« 携帯料金は詐欺的体質 | トップページ | イオン化した元ダイエーに早くも消滅の危機? »

ウィンターモードは燃費に有利

 北海道では雪とはいえ、さすがにスタッドレスから夏タイヤに戻しました。
 昨年まではこの作業を事務所があったマンションの駐車場で行っていたのですが、戦線縮小に伴ってタイヤを自宅マンションに移動。 するとエレベーターで台車に載せたタイヤが一度に運べてむしろ楽になったというのが皮肉です。 実際、作業時間も30分程度短くなっています。
 
 それはともかく、この三ヶ月間、車のATをウィンターモードにしてみたら、なんと燃費が1〜1.5km伸びたというお話。
 
 C200(W202)のウィンターモードは2速発進(ただし思い切りアクセルを踏み込むと1速から)、シフトアップ早め、リバースもギア比が下がるという仕様です。
 私の知識としては、いたずらに高いギアを使うのはポンピングロスの増加を招き、ドライバビリティの低下と併せて、滑りやすい路面以外で常用するのはメリットがないというものでした。
 
 ところが、ピレリのスタッドレスタイヤはサマーモードではエンジントルクの変化でトレッド面が捩れるのか、低速時にユラユラっとした妙な挙動を示す傾向があり、よりトルク変動の少ないウィンターモードにATを変更したらこれがいい感じで、それが目的でこの間ずっとそのままで走っていました。
 動力性能は確かに落ちるのですが、このタイヤ、妙に前後方向のグリップが低く、たまにドライでも発進時にリアがスリップすることもあり、この塩梅がちょうど良いくらいになりました。
 
 すると満タン法ながら、ほぼ同じ運転パターンで二度計測して、それまで8〜9弱だったのが常に9〜10弱に燃費が向上したのです。 スタドッレスの方が転がり抵抗も大きいはずで、う〜む、私の知識はなんだったのか。
 
 とはいえ夏タイヤに戻した今、よりソリッドなP7の場合、ウィンターモードはただの鈍臭いモードかも、ということでATもノーマル(サマー)モードに戻しました。 ただ、乗り心地と騒音は若干悪化。 これはそこそこ磨耗してきたのもあるんですが。
 まぁ、これはこれでキビキビ走れてよろしい。

|

« 携帯料金は詐欺的体質 | トップページ | イオン化した元ダイエーに早くも消滅の危機? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 携帯料金は詐欺的体質 | トップページ | イオン化した元ダイエーに早くも消滅の危機? »