« 日本語は面白い | トップページ | イギリスのEU離脱とアベノミクス »

watchOS 3 beta登場

 ここしばらくの寝不足のために昨夜は思い切り熟睡、朝起きてからWWDCの内容を知りました。
 watchOSのbeta版といえば思い出すのがリストア地獄。 一方で、backgroundでの動作が許可されたとか、spriteKitが使えるようになったとか、確かめたいことも幾つかあります。

 ということで、とりあえずbeta版ダウンロードガイドを見てみたところ、あれ?現行バージョンへのリストア(書き戻し)に関する記述や注意がありません。
 う〜む、これは書き戻し自由になったのか、あるいは単に触れてないだけなのか。 正直悩みます。 前者なら大歓迎だけど、もし後者だったら再び地獄だもんな...

 意外なことに、今回はwatchOS 3 betaの最低稼働条件がiOS9以降となっていますから、Xcode8 betaは必須なものの、macOS 10.12 や iOS 10のbetaはインストールする必要がないのが救いかもしれません。
 それだけwatchOSのiOSへの依存度が下がっているという証拠でしょうね。

|

« 日本語は面白い | トップページ | イギリスのEU離脱とアベノミクス »

iOS と Xcode」カテゴリの記事

コメント

 インストールガイドを改めて読み直すと、iOS 10 betaのインストールが前提となっていました。 お詫びして訂正します。

投稿: あやおば | 2016年6月17日 (金) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本語は面白い | トップページ | イギリスのEU離脱とアベノミクス »