« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

障害児の堕胎は悪なのか?

 先日の公認キャラクター排斥の貧しい例に続き、またまた「べき論告げ口ネット社会」への疑問です。
 妊娠初期段階で胎児の障害がわかれば堕胎すべき、という要旨の発言に批判が集まり、当の教育委員は発言を撤回した上に、委員も辞職することになったようです。
  
 やれやれ...

 他の関連発言も参照すると、障害者支援が公的負担の増大を招いていることへの批判、と捉えられているようですが、親の負担にも触れているし、今回の発言は真っ当なものだと思うんですけど、またもや「アイドルはウンコをしない」的な気持ちの悪い理想論が爆発しているようです。

 私が住んでいる市は共産党が議会第一党であるせいか、障害者福祉が他市に比較して充実しているようです。 そのせいか、施設や共同作業所を求めて他市からわざわざ転入してくる家庭も少なくないと聞いています。 これは裏を返すと、どこの市町村でも障害者支援が高いレベルで施行されているとはいえないということで、つまり障害者支援はイコール財政問題でもあることは明らかです。
 
 で、そんな我が市で気になるのは、知的障害者を持つ親の高齢化。
 よく見かける例を挙げると、以前は母親の買い物に障害者の息子が荷物持ちでついてきていたのが、いつのまにか老婆となった母親が息子の腕にすがって歩くようになっています。 ところがこの息子、母親の足腰が弱っているのに気が回らず、相変わらずのマイペースで買い物袋を携えてズンズン歩きます。 母親はそれについて行くのに必死という図。

 まぁ、それでもうちの市は、そういうのを最後まで面倒見るのかな、と考えていたら、先日、同じ問題を抱える親の団体が街角で、「私たちが死んだ後、子供たちはどうなるのでしょうか」と切実な訴えをしているのを見かけました。
 そうです。 親が死ぬ、あるいは痴呆化したとき、すでに中年 or 老年の域に入っている知的障害者の面倒は誰が見るのか。 どうやら高福祉を誇る我が市でも明確な制度は確立されていないようです。

 裕福であれば、プライベート基金のようなものを組み上げ、両親がいなくなっても死ぬまで有償施設に入れるようにしている層もいるとは聞いています。
 でも、そんな恵まれた環境はごく稀なわけで、それを思うと、日進月歩の医学がある今、妊娠初期の検査を拠り所とした積極的な中絶を視野に入れることは、公的費用の節約以前に、なにより親の負担面で非常に重要なことです。 そういう点では今回の委員の発言は明らかな意味のある発言であったと私は評価しています。
 「小中高の間は預けられるけれど、その後は親、きょうだいが見ることになる」「教職員もすごい数が従事していて、大変な予算だろう」「生まれてきてからでは本当に大変」というのは冷酷な真実なのです。
 
 それに異を唱える「告げ口ネットツグミ」たち、死ぬまで知的障害者の親である自分を想像したことがあるんでしょうか?

| | コメント (0)

Applewatchのデジタルクラウンを入力に使う(2)

 Applewatchスタンドアロンのブロック崩し、調べれば調べるほど、難しいことがわかってきました。 曰く、SpriteKitが使えない、それを回避するためのUIKitも使えない。
 となると、衝突判定がとても'80年代BASICのようになってしまうわけで、諦めはしないものの、他にできることを優先することにしました。
 
 それはともかく、とりあえず題名のデジタルクラウンを入力に使う、というお話のうち、スライダーの値をコントロールする、というところだけ気になっていたのでレポートしておきます。
 
 もともとはブロック崩しのパドルをコントロールするために、まずこのスライダーを経由させて実験していたものを、成功と同時にスライダーを外してしまったわけです。
 
 ということで、全体は先の発言を参考にしていただくとして、当然ながら、スライダーをプロパティとして接続します。

    @IBOutlet var picker: WKInterfacePicker!
@IBOutlet var slider: WKInterfaceSlider!

 そしてデジタルクラウンの回転とともにピッカーの値が変化しますので、それをスライダーで受け取るようにします。

    @IBAction func pickerChanged(value: Int) {

slider.setValue(Float(value + 1))

 +1の理由は、もともとのピッカーで生成されるvar iが0から始まっているための単純な補正です。
 スライダーの詳細はXcodeで設定しますが、こちらはピッカーと違ってHiddenにしても機能するようです。
 
Block_watch3 これでスライダー経由で、音量だとかなんだとか、いろいろなコントロールにデジタルクラウンが使えると思います。

| | コメント (3)

すぐそばにあったプチ廃墟

 廃墟ブームが話題になって久しく、わたしも嫌いではありません。
 でもまぁ、大概はそれは時間をかけて遠くまで出かけなくてはならなかったりするのですが、なんと、実は日常の身の回りすぐそばに軽い廃墟があることを知りました。
 
 それはこの公園。
 戦線縮小後に引き揚げたタコ部屋が組み込まれたマンションビルの一角に備え付けられたこの公園。 一応清掃は行われているものの、雑草の生え方、動物オブジェの痛み方がハンパありません。 白濁化したパンダの目が怖い。(基礎から外れてしまったボールを持つアシカに至っては時々場所を変えている)  水飲み場には忍び寄る蔦の魔手。
Park1
Park2
 
Park3 かつてこのビルが完成したのが1979年ですから、36年前。 それを考えると、周辺の施設と共に比較的きれいに維持されています。 そしてこの公園もマンション内に設置された、(マンション入り口にセキュリティゲートがある以上)住民専用公園な訳で、贅沢な設備だなぁ、とその頃に一度見に来たことがあります。
 その時は、子供と、それを見守る子供が複数いて、写真にはありませんが「階下に落ちると危険ですのでボール遊び禁止」という看板が必要なほどの盛り上がりでした。
 
 それが今はこの夢の跡。 子供はもちろん、老人さえ時間を過ごしているのを見たことがありません。
 いえ、決してこのマンション自体が衰退しているわけではありません。 駅前の好立地の割には築後年数により値頃感のある価格が幸いしてか、空き部屋はそう長く続かないほどの契約率と聞いています。
 
 でも、なぜか落ち着く、この手の廃墟。

| | コメント (0)

焼きカレーを横着して作る

 一週間ほど前にテレビで、門司では焼きカレーというのが非常に人気があるというのを知りました。 ほんと、この年まで生きてるのに、知らないことだらけ。

 本来はカレーの日の翌日の献立なんだそうですが、いったんカレーを作るというのも面倒、というか、二日続けてカレーってもの、とか考えて、ふと思いついたのがレトルトカレー。
 耐熱皿にご飯を入れたら、真ん中をくぼませ、そこに生玉子。 玉子を覆うようにレトルトカレーをかけたら、上にピザ用チーズを載せ、予熱したオーブンレンジで五分ほど焼くだけ。 うん、確かにうまい。 しかもお手軽。

 反省点としては、玉子とチーズが甘みとなるので、レトルトカレーは辛口が良いかと。(私が買ってきたのは中辛)

Bakedcurry

| | コメント (0)

碧志摩メグ公認撤回の気持ち悪さ

 三重県志摩市の公認萌えキャラクターである碧志摩メグが騒がれた結果、公認撤回となりました。 「キャラクターの作者から申し出を受け承認した」という公式コメントが添えられていますが、多分嘘でしょ。 役所が議論と時間、各部への説明を省略して逃げるための。
 なんか気持ち悪いんですよね、この手の告げ口&即時撤退風潮が。

 告発の中心と思われるサイトには「セクハラ、痴漢、児童ポルノ、JKビジネスなどの社会問題が背景にある中で、行政がこうした性差別的な社会構造を支持することは問題です。」とありますが、このキャラでそこまで主張するなら、秋葉原やコミケは即廃止ですよね。
 「公」とはいうけれど、一方で日本は国として「マンガ」「アニメ」「カワイイ」を国策として伸ばそうとしています。 その中にも今回の海女の表現に近いものは多数あり、今度はそれを国策から外していかなくなりますよね。
 
 報道によると、現場へのアンケートで30%の海女さんが不快感を感じた、ということですが、は? 残りの70%は、この萌えキャラで観光客が増えて地域が潤うかも、と考えているかも知れないですよね? 問題を指摘する方はこの差を内部でちゃんとつきあわせたのでしょうか。 とにかく撤回だけを目標に動いたともとれます。
 もちろん、そういう風に不快感や問題を感じたという声を封じるつもりもありません。 それと指摘された側がちゃんと面と向かったのか、という疑問もさらなる気持ち悪さを積み増しします。

 この問題に限らず、広告や番組への表現に対するクレームに、まずは意見交換から始めるべきなのに、「不快な印象を持たれた方がいた」とのコメントとともに即撤収、即廃止という動きがとても危険だと私は感じています。
 そこに至るまでに多くの人間が立場ごとに多くの手間をかけてきた訳で、表現の変更や、最終的に撤回するにしても、それと反対意見と摺り合わせてみることをなぜ省略するのでしょうか。

 造り手は、もしかすると直接会って説明したい気持ちは持っているのかもしれませんが、いかんせん、今回のように市や、ほかの例では企業がクライアントとして存在し、それが余計な軋轢を避けるための事なかれ主義で「はい、この話はこれで終わり!」ってところでしょうね。

 これ、世界に出たら負けるよ。

 文科省は小学生から、いやもっと小さいときから英語教育を、とか惚けたことを相変わらず言い続けていますが、日本語でのディベート、プレゼンテーション、ブレインストーミングなど経て、しっかりと他人に意見を伝える、しっかりと他人の意見を聞く、という教育の方が重要じゃないですか?
 欧米人が国際交渉に強いのは、英語がしゃべれるからではなく、こういう訓練を子供の頃からやってることを勘違いしてるんじゃないでしょうか。

 あ、話が逸れた。
 少なくとも、この碧志摩メグの作者、正当な対価だけは得たであろうことを願うのみです。 画像検索すると海女姿だけではなく、忍者、サンタ、年賀状と複数のバージョンを書かされていたようで、これらがただ働きになりませんように...

| | コメント (0)

ヤニ臭が伝わってくるアニメ

 今期(2015年秋)のアニメはなかなか豊作で、時間の都合でチェックリストから外す作業が苦痛なほどです。 が、その中でもとても特異な理由で見るのをやめてしまったのが「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」(公式サイトのオープニングはなかなか凄いです)。
 
 理由は、喫煙シーンのあまりの多さ。
 主役級の准教授が、一応灰皿のあるところでだけれど、のべつ幕無しに喫煙。 ハイテクの粋を集めた研究施設の敷地内がなぜか喫煙可能になっていて、いや、そんなはずないだろう、というシチュエーションでチェーンスモーク。
 この准教授、設定では若い上に、かなりの高知能者で、今時のブレイン・エリートがこんなに吸うかね、と疑問に感じていました。 彼らにとって脳の血行は財産だというのに。

 決定的だったのが、掃除の行き届いていない灰皿の詳細な描画。
 30年間タバコを吸い続けた身として、それを見た瞬間、その灰皿が発する強烈な酸化臭、そして主人公が醸し出すヤニの臭みがリアルに蘇り、もう見るに耐えられなくなりました。

 もちろん、だからと言って、こんな喫煙を推奨するようなアニメを流すな、なんて狭角な主張をするつもりは毛頭ありません。 気に入らないのなら見なければ良いだけ。
 動きと構図が乏しいのが気になりながらも、ストーリーはさぁこれから、というところに差し掛かった時だけに残念でしたけどね。

 ヘビースモーカーがどれだけ臭いのか、タバコをやめないとわからないという皮肉。

| | コメント (0)

W202のタイロッドを交換

 一ヶ月ほど前、W202(C200)のブレーキを踏んだら、前の方から「ゴクッ」という音あり。
 それからハンドルの遊びが大きくなって、操舵系がおかしくなったと気付きました。
 左右どちらかに一定の当て舵を当てているときはともかく、舗装の荒れでそれが逆方向に振られたときは、少しどきっとするくらい取られるようになってしまいました。

 イメージ的にはステアリングラックの取り付けが緩んだ感じと似ていますが、W202はR&B、リサーキュレーティングボールですから、それはあり得ません。
 ということで、このクルマの延命の要となっている例のショップへ入庫。
 
 するとステアリングギアボックスとタイロッドを結ぶジョイントにガタが出ていることが判明。 ジョイントだけの部品は出ておらず、左右のタイロッドエンドまでの一本がアッセンブリーででているそうで、純正だと5万円オーバー。 よってサードパーティー製を頼むことに(それでも多分4万円代(未確認))。
 
 ただ、取り付けは大変だったようです。
 正確には取り付けではなく、調整。 タイロッドまるごと交換ですから、サイドスリップ調整はもちろんとして、それとステアリングの直進位置調整が加わります。
 さらに、私のクルマの場合、なぜか元々のタイロッドの取り付けがオフセットしていて、それをほぼ左右対称に調整し直すのにまた余計な手間がかかったとか。 誠に恐れ入ります。
 
 ともあれ、作業が終了したW202はまるで欧州車のような(?)シュアなステアリングに。
 ボールジョイントの磨耗は徐々に進みますから、冒頭の異音はある程度それが進んだ結果の一種の警告のようなものだったのかもしれません。 一気に遊びが減って、とても気持ちが良いです。

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »