« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

イギリスのEU離脱とアベノミクス

 直前の報道が残留有利だっただけに、最終的にイギリスがEU離脱に落ち着いたのは意外だった、というのは私レベルだけではなく、世界的にそうだったようです。 実際、世界も狼狽しているのは明らかで、週明けからの動きが(株なんか持ってないけど)気になります。
 本国でも、早速再投票の動きや、ベビーブーマーを恨む若者の声などが紹介されていますが、とりあえず決まったことは決まったこと。
 
 で、グローバルな視線は並み居る専門家に任せ、卑近な我が生活にどう影響するかを考えてみると、やはり参院選でしょうか。
 もともと離脱投票前からこの選挙の主たるテーマの一つに挙げられていたのがアベノミクスの評価。 私はアベノミクスのタイミングは、おかげで株価が上がり、個人的な景気(収入)はともかく、学生を指導する立場として企業の求人数が目に見えて増加したことからも、成功だったと評価しています。

 ところが皆さんあまり口にすることがないのが不思議なのが、あの経済復活は別に安倍のおかげではなく、たまたまアメリカがあの時期にリーマンショックから立ち直ったのに釣られたにすぎません。 つまり、ドジョウ野田が訳のわからない自慰的退陣&総選挙を行わなければ、民主党政治の下でもとりあえずそのアメリカ発の景気復興の恩恵に与れたわけです。
 
 もちろんそうなると安倍の子飼いである黒田は日銀総裁にはなれず、現在の破滅的な資金緩和は実行されませんから、株価のバブル的上昇は今ほどではなかったでしょうが、とりあえず景気は誰が日本の政治をやっていたとしても回復基調には乗っていたはずです。
 つまりアベノミクスの評価と声高に問えば問うほど、むしろ安倍に実績があったもしれないと映るだけではないかと斜めに眺めています。 あれは歴代自民党政治が得意としてたバラマキ経済を踏襲しただけです。

 野党連合は今回の舌戦で、アベノミクスは一流企業にしか恩恵が無かったと責めています。 しかしこれは企業からの税収増を基軸に据えている限り当たり前の話で、それが下々の民にまで降りてくるかどうかは安倍政治、というか自民党政治は知ったことではありません。 というか、御せるわけがない。 だって民業圧迫になるもんね、と端から想定外であるのが本音です。 社会主義的経済政策を柱としておきながら、変なところで民主主義なのが今の自民党政治。
 
 ではそれを国民へ配分、と謳ったところで、次の国際恐慌は日本の国債デフォルト発だと噂される中、税収減を無視した福祉政策は経済的自殺行為となります。 少なくとも今日焦点となっている野党連合にこの難しい経済局面を乗り越えられる力(というか、官僚の協力)があるとも思えません。

 では結論。
 次回選挙で自民政治の継続を望むのかというと、それは改憲が絡むだけに話が複雑です。 もし今回の参院選で自民勢力が改憲に必要な議席数を確保したとしても、おそらくそれは今後間違いなくやってくる不景気により当面の間二度とやってこないでしょう。
 安倍は祖父時代からのブルジョア保守政治を復古させる最後のチャンスとして、必ず憲法改正、それも中国の動きをうまく利用した、我々が想像するよりも専制軍事的改変に傾く可能性が大だと私は予測しています。 それはいくら世界が争いの時代に向かう流れにあるとしても防ぎたい。
 その点では、野合と呼ばれても今回の候補者を巡る野党談合は評価したいところ。 何を目指しているのかわからない、という批判は当たり前。 とりあえず改憲だけは阻止しなければならない点だけが評価です。

 英EU離脱→景気悪化→アベノミクスってだめじゃん=○
 英EU離脱→景気悪化→さらなる経済緩和でとりあえず手持ちの資産を売り抜けるだけの回復を=×

 ということで、私としては次回参院選、改憲できない程度に自民が優勢を維持、という線を期待しています。

| | コメント (0)

watchOS 3 beta登場

 ここしばらくの寝不足のために昨夜は思い切り熟睡、朝起きてからWWDCの内容を知りました。
 watchOSのbeta版といえば思い出すのがリストア地獄。 一方で、backgroundでの動作が許可されたとか、spriteKitが使えるようになったとか、確かめたいことも幾つかあります。

 ということで、とりあえずbeta版ダウンロードガイドを見てみたところ、あれ?現行バージョンへのリストア(書き戻し)に関する記述や注意がありません。
 う〜む、これは書き戻し自由になったのか、あるいは単に触れてないだけなのか。 正直悩みます。 前者なら大歓迎だけど、もし後者だったら再び地獄だもんな...

