうが登場人物や設定が自然で(って超能力自体はまったく自然じゃないけど)、結局今でも見ています。
 まったく受け入れられないあのいい加減な探偵もどきも、ED見てるとなぜか茂夫との親密さが想像以上で、彼も何かあるのか、いや単なるいい加減な奴かと、案外気になっています。

○天鏡のアルデラミン
 絵的にはなんか安っぽいんですが、ストーリーが戦略(戦術?)系で、ヒロインのありえないほど強い剣術に白けつつも、毎週楽しみにしている一本です。 コクがいまひとつないのは、恐らくアニメ版では主人公の女好きだとか自堕落さが、設定ほど描かれていないからかも知れません。
 
○あまんちゅ
 先シーズンのふらいんぐういっち的に、癒しですね。癒し。 季節もリアルに合っていて、GONTITIの音楽も併せて環境アニメになってます。 水際ものなのに巨乳エロデッサンに走ってないところも良いです。(変な犬猫もどきはどうでもいいかな...)
 ただの日常系かと思わせつつ、リアリティの低い女子の制服設定が軽い異世界感を醸していますね。 まぁ伊東なんだけど。
 関係ないけど、仕事で伊東のハトヤ(正確には別館らしい)の前を通った時には正直感動しました。 だってあの「伊東に行くならハトヤ」ですから。 やっぱり今でも電話は4126なんでしょうか...

 閑話休題。考えてみればこの四本の新規ものの中で、絵が最もきれいなのがこれですね。 あんなに目と眉が離れている(彫りが浅い)のに綺麗に見えるってのが新鮮な発見です。 絵といえば、配色が好みなのでエンディングに目を凝らしたら、J.C.STAFFで、あぁ、とあるシリーズの夏の色だ、と納得した次第。

 先シーズンからの繰越ものについては次の機会で。
 
 さて、夕食の材料を買ってこなければ。 ればればれば。 って肝を買ってくるわけではない。

|

« ええ歳して役に立たない中高年政治屋たち | トップページ | 2016夏アニメ(繰越編) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ええ歳して役に立たない中高年政治屋たち | トップページ | 2016夏アニメ(繰越編) »