« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

SSD時代のディスクトラブルが不思議

 昨日、タコ部屋で仕事をしていて、ふと持参のMacBook Proを見たら、いつも作業を保存するフォルダーの中が妙にすっきりしていました。
 あれ?と思って、さらによく見ると、完全に消えたフォルダーやファイルがあったり、残ったフォルダーも中身が一部消えていたりと、えらいことになっていることに気づきました。 ここしばらく長い時間をかけたiOS & watchOSのデータも半分くらい消えています。 うわわわわ。

 とりあえず、Macユーザーの作法としてディスクユーティリティをかけてみると、途中でなんと非業の赤文字。 さらにこれを修復するには、通常立ち上がっているOSではなく、普段は不可視になっているRecovery OSから立ち上げて、再度ディスクユーティリティを使えとの指示。

 なんかえらいことになっている、とビビりつつもその通りにしてみると、さすがSSD、10分足らずで修復終了。 ところが、どうもこれはあくまでシステム的な矛盾を解決しただけで、消えたデータが戻ってくるわけではないことが判明。
 おいおいおい!! 
 
 でも安心してください。 このMacBook Proは自宅でTimeMachine環境下にあるので、それらが消えてしまった前の状態に戻れました。 う〜む、備えあれば憂いなしってのはこういうことか。 タイムスタンプを見ると、自宅を出るまでは問題はなかったようで、まさしく勃発直後のトラブルだったようです。
 
 なんだか不思議なのがそのデータの消え方で、これまでのHDDだと、そんな部分的に細かいデータ紛失ではなく、大きなディレクトリ一式消滅だとか、ファイルはあるものの実態データが消滅、アイコンはあるがファイル名が無茶苦茶、というように、その時点でマシンそのものが使い物にならないことが多かったのに比して、これがSSD時代のファイルトラブル?と改めて認識を新たにしました。
 そしてS.M.A.R.T.もこのようなケースでは全く役に立っていません。

 ところで、この転ばぬ先のTimeMachine、「保存」という概念がなく、常に更新が保存されてしまうXcodeで大変ありがたく、先日も間違って違うディレクトリ一式を削除して(このような場合、Command+zも無効)ムンクの叫び状態になった時も、難なく救ってくれました。 これは私が今ひとつXcodeの使い方に不慣れで、バージョン管理がきちんとできていないことも悪いんですが。

 ということで、大晦日に涙目で空を見上げるような悲劇は免れることができました、というデジタル歳(末)時記でした。 ポテチン。

| | コメント (0)

突然の助っ人演奏終了

Stagepiano
 先日、友人から電話があり、とある飲み屋の忘年会でバンドをやるから、ピアノを弾け、とのこと。
 え〜っ? いや、そもそも家から鍵盤楽器がなくなって半年以上経つんだけど、と言い訳したら、カシオトーンで良ければ貸す、とのこと。
 さらに訊くとその曲はソロはイントロのみで、それならなんとかなるだろう、ということで承諾。

 とはいえ、ここしばらくの貧乏暇なし生活ゆえになかなか時間が取れない中、自宅でちょこちょこっと集中的に練習、そしてスタジオで三回合わせて昨夜本番を迎えました。
 まぁ、いろいろ小さいミスはあったものの、いつもこの手の演奏で恐れている頭真っ白トラブルや、イントロのタッチミスで一同大滑りもなかったので、良しとしましょう。
 終わったあとの酒の美味いこと美味いこと。
 
Watch
 で、なにより上機嫌だった最大の理由は、このライブのために作ったAppleWatchの自作アプリ。 必要に迫られたとはいえ、思いついてからたったの三日で完成させたのは我ながら快挙かと。
 以前から制作にかかっているアプリに一ヶ月以上かかっているのに比べて驚くべき速度ですが、実はこれも含めたこれまでの試作品のパーツが多数使えたという、真面目なオチがあります。

 とりあえずの間に合わせで、まだまだ煮詰めなくてはなりませんが、昨夜の周りの音楽好きの評判も参考にして、有償(もちろん安く)で販売しようと突如欲を出しています。 よって画面の一部はぼかし修正。
 
 ここしばらく、あまり良い話がなかったので、1日遅れの良いプレゼントを頂いたような気がします。

| | コメント (0)

一日一納豆

Natto

 ここ数ヶ月、毎夜納豆をワンパック、酒のつまみ代わりに頂いております。
 大阪人は納豆を喰わない、なんて時代も確かにありましたが、今では周りの大阪人の中で納豆に極端な拒否反応を起こす人は少なくなり、スーパーでは様々な種類のパックが販売されています。
 というか、かつてほどのエグい納豆は鳴りを潜めたのかもしれません。 事実、栃木に仕事で行くと、高速道路のS.A.では関西ではまずお目にかかれない伝統的な藁に包まれた納豆が販売されていて、それを面白半分で土産代わりに買って家で食べてみると、軟弱な(?)パックものとは違う硬派な味と香りだったのが印象的です。
 (と言うか、あの藁の間から中身の納豆が見える、つまりビニール袋などに包まれずにそのまま包まれているのに衝撃を受けた。 いや、藁の隙間から豆をツンツンできるじゃないですか。)

