« ボタンダウンシャツ雑談 | トップページ | 日本でwatchOSをβ版にしてはいけない理由(1) »

オンワードファミリーセールの地獄

 で、久々にJ.PRESSのボタンダウンを買いに行った時のオンワードファミリーセール地獄絵図話。
 
 今回の会場はオンワードの流通倉庫である港オペレーションセンターで、私としては初会場。 もしかしたらこのセールとしても初かもしれません。 なんでも数年前までデフォルトだった大阪市内高殿にあった施設を手放してこちらに移したそうです。
 
 この間にもマイドーム大阪など他会場もありつつ、今回はこの辺鄙な場所で、さらにたったの四日間、平日は一日しか挟んでいません。 いつもならこのイベントには平日に参加するのに、今回は残念ながら仕事が入っていて不可。
 加えて、このバーゲン、ここしばらく少なくともJ.PRESSに限っては、日程や時間が後になればなるほどクズ商品しか残っていないことが多く、混雑覚悟で初日の祝日に行くことにしました。

 この時は、「まぁ、混んではいるんだろうな」程度にしか考えていませんでした。 しかし、無料送迎バスが出ているJR弁天町駅前二階から折り返し行列。 ただし、これは案外スムーズに流れたのでホッとして一階に降りたら何重にも重なる長蛇の列が待ち構えていて、まずここで30分ほど待ち。
 
 そこそこ次々と来るバスで15分ほどで会場着。 あ〜あ、帰りもこのバス行列に並ぶんだな、必要なものを買ったらさっさと帰ろう、と思いつつおめあての商品を探すんだけど、いやに会場内が混んでいる。 それも買い物客じゃなくて、どうもレジ待ちの客らしい。 嫌な予感がしつつも、とりあえず買い物を済ませた頃に「ただいま会計終了までに一時間半ほどかかっています。混在解消までできればごゆっくりとお買い物ください」との無情のアナウンスが始まりました。
 
 一時間半という言葉を一瞬疑いましたが、まだ続々と客がバスで運ばれてくるのを見ると、よほど遅くまで時間をつぶさないとこの列が短くなることは考えらない。 と予想を立てて覚悟の上で列の最後に付きました。 と言っても、そもそも列の最後を探すのに四苦八苦。 会場アナウンスではそれは二階まで達しているということながら、広くて複雑なレイアウトの中で「最後尾」の看板を持った係員を探すのに一苦労。 さらにそこに至るまでに幾重にも重なるレジ待ち行列を横切って一階から二階に上がるのに二苦労。
 
 そしてそこからの一時間半が始まりました。 でもしばらくすると先ほどのアナウンスが二時間に伸びましたから、とにかく待つか、万引きして捕まるかの二択しかありません。
 幸い、中国人的割り込みや怒号、通路での排便などは見かけなかったものの、とにかく待つ、待つ、待つ、待つ... おかげで久々に腰痛に見舞われました。 ほうほうの体で家に帰り着いた後、二時間ほどぐっすりと寝込んでしまったくらいですから、かなりの疲労感でした。(この狂気の風景を写真に撮っておきたかったのですが、プライバシーや係員の注意が面倒だったので我慢) 

 このセールに来る客はほとんどが常連で、にもかかわらず彼らのほとんどが時間つぶしのネタを持たず、あまりの混雑に驚いていましたから、おそらく今回の会場と日程設定に問題があったことは否めないと思います。 ファーストファッションの台頭で大手老舗アパレルの不振が指摘される中、オンワードもこのセールで現金を稼ぎ出していることは間違いなく、ならばこのような混乱は是非に改善してもらいたいところです。
 次回も同じ設定なら、私は参加見送ると思います。 って金があればの話ですが...

※八ヶ月後の最終日レポートはこちら

|

« ボタンダウンシャツ雑談 | トップページ | 日本でwatchOSをβ版にしてはいけない理由(1) »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボタンダウンシャツ雑談 | トップページ | 日本でwatchOSをβ版にしてはいけない理由(1) »