« 35,000曲と生きる危険 | トップページ | オンワードファミリーセールの地獄 »

ボタンダウンシャツ雑談

 数ヶ月前、手持ちのボタンダウンシャツに傷みが目立つようになっているのに気がつきました。
 VAN JACKETが潰れてしばらくさまよった後、私のボタンダウンシャツはJ.PRESSと決めているんだけど、ここしばらくの貧乏生活で、それももったいないかぁ、最近のJ.PRESSは高い割に作りが悪いからなぁ、と初めてユニクロのそれに手を出しました。
 これにはここしばらくのユニクロ製品への好印象があったからですが、このボタンダウンにはがっかり。 まず襟が低くて、まぁそれはデザイン的個性としても、襟の後ろボタンがないせいもあって、腰がありません。 同じく後ろボタンがなかったKentはそれでももっとしっかりしていたぞ。
 
 いえいえ、贅沢を言ってはいけません。 たったの2,000円程度で綿100%のオックスフォードシャツが手に入るのです。 ただ、最大に残念だったのがボタンホールの作り。 ボタンを留めても次々に外れてしまうのです。
 前立てを引っ張ると、以後大丈夫なのですが、おそらく前立ての生地、ボタンホールの設計、ボタン糸の高さなどが合ってないんでしょうね。 これでは朝いちのテンションが下がってしまうというものです。
 
 う〜ん残念、と後悔していたら、ここ数日、さらに他のボタンダウンシャツの傷みが急速に進み、襟周りなど、さすがに他人が見たらみすぼらしく見えるなぁ、人気商売でもある非常勤講師としてはマイナスだなぁ、とか暗い気持ちになっていたら、ぽこんとオンワードのバーゲンの封筒。
 そうかぁ、仕方ないかぁ、やっぱ無理してでもJ.PRESSを何着か買っておくかぁ、と初日に出かけました。 この時の地獄絵図はまた別に書くとして、とりあえず我慢我慢、四時間以上かけて三着ゲット。
 値札の割引率を勘違いして予算オーバーでしたが、とりあえず久々に新品J.PRESSのBDをに袖を通しました。

Bdshirts

 うん、やっぱり良いですね。 何より襟の高さとコシが好みで、ノーネクタイでも(ネクタイなんて年数日しかしない)綺麗な形になるのが何より最高です。 でも正札でユニクロ比5〜7倍の差があるとは思えない。 いくらなんでもボリすぎ>オンワード
 
 てなわけで、なんでもかんでもユニクロに置き換えられるもんではないんだと納得した次第です。 でも、さっき値段の確認のためにユニクロのサイト見たら、スタンドカラーとかツイル地とか、なかなか良さげなものが相変わらず並んでいますので、それほどがっかりはしていません。

|

« 35,000曲と生きる危険 | トップページ | オンワードファミリーセールの地獄 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 35,000曲と生きる危険 | トップページ | オンワードファミリーセールの地獄 »