 私が最初に納豆を食べたのがいつだったか既に記憶にないものの、それほど拒否感を感じなかったことだけは覚えています。 ただし、だからと言って特に毎日納豆を食べるということもなく、本当にたまに買ってくる程度でした。

 ところが最近、納豆は腹持ちがいいので、酒のつまみにするとカロリーを摂りすぎずに済む、というような記事をどこかでみかけ、確かに家呑みで結構あれこれ食ってしまう覚えがあるので、これは、と毎夜ワンパックの納豆を食べるようになった始まりでした。
 とはいえ、歯ごたえがない食べ物は酒には合わないので、これまた最近は市販されている小口ネギを少し多めに混ぜ込むと、いい感じになります。

 なるほど腹持ちがいいのは確かで、酔いに伴ってあれこれ食いだすことは減りました。 あと、乳酸菌のおかげかどうか、毎日のお通じが笑うほどで、テレビやネットで高価な便通サプリメントが宣伝されているのがバカらしく見えるほどです。

 気になってネットで納豆の成分を調べてみると、骨の生成を助けるビタミンKやら、何よりわざわざ水泳前にサプリメントで摂取していたBCAAも含まれているし、事実、水泳前にサプリメントを取らなくても、関節などに違和感が出ることはなくなりました。
 ただし、胸筋は以前に比べると少し薄くなった気もしますので、BCAAの量自体はサプリメントとは比べ物にはならないとは心得ております。

 あと、血液サラサラ成分として有名なナットウキナーゼの効用が、寝る前に食べることで朝の血液循環障害を防ぐとか、少なくとも1日1パック程度であれば体にマイナス要素はなさそうなので、しばらくこのマイブーム(死語か?)は続きそうです。

 何と言っても、3パックワンセットで100円前後だもんなぁ... サプリメントが超高級食材に見えます。

| | コメント (2)

追加したInterface ControllerのBackgroundが変

Watch02 いま制作しているApplewatchアプリはとてもじゃないけど有償配布できるようなものではありません。 Applewatchアプリ自体、iOSアプリとは違って広告(iAd)も組み込めないので、なかなかビジネスとしては成り立ちにくいのではないかと想像しています。 その辺りがApplewatchアプリが意外と増えない理由の一つなのかもしれません。(watch本体も爆発的に売れているというわけでもないし)

 よって、せいぜい別途用意したwebサイトに、例えばwatchアプリ内のキャラクターを使ったLINEなどの有償コンテンツを並べて、そこへ導くくらいしか思いつきません。
 そのために、一連の動作/表示が終わった時に別画面に遷移させる数日前に書いたような仕組みも必要だったわけです。
 
 しかしてその解決後に、また別のトラブル、多分これはXcodeかwatchOSのバグだと思われる変な現象に見舞われました。

 別画面はInterface Controllerを増設し、そこにURLへの誘導を表示させます。
 watch側でurlをクリックさせるわけでもなく、わざわざpushControllerWithNameでcontextにオブジェクトを組むほどでもないので、単に文字列が見えれば良いかと、何気なくXcodeで"Background"から別途用意したPNGを指定しました。
 ところがこれが何をやっても表示させることができません。 土台となるこのページ自体は表示されるのにもかかわらず、画面は真っ黒のまま。
 黒ベースがデフォルトなので、PNG上の文字を白にしたりしても全く変化なし。

 二日ほど海外も含めてネットも探しましたが、結局解決策は見当たりませんでした。 ただし、同様の例が見当たらないということは、このトラブルが私の環境のみに起こっている可能性も否定しきれません。(Yosemite(10.10.5), Xcode 7.2)

 万策尽き、試しに"Label"を使ってみたら、こちらは肩すかしなほどあっさりと表示。 複数行表示も可能なので、少しひっかかりつつも、"Background"が表示されない件はあきらめて、こちらで逃げることにしました。
Watch03_3

| | コメント (0)

冥利に尽きます

 昨日、夏から始まった別の学校での、いわゆる社会人対象の職業訓練コースが終わりました。
 教える内容自体は変わら無いものの、対象が一度は社会人を経験しているので、細かい仕様を変えて対応しました。 それより何より期間が4ヶ月と、単純計算で専門学校の1/6の期間でDTP業界に送り出さなくてはなりません。
 
