« 2016春の面白いテレビ | トップページ | 還暦前の肥満傾向 »

昼食をおにぎりにしてみた

 忙しいのであります。
 この土日も仕事で、それはフリーの身としてはありがたいんだけど、その割に痩せない。
 外で仕事のある日は、200kcal/日と控えめな設定のApple WATCHのアクティビティがほぼ2周するくらい動いているのに、帰って風呂に入る前に体重を計っても、たいして痩せていない。 逆に大して太りもしないんだけど、これはここ十年くらいずっと同じ傾向でした。
Gohan
 
 で、よくよく考えてみるに、この間、昼食は同じようなものを食べてます。
 もちろん、ワンコインでご飯山盛り大満足みたいなのではなくて、ずっとサラダ+パン。
 
 パンはつい一年くらい前はサンドウィッチだったのが、300〜400kcalと結構カロリーが高く、しかも価格も高いと(やっと)気づき、ふつうのウインナー一本挟んだだけのパンに変えました。 でもこないだふと袋のカロリー表示を見て、それでも300kcalを超えているのにびっくり。
 てな話を非常勤仲間に話したら、米(おにぎり)の方がカロリーが低いという話になり、朝、いつものローソンでおにぎりを手に取ってみたら、確かに200kcal弱。 価格的にもほぼどっこい。 糖質制限でご飯を残す傾向に顰蹙の声が上がっている中、いや、パンの方がもっと凶悪なんだけど、と改めて気付いた次第です。
 この手のコンビニおにぎりにはやれ油だの砂糖がまぶしてあるだのの悪評が絶えませんが、同じ環境で買い求める限りはパンだって似たようなもの。
 
 ということで先日来より意識しておにぎりにしてみました。
 だからといって体重が劇的に減ったとかいうわけではないのですが、要するに歳とともにますます痩せにくい体質になっている、という話なのかもしれません。
Gohan_2

|

« 2016春の面白いテレビ | トップページ | 還暦前の肥満傾向 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016春の面白いテレビ | トップページ | 還暦前の肥満傾向 »