 意外なことに、今回はwatchOS 3 betaの最低稼働条件がiOS9以降となっていますから、Xcode8 betaは必須なものの、macOS 10.12 や iOS 10のbetaはインストールする必要がないのが救いかもしれません。
 それだけwatchOSのiOSへの依存度が下がっているという証拠でしょうね。

| | コメント (1)

日本語は面白い

 ニフティのニュース見出しを見ていたら、「下呂市長が訪韓中朝酒し公務」というのが。

 これは下呂市長が「韓国と中国と北朝鮮を訪問して酒した」のか、「韓国と中国を訪問して朝酒した」のか、「韓国を訪問中に朝酒した」のか一瞬分からなかった。
 
 桂米朝師匠が誰かと会談するのがそんなにニュースになるのか、と若い頃驚いた「米朝会談」を思い出しました。
 プロ野球交流戦の「中ソ戦」「中ロ戦」「日中戦」も笑える。 「中日戦」になるともうどことどこが戦っているかわからない。 ま、いずれを見ても「中」は好戦的なんだけど。

| | コメント (0)

Windowsのクソアプリを愚痴っても良いですか??

Camtasia

 昨日は月曜日としては久々の休み。 とはいえ、お仕事も忘れません。
 
 と、Windows上で医療用ビデオの編集作業をはじめました。
 カムタジアスタジオ(Camtasia Studio)っていうTechSmithというベンダー発の世にも珍しいソフトウエアをメインにした仕事なんだけど、これが絶句するほど酷いクソプログラムで、16GB RAMでも落ちる落ちる。 いや、MS DOSやSystem 6時代でもこんなにボコボコ落ちるソフトウエアは見たことがありません。

 タスクマネージャーを見ていると、4GBを超えたらほぼ確実に落ち、我がWindows7はhomeながら64bit版ですから、アプリ内部で64bit対応できてないことが有り有り。
 まぁいい。 それでもバカはバカなりに使えば良い。 何より取引先の指定なんだから他に選択肢はありません。 とにかく一つ編集が終わっては上書き保存を繰り返し、頻発するフリーズに対処すれば良いだけです。

 が...
 昨日、ある程度仕事が進んだ時点で、フリーズの兆候。 慣れたもので、こういう時は上書き保存してから再起動。
 すると、あれ? あれあれあれ? 最後に編集した場所以降のコンテンツがタイムラインから消えています。 うっそ〜〜〜! 
 いやいやいや、こんなことではこのクソアプリには驚かされません。 再度再起動して立ち上げると、自前の自動保存機能が「変更が保存されずに異常終了しましたが、復活しますか?」と言ってきたので、はいはい、とにかく元に戻してください、と復活ボタンをクリック。
 
 すると... するとするとすると... なんとっ! 五時間前に保存した内容に戻ってしまいました。
 え... あの数え切れないほどの上書き保存はなんだったの...

 これには例のWindows独特のわけのわからないファイルシステムも絡んでいる可能性もあります。 こんなこと、ここ最近堕落したとはいえ、MacOSとAdobe系アプリでは絶対起きません。
 
 どちらにせよクソアプリケーションがクソOSに載っているとこんな紀元前的エラーが起こるっていう悲しい実話でございます。

| | コメント (0)

知らなかったぞ、スマートドール

 Safariの広告ブロックをしていると、過去の閲覧履歴による広告が表示されないのは良いんだけど、その代わり妙にマイナーな静止画広告が出ます。 大方は全く興味がない(そういう意味では個人の閲覧履歴は全く無視されている)韓流アイドルの情報だったり、スラング満載のニュース見出しで、これはこれでうんざりしているんだけど、先日変なファッション広告が出てきました。

