« 数分遅れて数mm揺れる | トップページ | Adobe Illustrator CCのGPUプレビューが変 »

実写版攻殻機動隊の荒巻が違う

 今日、電車待ちの間にYahoo!を流し見していると、アメリカで進められている攻殻機動隊のキャステングの話題がありました。 主な俳優は外国人ながら、荒巻のところを見て愕然。
 北野武。
 
 おいおいおい、それはないだろう。 中年時代はパトレーバーの後藤、老年期は荒巻と憧れていた私にとってはとんでもない人選です。
 ああいう脂ギッシュで非知的に見える人物には絶対やって欲しくなかったし、そもそもなんでそこだけ日本人の、しかも名前の売れた、しかも100%ピュアな俳優じゃないのさ。
 
 で、ふと思い出したのが、話題取りのために吹き替え声優をアイドルや俳優、果てはお笑い芸人にさせる流れ。 これにはスカイクロラの菊地凛子でひどい目にあったし、ついこないだも上戸彩が洋画の吹き替えをした番宣(映宣?)を見て、やっぱり専門家には及ばないという印象しか残りませんでした。
 
 単なる人殺し映画制作でたまたま世界の人になっだけの東京芸人を、また日本のマスコミは大騒ぎして取り扱うんだろうなぁ。 まぁ、そのための配役なのかもしれないし、不評に終わったら終わったでそれなりに叩けるし、と捉えればいいんでしょうけどねぇ。

|

« 数分遅れて数mm揺れる | トップページ | Adobe Illustrator CCのGPUプレビューが変 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 数分遅れて数mm揺れる | トップページ | Adobe Illustrator CCのGPUプレビューが変 »