« 原田知世からスウェーデン経由ゲイにまで至った話 | トップページ | El Capitan (OSX 10.11)の嘆き »

ドコモのスパムメールはマッチポンプ?

 相変わらずインターネットから日に数十通来るドコモのスパムメール。
 ドコモに言っても相手にしてくれないので、フィルターでカットしたりしてたけど、それでも防ぎきれないのが日に十通近く続いていました。
 全ては日本語で、恐らくはlancersなどの求人サイトでライター募集とかで募集し、結果、仕事として1日500通とか送信させている、もはやビジネスとして成り立っている業かと思えます。

 それらはほとんどAppleWatchの通知からその場で消去するのですが、グランスでかいま見える題名とほんの少しの内容ですら不快な気持ちにさせられるものばかり(エロ、融資、脅し)で、さらにWiFiに接続できない場所では契約データ通信容量を無駄に食っているのも腹が立ちます。

 それでも再度パソコンでドコモメールにアクセスしてみると、どうも「迷惑メールおまかせブロック」という有料サービスがあるようです。 試しに契約してみたら、それから一切迷惑メールは来なくなりました。(正確には「迷惑メール」というフォルダーに分類されるが、携帯には来ない。) いや、今生き残っているまともな有償メール提供プロバイダーはこんなことタダでやってくれますけど。
 
 これが月200円。 もう一度言います。 少なくとも私が契約している@niftyではタダです。
 たった200円というなかれ、今年度末には約五千万と予想されているspモードとiモードの契約者全員が仮にこのサービスに入ったとすると、月100億円もの売上げになります。 もちろん凋落著しいドコモメールですから、仮に実利用者が10%としても、10億円。
 なるほど、ドコモの狙いはここにあったか、と疑うことが十分可能な数字となります。

 実際、典型的な保守層である私の姉なんかが、「あのぉ、最近迷惑メールがいっぱいきて困ってるんですけど」とドコモショップに行ったら、おそらくこのサービスを進められるでしょうし、月200円なんてタダに等しい優雅なリタイヤ生活を送る彼女の生活からすると、簡単に契約するでしょう。
 つまり、インターネットからメール契約者に送信されてくるスパムメールはドコモにしてみればむしろ大歓迎なのです。 

 いやいやいや、さらに疑うと「迷惑メールおまかせブロック」を契約していないアドレスを下請け孫請けを通して件のスパムメール業者に流し、粛々と送り続けさせることも可能かぁ、と思ってしまった一連の出来事でした。

 え?それでも迷惑メールが来なくなったから良いだろうって? いや、なんかそれ違うと思うよ。

|

« 原田知世からスウェーデン経由ゲイにまで至った話 | トップページ | El Capitan (OSX 10.11)の嘆き »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原田知世からスウェーデン経由ゲイにまで至った話 | トップページ | El Capitan (OSX 10.11)の嘆き »