 なんじゃこれ?と久々に興味津々クリックをしてみたら、なんとこれがスマートドールという世界。 いや、まぁ、御存じない方は下の写真をクリックしてオフィシャルページをご覧ください。

Smartdoll1
 
 まぁ、ファッション界へのアプローチとか謳っているけど、所詮萌えっちゃぁ萌え。 しかしこのショップ写真からしてもわかるように、アプローチがいかにも夷っぽい。 要は中華系イギリス人が日本のフィギュア技術を用いて、大人版リカちゃんを作ってしまったという感じ。 かな?
 とはいえ、体長60cmというから、リカちゃんやフィギアにしては大きいし、ある意味確かに別の存在感を感じます。
 
 で、この傀儡は「買う」のではなく「お迎えする」と表現するのが正しいらしい。
 んで、野外でファッションモデルよろしく撮影するのが王道らしく、確かにモデル体型であるので、公開されている写真自体は単なる萌えから一線を画しているのは明らかんだけど、テキストを読む限り、それなりに一般人の視線には苦労されている様子。

 さらに検索して行くと、すでに小型モーターで動くモデルすら開発されているのを知り、いや、まぁ確かにその方向は自然なんだろうけど、もうこうなると二次元しか興味はありません!ではなく、三次元にも興味はあるんだけどリアル人間には興味ありません!という世界もすぐそこに迫っていることに改めて驚愕してしまいます。
 しかもラインナップには男性モデルも加わっていますから、もうこれはオタク男子に限った話ではありません。

 てなことでこの数日、軽いカルチャーショックに見舞われていたのですが、最も問題なのは、こんな攻殻機動隊的物体を2〜3年の間知らなかったこと。 個人的にファンだったNHKの「東京カワイイTV」が今でも続いていればとっくに紹介されていたムーブメントに違いありません。
 そう、この手の世界に浸かる気持ちはさらさらなく、単にこんなすごいサイバーな動きを知らなかったという自分のアンテナの錆びっぷりがショックだっただけです。

Smartdoll2

| | コメント (0)

ポンタカードのボロ

Pontacard
 少し前からポンタカードの裏フィルムが剥がれてきて、ついに生き別れになりました。 母が入院した時、これからしばらく通うからと院内のローソンで手にして以来だから、えっと約二年。
 どうするべ、と思って非常勤仲間にこぼしたら、私も剥がれてテープで貼ってるとか、あれは剥がれるもんだとか、特に珍しくもない現象であることが発覚。 なんだそんなもんか。 ポンタカードボロすぎ。

 でも確かそこそこポイント貯まってたはずで、再発行できるのかなぁ、と久々にカード記載のサイトに行ったら、どうも様子がおかしい。 とにかくponta web登録=リクルートID取得をさせてリクルートグループのサービスと一緒にさせたい方向ありありで、いや、そんなもんよりとにかくカードの再発行だけをしたいんだけど、と探すもトップページから見つけることができません。

 ログインページに入ってもponta web登録ばかりが目立って少しイライラしてきました。 しかしよーく見ると、一番下に小さい文字で「Ponta会員IDのみでご利用の方はこちら」とほんと申し訳程度のリンクが貼ってあって、そこからやっとカード記載のPonta会員IDでログイン、無事再発行申請ができました。

 なんか、あざといUIだなぁ、とブツブツ文句を言いながらさらに少し見ていると、iPhoneアプリ版のポンタカードがあることを発見。 あ、これなら剥がれもないし、カードを一枚財布から抜くことができる!と喜んだのもつかの間、ダウンロードしてみると今度はローソンIDが要るという。
 ここまで出てきたIDは、ponta会員ID、リクルートID、そしてローソンID。 わからん...

 まぁ、用もないリクルートIDよりはいいか、とこの手の用途にいつも利用するメルアドで新規申請したら、すでにそのアドレスは登録されています、とのこと。 あれ?ととりあえずそのメルアドをアプリに入力したら、あっさりとログイン、シンクロできました。 ん〜、結果オーライだけど、いつ登録したんだっけ?

 そうそう、確かそこそこたまっていたはずのポイントは、たったの50いくつ。 あれ? そういえば一度昼飯買って消化しましたっけ。 大山鳴動してなんとやら。

Pontacard_2

| | コメント (1)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »