« 日本でwatchOSをβ版にしてはいけない理由(2) | トップページ | 日本でwatchOSをβ版にしてはいけない理由(4) »

日本でwatchOSをβ版にしてはいけない理由(3)

 週末や仕事の都合で数日あけた後、同じシニアアドバイザーのB氏から連絡があったものの、さすがに米Appleの文章を読んだらなんとかしてくれるだろうという私の甘い予想を見事真正面から裏切ってくれました。

 曰く。
 問題の根拠となっている"watchOS beta Software Installation Guide"を、普段なら絶対に読まないエリアにもかかわらず、個人的な協力を得て、さらにエンジニア部門とも相談した。 その結果、やはりアップルサポートの対応は不可能で、watchOS 2.2が正式バージョンになるまで待ってもらうしか無い、とのこと。
 
 まぁ、ご大層に言ってますが、デベロッパー登録している社員が例の書類をダウンロードしてみんなで読んだけど、AppleWatchのOS書き換えなんてできない、あるいはやりたくない、だから知らない、ということです。

 AppleWatchのベルト装着部分に隠し端子があるのは有名で、想像するにおそらくあそこに専用コネクターを取り付けてパソコンからOS書き換えをするのだと思いますが、もしかしたらその機械がアップルサポートの手元に無いのかもしれません。 あるいは使い方を知らないとか。 とにかくユーザーが困っているから何とかしなくては、という姿勢はなく、「恐れ入ります〇〇様」で始まる慇懃無礼なクレーマー撃退攻撃のみ。
 
 β版OSのままだと何が困るかというと、AppStoreが登録を受け付けてくれません。 そりゃダウンロードするユーザーにしてみれば、公式バージョンでは無いOSやツールでビルドしたアプリなんて信用できません。 だからこそ米Appleは、通常の方法では難しいwatchOSの書き戻し手段すら何とか確保しているわけです。

 つまりはこの間、私は少なくともAppleWatchのアプリをAppStoreに登録できない、セコイ言い方をすると、問題が起きたのが二月初旬ですから、もうそろそろ一ヶ月経過。 ざっと千円弱のメンバーシップフィーをどぶに捨てさせられているわけです。
 噂ではiOSやらwatchOSのβ版が正式版になるのは今月中頃ということですから、アップルサポートの言い分を鵜呑みにするなら、まだこれから半月間放置が続くことになります。
 まぁ、正直それで目に見える金銭的被害が出たわけもなく、「訴えてやる!」と息巻いたところで相手は海千山千の外資系。 到底勝ち目はありません。 でも、このままじゃ明らかに虚偽記載です>米本社

 しかし最も気分を害したのがアップルサポートのデベロッパーに対する認識。
 このシニアアドバイザーB氏、やり取りの中で、「興味本位でβ版をインストールされて問題が起きたからといって、AppleWatchの交換を望まれても対処しかねます」と言った言葉です。
 
 この短い言葉の中には二つの大きな問題が隠れていて、まずはデベロッパーのβ版テストをパソヲタ同士の自慢ネタくらいに捉えていること。 アップルサポートがアップルユーザーをサポートしなくてはならないのと同様、アプリケーションデベロッパーもユーザーをサポートしなくてはなりません。 OSが新しくなって自分の書いたコードがちゃんと動き続けるのかのチェックは必須業務と言っても過言ではありません。 なのにこれを「興味本位」と認識していること。
 
 二つ目は、私は単にOSの書き戻しを依頼したいだけなのに、AppleWatchの新品交換を要求していることになっていること。 これを問いただすと、「お客様の場合はまだ1年間の保証期間内ですから修理ではなく交換になってしまいます」とのお答え。
 だぁかぁらぁ、交換でも修理でもなく「OSの書き戻し」なんだってばさ。 あんたのところに電話しろ、とインストール時に読まなくてはならない書類に書いてあるんだってばさ、と言ったところで、とにかくwatchOS 2.2が正式バージョンになるまで待ってもらうしか無い、の一点張り。

 面白かった(?)のは、デベロッパー窓口の正式名称(World wide developer supportというんだそうな)を訊いたとき、一瞬自分で調べようとして、すぐに横から誰かが資料を差し出す or 指示する様子が読み取れ、どうやらこのB氏の周囲には同じくヘッドセットを装着した数人のスタッフが応援として立っているようで、「行け! N! このままこのエラそうな大阪弁のクレーマーを押し戻せ!」とエールを送っていたのかもしれません。

 さて、この時点ではこれ以上どうしようもありません。 でも納得できない敗北は絶対に認めたく無いし、ムカつく奴は絶対に泣かしたる、の子供の頃からのポリシーを守るために、いろいろと画策。
 いや、そんな感情的なことではなく、とにかく私のAppleWatchのOSを書き戻さなくてはならないのです。
 で、探しに探してあちこちに日本語、英語でアピールすることに。

|

« 日本でwatchOSをβ版にしてはいけない理由(2) | トップページ | 日本でwatchOSをβ版にしてはいけない理由(4) »

iOS と Xcode」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本でwatchOSをβ版にしてはいけない理由(2) | トップページ | 日本でwatchOSをβ版にしてはいけない理由(4) »