 とはいえ、習熟度が1/6だったかというと決してそうではなく、これは長年一つの学校で、基本的に新卒ばかりを教え続けえてきた私には大きな驚きでした。
 これをいろいろ分析してみたのですが、大きく分けて二つ、一つは社会人経験者ゆえに、他人の話を聞くことができるということかと推測しました。
 あと一つは、IllustratorやPhotoShopを触る前にしっかりとラフを作る、つまり事前にデザインアイデアを練ることの重要性もはっきりしました。
 特に後者は新卒の方の授業にも役立てることができる大きな収穫でした。
 
 にもかかわらず、そしてたったの四ヶ月だったにもかかわらず、最終日には写真のような寄せ書き、花、そしてクリスマスプレゼントまで頂き、いやいや、二年教えても貰えないようなありがたいものものを頂き、恐悦至極でございます。
 
 まぁ、実は彼らはこれから指定企業にインターンとして出向き、並行して本来の就職活動を行わなくてはならないわけで、そんな言わば大変な時期にここまで気を使っていただき、まさに非常勤とはいえ、教員冥利に尽きます。
 
 ありがとうございます。 皆に「luck」あれ。
Presents

| | コメント (0)

watchOS2にNSTimerの待ち時間を挿入する

Watch01 この週末は、いつもの「積もれば山となる」仕事がなかったので、一週間ほど止まったままだったAppleWatchのバグ潰しにかかっていました。
 
 簡単に説明すると、アニメーションの再生が終了するまで、次のステップに進まないようにプログラム進行に待ち時間を挿入することでした。
 そのアニメーションは、iOS/watchOSでは定番の連番PNGをパラパラアニメ状態で表示するもの。 これ自体は、コツさえ分かれば簡単なんだけど、これをバックグラウンドで再生するために、そして何より再生状態を返すような関数もないために、再生終了後に画面遷移させるつもりで命令を入れると、再生開始後一瞬で画面が切り替わってしまいました。
 
 う〜ん、ここはpauseとかstopとか無いのかね、と調べて、sleepとか見つけたんですが、これらは全体に作用するので、アニメーションも同時に止めてしまい、設定時間が過ぎたら何もなかったかのように画面推移してしまうことがわかりました。
 この時点で、NSTimerというクラスの存在には気づいていて、最後にこれを試すんだけど、NSという名前が予感させる通り、直感的に分かりにくい上に動かない。

 いろいろ検索すると、こういう例が複数上がってきました。(これらの内容を批判する気はありません。私の無知の所以です)

var timer = NSTimer.scheduledTimerWithTimeInterval(5.0, target: self, selector: "meirei", userInfo: nil, repeats: false)
func meirei(){
print("命令を実行")
}

 
 これを編集し、ビルド成功後に実際に走らせると例の「signal SIGABRT」という、低次元だけど、ある意味対策に苦労するメッセージととともに止まってしまいました。
 さらにログをよく読むと、「unrecognized selector sent to instance」という解説が出ています。 つまり、設定したセレクターとインスタンスが繋がっておらず、呼び出された時点でクラッシュするわけです。
 と、書くと簡単ですが、実は単純トラブルだろうと思い込んでいたために、これがわかったのはここの回答文の末尾をやっと探し当てた時。 いや、このそのものズバリの記事がなかなかgoogle検索で出てこなかった苦労...

 加えて、すでに三回くらい読みなおした高橋氏の「絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門」でインスタンスなどを復習。
 対策として、NSTimer.scheduledTimer... 自体、既に Foundationフレームワークでpublic class func として宣言されているので、まず頭の「var timer = 」を削除。
 これでも動かないので、「func meirei(){...}」をもっと上流に書き直し、といっても、iOSアプリで最上流の「class ViewController: UIViewController {」文が無いので、「class InterfaceController: WKInterfaceController {」以下に移動。
 すると見事成功しました。 拍手!
 
 いつもながら、こうして整理後に備忘として載せるときにはあっさりしているものの、実は二日間の貴重な空き時間と睡眠時間をこれで浪費。 これまた、もうこれを越えられないかも。 やっぱこの歳で新しい言語は無理かも、と諦めが頭をかすめつつの中からの脱出でございました。
 しぶとい...

| | コメント (0)

世代交代

Bye2nokia2
 NM705iが日々劣化して行くのを感じつつ、いつかどこかから小型携帯が出た時に、と予備に一枚余分に買っていたステッカー、まさかiPhoneに貼るとは思いませんでした。
 
 なんでキイロイトリかというと、うちのインコの先代が頭が黄色、異例に長寿な現役のが全身黄色なので、その絡み。
 いや、ダイエーに行く時にわざわざ遠回りしてファンシーショップでいつもこいつのクッションを眺めています。

| | コメント (0)

Good bye to Nokia(NM705i)

