« Apple WATCHのバンドをウーブンナイロンに | トップページ | 昼食をおにぎりにしてみた »

2016春の面白いテレビ

 テレビといえばNHKとmotoGP、それにアニメくらいしか見ない私ですが、今季は珍しくドラマを見ています。
 
○それは「重版出来!」。
 原作はコミックで、以前から関係誌で紹介されていて、私も一巻は読んでいたのですが、原作を読み終える前にドラマ化されてしまいました。
 もともと仕事がグラフィックデザイン関連なので、業界、それもあまり縁の無い大出版社のコミック部門が舞台で、非常に興味深いことがいっぱい散りばめられています。
 話はすでに五話を経ていて、いま何より面白いのが「新人潰し」。 これはすでに音楽の世界で顕著で、ほんの数年前に大人気を博したアーティストが「今何処」状態にすぐなってしまう仕組みです。
 そこそこの実力のアーティストを拾ってきて、お手軽パッケージでデビューさせる。 いろいろなメディアを絡めて、全国ツアーが一度できればしめたもの。 そのうちギャラや待遇アップを要求してきたら「同じ値段で君らより実力あるのはなんぼでもおるねんで(なぜ関西弁なのかは不明)」とあっさり捨てる。

 同じ図式はアニメ制作、俳優や声優にも見られるんですが、コミックの世界での「新人潰し」が見られるとわかって、興味津々です。 ドラマでは、新しい漫画家をpixivから拾ってくるシーンがあって、思わず唸ってしまいました。
 いやほんと、大人って汚いのよ。 大人と大企業が生き残るために若者の才能がどんどん乱暴に食いつぶされてゆく時代なのです。
 
 
○アニメも放送開始から一ヶ月が経過、そろそろ取捨選択をする時期に急激に面白さを増しているのが「Re:ゼロから始める異世界生活」。
 最初は先の冬アニメでやっていた「この素晴らしい世界に祝福を!」の後追いリアリティゲームワールドかな、と軽く捉えていたら、実は私の好きなタイムリープ絡みの設定で、今では一週間の中で最も楽しみにしている作品となってしまいました。
 考えてみればゲームの世界でゲームオーバーやリセット、あるいは保存したところからの再開というのは一種のタイムリープであり、でもそれに着目して物語にした原作の着眼点に感心しています。
 あとはヒロインを筆頭とした女性キャラの超可愛さもあり、加えて新井里美や子安武人の存在もプラスだったりします。
 
 
○放送大学「データ構造とプログラミング」 これは偶然CATVBSのザッピングで見つけたのですが、いや、本当に興味深い内容です。
 いわゆるEテレでたまにやっている一般向け的な生易しいものではなく、本当に大学の専門過程レベルの内容です。
 これまで泥縄的にスクリプティングやプログラミングをやってきた私は、いつかこういう風に専門レベルの基礎知識を体系的にしっかり学んでみたいと思っていたので、まさに渡りに船。 この放送大学、カリキュラムを探すのがちょっとややこしいのが難点ながら、こんな感じで、今上っ面しか撫でていない知識をしっかりと補強していきたいと考えています。
 いや、単にいまさら他人に訊けない、ってだけなんですけど。
 
 まぁ、こうした切り方をすると、まだテレビ媒体は私にとって鋭さを失っていないわけです。

|

« Apple WATCHのバンドをウーブンナイロンに | トップページ | 昼食をおにぎりにしてみた »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Apple WATCHのバンドをウーブンナイロンに | トップページ | 昼食をおにぎりにしてみた »