Bye2nokia_2

 本日、やっと空き時間ができたので、二年前からの懸案だったドコモ回線の2→1本化をしてきました。 二年前にiPhoneを、それまでのドコモ携帯だったノキアNM705iの買い替えではなく、別回線として導入してからの二本持ちを解消したことになります。

 なんでその時に?と思われるでしょうが、このNM705iになる前のSONYのpreminiも含めて、私は携帯の着信を逃したくないために、ジーンズの前ポケットに無理なく入る小型携帯にこだわってきた経緯があります。 お尻や胸ポケットに入れるのは服の形が変わってしまって嫌だし、もちろん常に手で持って歩くなんてのは論外。 だからiPhoneも筆頭(?)携帯にはなれなかったのです。
 
 とはいえ、電池は劣化してゆくし、ボタン類はハゲハゲ、画面部分も細かい埃が侵入して、さすがにいつまでもNM705iに頼るわけにもいかないのはわかっていました。
 しかし、もうこの手の小型携帯電話が出るような気配はなく、今思えば最後の理想ハードは、当時のウィルコムのストラップフォンでしたが、それを知った時にはすでに販売終了という不幸。
 
 日々弱って行くNM705iを前ポケットに突っ込み、ある意味途方に暮れつつあったそんなある日、登場したのがApple watchでした。
 Apple watchに関してはすでにいくつか発言を書いている中、とにかくiPhoneリモコンとしては最高なガジェットであることは間違いなく、おかげで風前の灯だったNM705iと最高の形でお別れすることができました。

 とはいえ、iPhoneの方は二年縛りがあり、watchを手に入れても、すぐに契約上の二本持ちを解消するわけにはいきません。(まぁ、金次第だったんだけど) 
 かかってくる電話は転送サービスで対応。苦労したのが元i-modeメールのアドレスで、NM705iを持ち歩かなくなると、こいつに来たi-modeメールが読めなくなります。 このアドレスは未だにガラケーしか使わない友人や、多くの卒業生が送りつけてくるので、簡単に処分するわけにはいかず、iPhoneに移動させるのに一苦労しました。 その顛末はこちら

 そして待つこと五ヶ月、形式上はiPhoneの契約を解除、NM705iで使っていた番号でiPhoneを再登録という契約に変更し、一本化に落ち着きました。

 いや、なぜ冒頭の写真の背景がジーンズなのかというと、ジーンズの左前ポケットにずっと携帯を入れていると、結構デニム生地に負担がかかり、ほぼ全てのジーンズの同じ位置に大なり小なりダメージを与えていました、という証拠です。
 NM705iとwatchの間の穴がそれで、ポケット縁のダメージはストラップクリップによるもの。 ちなみにこれは7年前に買って、今でもこれを凌ぐ履き心地の新品と出会えずに未だに愛用しているリーバイス505-0037。
 奇しくも今回正式に退任したNM705iも7年前に購入。 思えば2008年は良い物に出会えた年だったのかも知れません。

| | コメント (0)

う〜、乗り切った

 先週中頃に、少しフラッとすることがあり、あ、もしかして風邪貰ったかな、とは感じてはおりました。
 一方で、ここしばらく髪の毛を整える暇がなく、特に後ろ足がモサモサになってしまって、その日しか時間がなかったので木曜日午後にカットに。 なぜかこの数年、左側が特に伸びるのが速いという変な癖が出てきたので、特に後頭部を短めに。
 
 すると皮肉なことに翌日から劇的に気温が下降。 首筋寒い寒い寒い! にもかかわらずマフラーをしなかった私は翌日から完全な風邪症状。 と言っても、今回は熱のみ。
  不幸は続くもので、先週から昨日まで八日間、休みなしに予定が入っていました。 土日も検定試験の監督官。
 
 風邪ってのは薬がなくて、あったとするとそれは症状緩和であって、風邪自体の治りはむしろ遅くなるものばかり、頼りになるのは本人の治癒力のみ、って説を信じているので、とりあえず自分の炊事当番の日はニンニクだとかキムチ鍋だとか、薬膳的献立を作り、夜は早寝してウンウン熱出して、朝下着を替えて仕事に。
 午後あたりからさすがにふらつきながらも、たいしたもんですね、授業となると緊張というか、頭が回りだしてそれなりに保ちます。 そして家に帰るとまたばったりウンウン。

 で、やっと無休の八日間を終えた今朝、どうやら健康体に戻ったようです。 今回は咳が少なかったので、余計な体力消耗がなかったのが幸いでした。
 これも水泳やら食べ物で普段から身体をキープしていたお陰でしょうね。 でもさすがに微熱抱えて泳ぐわけにもいかないので、ここ一週間以上プールに行ってません。
 油断大敵、また次に備えねば。

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »